韓国企業の恐れていたことが現実に!?中国アプリの新規ダウンロード禁止で中国人が激怒!iPhone販売に大打撃【世界情勢】

韓国企業の恐れていたことが現実に!?中国アプリの新規ダウンロード禁止で中国人が激怒!iPhone販売に大打撃【世界情勢】
中国で11億人が使う「スーパーアプリ」として有名なWeChatと世界で流行していたTikTok、 この二つのアプリが、20日から米国内でダウンロードが禁止になります。 先日、この事に伴う中国でのiPhone不信を懸念していた韓国企業ですが、最悪の方向に向かっています。 チャンネル登録 ⇒

『韓国企業の恐れていたことが現実に!?中国アプリ禁止でiPhoneに大打撃』

中国で11億人が使う「スーパーアプリ」として有名なWeChatと世界で流行していたTikTok、この二つのアプリが、20日から米国内でダウンロードが禁止になります。
先日、この事に伴う中国でのiPhone不信を懸念していた韓国企業ですが、最悪の方向に向かっています。

米、中国アプリの新規ダウンロード禁止 20日から TikTokは11月全面停止


トランプ米政権は18日、中国発の動画投稿アプリ「TikTok」と対話アプリ「ウィーチャット」の米国内での新規ダウンロードを20日から禁止すると発表した。
11月12日にはティックトックの全面禁止に踏み切るとしており、米国と中国が綱引きを演じる、中国アプリの米国事業をめぐる提携交渉で、米国側が優位な条件で妥結するよう圧力をかけている。
今回発表された禁止措置はトランプ米大統領が8月6日に署名した大統領令を根拠にした。
米アップルやグーグルなどがスマートフォンなどの端末向けに展開するアプリ店舗で、2つの中国アプリのダウンロードができなくなる。
ウィーチャットについては、今月20日から送金サービスなどの一部機能を停止する。
ロス米商務長官は18日、「大統領令に基づき、米国民のデータを収集する有害な中国の行動に断固とした対応をする」との声明を出した。
一方、米商務省高官は、ティックトックの米国事業に関する提携交渉の進展をみてトランプ氏が同意すれば、20日や11月12日に発動する禁止措置を撤回する可能性があると述べた。

【これに対する私の見解】

レッサーパンダ
ポッチ―


米中対立の影響で、韓国企業が懸念していた流れが現実となりそうな気配を見せています。
その懸念と言うのは、先日もお伝えしましたが「WeChatショック」というもので、WeChatとは、中国でほぼ全ての人が使用しているという万能スーパーアプリです。
これがiPhoneでダウンロード禁止となれば、中国市場を失う事になり、その余波で、材料をAppleに提供している韓国企業も大打撃を受けるという事です。


20日からの規制は米国内だけでダウンロードが禁止という事なのですが、この規制の施行を受けて中国人からは怒りの声が噴出しており、「中国人は誰もiPhoneを使わなくなる」「Appleは国家安全保障上の脅威だ」「明日からすぐにiPhoneやWindowsOSなどの購入を禁止しよう」など、中国アプリ規制に対して、iPhoneの不買を訴える声が溢れています。


韓国企業としては、この状況に顔が真っ青になっていると思います。
先日はあくまでも「中国でもダウンロード禁止」になった場合の話だったのですが、現時点ですでにApple製品へのヘイトは中国内で増大しています。
今後、購入しないという流れになるのは間違いないでしょう。
そうなった場合、材料供給をしている韓国企業の中で、需要の取り合いになりそうですね。

ポッチ―
ポッチ―

対中国でのリスク分散の遅れが、この状況を生み出したのでしょうね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

#世界経済#韓国経済【教えて経済HP】ニュース
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました