加速する韓国の監視制度!マスク未着用で罰金が、韓国人の間で物議「独裁の始まりだ」「罰金は必要だ」と、世論は真っ二つ【世界情勢】

加速する韓国の監視制度!マスク未着用で罰金が、韓国人の間で物議「独裁の始まりだ」「罰金は必要だ」と、世論は真っ二つ【世界情勢】
K-防疫はどこへいったのか、冬を迎えるにあたり、韓国では感染拡大が止まりません。 今度はマスクの着用をしなければ罰金がとるという法案が施行され、 いよいよ規制で国民を雁字搦め(がんじがらめ)にすることをいとわなくなってきたようです。 ■チャプター 00:00 オープニング 00:52 JTBCより マスク着用義務...

『韓国でマスク未着用で罰金開始「独裁だ・罰金必要」世論真っ二つ』

K-防疫はどこへいったのか、冬を迎えるにあたり、韓国では感染拡大が止まりません。
今度はマスクの着用をしなければ罰金をとるという法案が施行され、いよいよ規制で国民を雁字搦めにすることをいとわなくなってきたようです。

マスク着用義務化、本格施行へ明日から過怠金賦課


「マスク着用」義務化が正式に実施…明日から、罰金国内新型感染症新規確定患者が5日間100人台です。
海外流入を除いても128人もいて、飲食店やカフェ、地下鉄の駅でも日常感染症による伝播が増えていて心配です。
そして、明日(13日)からマスク義務化措置が本格的に施行されます。
マスクを正しく着用しなければ過料10万ウォンが賦課されます。
新型感染症関連の速報をコ·ソクスン班長がまとめてみました。
国内新型感染症の現況から見ていきましょう。
今日0時基準で新規確定143人です。
5日目100人台で、なかなか減らないのですが。
海外流入事例を除いて128人にもなります。
地域別に見ると、ソウル52名、京畿(キョンギ)34名そして仁川(インチョン)2名など首都圏だけ88名です。
その他にも忠清南道(チュンチョンナム)9人、そして全羅南道(チョルラナムド)からも8人が出ました。
問題は日常感染と見られており、飲食店やカフェ、そして学校や地下鉄駅など、私たちの生活と密接な関係にある場所で感染が広がっているということです。
クォン·ジュヌク中央防疫対策本部副本部長「地域社会で小規模な流行を中心に発生が続いています。
特に年代別に見ると、全体確定診断者のうち20~30代の構成比が、9月には22%水準でしたが、11月現在暫定分析の結果、31.4%と次第に増加していることが確認されました」

このような時であればあるほど、基本的な防疫守則。
マスクの着用と社会的距離を置くことを必ず守らなければなりませんが。
ちょうど明日からマスク着用の義務化措置が本格施行されます。
明日0時から何がどう変わるのか 整理を少ししてみましょう。
いったんマスクを着用しなければならない所でマスクを正しく着用しない場合、明日からは過怠料10万ウォンが賦課されます。
そして、マスクを付けていない当事者だけでなく、マスクをしていない人が利用した該当施設の運営者または管理者にも過料が科されます。
最初の摘発時は、最大150万ウォンで、そして2回以上摘発された場合は最大300万ウォンが課されます。
そしてこれも重要で、いわゆる『顎マスク』本当に理解できないのですが、鼻を覆うものでもマスクをしていないものと差がないので、取り締まりの対象です。
チョン·ウンギョン疾病管理庁長「息苦しくて鼻を露出して顎にかけてばかりいる、または、常にマスクをしていると苦しいですから、マスクの表面をしきりに触ってしまいます。
汚染物質ウイルスは目·鼻·口から入ることがあるため、マスクの着用だけでは不十分であり、手洗いを一緒にして、しっかりと正確に、口鼻を塞いでください。」

【これに対する私の見解】

レッサーパンダ
ポッチ―


それでは 記事を読んだ僕の感想ですがといったように、韓国国内ではマスクをしなければ罰金が課せられるという法律が施行されました。
これまでも韓国のパンデミック対策は、感染者の足首に発信機をつけたり、ネット上に行動履歴を公開したりと、人権を無視した、とても民主主義とは思えないまるで罪人であるかのような扱いをすることに、世界からも批判の声があがっていましたが、マスクの着用においても厳しい規制が敷かれるようになったようです。
保守系団体が政権を批判する集会でクラスターが発生した際には、文大統領の側近が公の場で、集会の主催者を「殺人者」とまで罵るなど、感染症を口実に、政権に異議を唱える人々を「悪」と決めつけるかのような動きも見られます。


感染症防止を大義名分に保守系団体のデモを防ぐため、保守系団体が集会を行う場所の付近に、検疫ゲートと壁を設置したりしていますが、一転して反日市民団体は、高齢者など抵抗力の弱そうな人がいるのにも関わらず、日本大使館の前で集会を開くことが出来ているなど、その対応はあまりに恣意的です。
もはや韓国国内に言論の自由はないようにすら見えますね。
14日にもソウルや釜山などで文政権の岩盤支持層である労働組合系の市民団体が大規模な集会を計画してますが、チョン・セギュン首相は「感染症の大規模な拡散の導火線になる可能性は十分ある」として、自粛を求めているとはいえ、あくまで口頭の注意のみです。
保守系団体のデモの時のように、警察やバリケードの用意はしないようです。
今回の件も、マスクをしない国民から罰金を取ることが決まっているとはいえ、誰がどのように取り締まるのか?どれほど厳しい取り締まりになるのか?現行犯でなくても処罰されるのか?など不透明な点も多く、国民は困惑しています。
特に、より高い金額が科せられる、施設や店舗の管理側からは不安の声が上がっています。
客がしていないだけで罰金を科されるにしても、大型店舗などではすべての客に「マスクをしてください」と言って回るのは非現実的だという声が相次いでいるのです。


この法案の施行により、報復的な密告や国民の相互監視がますます盛んになり、国民の分断が進むのではないかとも懸念されています。
国民を縛り付けるばかりで、肝心の政府の感染症対策は他国に遅れをとっている感が否めません。
予防効果が90%を超えるといわれたワクチンの開発が現実味を帯びてきた中、各国がワクチン確保に奔走していますが、未だ具体的な購入契約の締結には至っておらず文政権の孤立外交がここでもアダとなってしまいました。
政府主導のインフルエンザ対策でもインフルエンザワクチンの不適切な管理を巡って大騒動を起こした韓国政府、「K-防疫」「防疫先進国」の姿は影も形もなくただただ国民の自由を奪うことでしか、感染症を抑えることはできないようです。

■この記事に対する反響

ポッチ―
ポッチ―

それでは、この記事に対する反響なのですが…「政権の終末が近づくと、国民に「猿ぐつわ」を付けるのか」「密告でもアウトなのか?」「自分たちは成果を出せないくせに、政府は国民に我慢しか押し付けない」このように、韓国国内では文政権が感染症を口実に国民の自由を奪っているが、ワクチン確保など、具体的な対策が遅れている事に、不安や批判の声があがっています。
一方では「これは仕方のないことだ、罰金でも取らないと気が緩んでしまう」など、ハロウィンで若者がマスクなしで遊びまわる姿が話題になったり、感染症に対する気の緩みを心配する声も非情に多く見られ、これをきっかけに意識改革が進むことを望んでいる国民も多くみられます。
先日も韓国では装着感はいいが、感染症対策としては効果が薄いといわれるメッシュマスクを巡り、与党議員と野党議員の間で、メッシュマスクをつけた議員をバッシングし合うという、噴飯ものの騒動がありました。
今回の規制に関しても、お粗末な対立と分断は避けられない流れとなりそうです。
ますます生きづらさを増し行く韓国ですが、「脱韓国」も叶わない国民はただただ我慢するしかなさそうです。

ポッチ―
ポッチ―

日本でも「自粛警察」「マスク警察」など、行き過ぎた自警団が話題になりましたが、韓国は比じゃないくらい窮屈になるでしょうね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

#世界経済#韓国経済【教えて経済HP】ニュース
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました