韓国現代車が社運を賭けた電気自動車が爆発炎上!世界中で大規模リコール…韓国国民も「当たりまえだ」と見放した【世界情勢】

韓国の現代自動車が社運を賭けた電気自動車「KONA EV」が爆発炎上!海外でも7.7万台の大規模リコール…韓国国民も「当たりまえだ」と見放した【世界情勢】
文政権の労組支持に続いて、感染症ショックと満身創痍の韓国自動車産業ですが、 そういった無理のせいか、様々な不備が見つかりリコールの嵐です… そん中、またまた新たな問題が再起をかけた現代自動車の電気自動車「KONA EV」で発覚し、 韓国に続き海外でも7.7万台の大規模リコールです。 チャンネル登録 ⇒ http:...

『現代の電気自動車が爆発炎上!世界中で大規模リコール…』

文政権の労組支持に続いて、感染症ショックと満身創痍の韓国自動車産業ですが、そういった無理のせいか、様々な不備が見つかりリコールの嵐です…そん中、またまた新たな問題が再起をかけた電気自動車で発覚し、大規模リコールです。

現代自「KONA EV」、韓国に続き海外でも7.7万台リコール


現代自動車が国内に続き海外でも「コナ·エレクトリック」(KONA EV)を対象に大規模リコールを実施する。
リコール対象は計7万7,000台で、これはこれまでグローバル市場で販売された全体の約70%水準だ。
国内では8日、バッテリーの品質不良と推定された火災事故を巡る議論の「コナEV」(2万5,564台)のリコールが決定された。
9日、現代車によると、現代車北米法人(HMA)は、米高速道路交通安全局(NHTSA)に、コナEV火災の危険性に関する自主的リコール計画を提出した。
リコール対象は北米地域で販売されたコナEV(1万8609台)の約60%水準である約1万1000台。
コナEVの自発的リコールは欧州でも行われる。
この他にも中国やインドなどその他の地域でも3000台のリコールが始まる予定だ。
これを受け、コナEVのグローバルリコール規模は計7万7000台に達する見通しだ。
業界では、電気自動車1台当たりのバッテリー交換費用を約2,000万ウォンと推算する場合、リコール費用は最大数百億ウォンに達すると予想されている。

【これに対する私の見解】

レッサーパンダ
ポッチ―


以前お伝えした米国での炎上・バッテリー不備による爆発など、これらの要因で世界各国でリコールが実施されますが、今の現代自動車車にこのリコールの負担はどのレベルの負担になるのでしょうか?記事ではそこまでではないと強がっていますが、どう考えても大きな負担になるでしょう。
しかし、ここはこの不備を放置する方が致命傷だと捉えたのでしょうね、リコール嫌いの現代車にしては早すぎる決断と言われている事からもそれは分ります。


しかし、低迷を続ける現代の再起をかけたこの電気自動車の不備ですが、意外と国民から焦りの声が見られ無くて驚いていましたが、内容を見て納得しました。
「何故敢えて現代自動車を買うのですか?」というように、国民も期待していないのです。
「品質低下に労組も一役買った様だ」など、文政権の経済政策によって、韓国の自動車産業は既に国民からも見放されていたようですね。


また、現代自動車は安かろう悪かろうの薄利多売で商売してきたとはいえ、海外市場においては積極的にクレーム対応に応じることで、欠陥をカバーしてきました。
ですので「韓国国内でリコールしていないうちは大丈夫」という事らしいですが、そうなる前に何とかしようという考えはないのでしょうかね?

ポッチ―
ポッチ―

何処を見ても問題ばかり、そう考えるとしぶといですね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

#世界経済#韓国経済【教えて経済HP】ニュース
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました