米国人事に韓国が焦り?文政権批判した北朝鮮専門家の米国務副次官補就任で、米韓関係に暗雲が…【世界情勢】

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

『米国人事に韓国が焦り?文政権批判した副次官補就任』

バイデン大統領が米国務 副次官補を任命した事で、強烈なメッセージが伝わってきました。
俯瞰的な視野で冷静に対韓国情勢を分析している韓国系米国人のジョン・パク氏が内定しました。
お花畑思考の文大統領が得意とする2枚舌外交への牽制でしょうか。

文政権批判した韓国系北朝鮮専門家のジョン・パク氏、米国務副次官補に任命


韓国系米国人のジョン・パク(韓国名:パク・ジョンヒョン)元ブルッキングス研究所韓国フェローが米国務副次官補(東アジア・太平洋担当)に任命された。
パク副次官補は26日に個人のツイッターを通じ、「東アジア太平洋担当副次官補として国務省に合流したことを発表することになりうれしい。
新しい席で米国人のために再び奉仕し、国務省東アジア太平洋局というドリームチームとともに仕事ができることになり光栄」と明らかにした。
このツイートは同日就任したブリンケン国務長官が上げたツイートに言及し、「ブリンケン長官おめでとうございます」とあいさつする形式で作成された。
ブリンケン長官はこの日の上院本会議で78対22で承認された後、就任第一声としてツイッターに「米国外交を活性化し世界でわれわれの利益と価値を過去のままではない、いまあるままの状態で発展させるだろう」と書き込んだ。
パク副次官補は韓国・北朝鮮と東アジアの政治・安全保障問題を扱ってきた情報専門家だ。
オバマ政権で中央情報局(CIA)と国家情報局(DNI)で韓半島(朝鮮半島)情報分析官で働いた。
DNI東アジア担当国家情報副分析官、CIA東アジア太平洋ミッションセンター局長などを歴任した。
オバマ大統領に伝えられる毎日の情報ブリーフィング数百件を作成し、国家安全保障会議(NSC)を支援したりもした。
トランプ政権が発足するとすぐに辞任し、2017年からワシントンの代表的シンクタンクのブルッキングス研究所選任研究員に席を移した後、東アジア政策研究センターの韓国フェローとなった。
昨年初めには北朝鮮の金正恩国務委員長を分析した著書『Becoming Kim Jong Un』を出した。

バイデン氏の大統領当選後には政権移行チームが設けた機関検討チームの情報文化引き継ぎ委員の名簿に名前を上げた。
このためバイデン政権で出身のDNIやCIAへの復帰や、国務省やホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)高官として合流する可能性が議論されてきた。
パク副次官補は北朝鮮の金委員長の非核化の意思に懐疑的な見方を持っている。
シンガポールでの米朝首脳会談をはじめ、トランプ大統領と文在寅大統領が推進した北朝鮮の核交渉と対北朝鮮政策に対しても批判的な立場を見せてきた。
22日にはブルッキングス研究所研究員として書いた寄稿文で「文在寅政権が北朝鮮との実現できない約束のため国内の民主主義を傷つけている」と強く批判したりもした。
パク副次官補は「韓国の民主主義に垂れ込める北朝鮮の長い影」という題名のこの寄稿で、韓国の対北朝鮮ビラ禁止法に言及し、文大統領が「南北和解といういまだ果たせていない片思いのような約束」のために北朝鮮との和解を最優先課題として国民の自由を選択的に抑圧していると指摘した。
また、文政権の外交政策を「下向式、個人に依存した外交政策」と指摘し、高高度防衛ミサイル(THAAD)再検討や韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)離脱の威嚇などは韓国の政策の信頼性に疑問を持たせかねないと主張した。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

パク副次官補は、母国である米国の為に仕事をすることに誇りを持ち、さらに自分自身のルーツと深く関わりのある韓国を担当する「東アジア太平洋局」で仕事が出来ることを光栄と深く感謝しているようです。
通常であれば韓国としても、韓国系米国籍の副次官補が任命されれば、喜ばしいことでしょうが、今回は少し事情が違うようです。
ニューヨーク育ちのパク副次官補は、韓国お得意の反日教育を受けていないのです。
自由の国である米国で正しい歴史認識を育み、コロンビア大学卒業後に韓国の延世(ヨンセ)大学で2年間研修を受けています。
正しい歴史認識を持って訪韓しての韓国研修で感じた事は、韓国・北朝鮮と東アジアの政治・安全保障問題を扱う情報専門家としての礎を築く事が出来たのでしょう。
オバマ政権時代には、CIAなどの要職に従事していたこともあり、米国切っての韓国通であることは間違いないでしょう。
北に対しても俯瞰的且つ深い見聞を持っているようです。
北の指導者が非核化の意思が無いことを理解しているのはもちろん、トランプ前大統領の対北政策についても批判的な立場でしたので、文大統領の北への土下座外交の成れの果てを心配しているようでもあります。
北を題材にした寄稿から読み取ると、文大統領の対北政策がいかに韓国の国営を損ね、国民に不利益を与えているかを鋭く客観的に捉えています。
日韓合意に深く携わったバイデン大統領のブレーンに、ここまで朝鮮半島に精通した副次官補が加われば、対韓国外交政策には、正しい判断ができると期待出来ます。
更にパク副次官補は、高高度防衛ミサイル(THAAD)再検討やGSOMIA離脱の威嚇などの、韓国の政策にも言及しています。
米韓同盟があることを忘れ、中国へ迎合している文大統領の思いつきで、THAAD再検討などと無謀な政治判断を勝手にしてしまうのです。
外交政策は、関係国すべての状況を俯瞰的に勘案し、難しい判断を求められます。
文大統領には、米国の対中政策まで俯瞰的に見ることが無理だったのでしょう。
パク副次官補の寄稿では、この思いつき政策についても、しっかりと正しい認識をされていることが伺える内容で、文大統領からすれば戦々恐々としているでしょう。
そして、強固な日米同盟について忘れてしまっている事についても正しく認識されています。
GSOMIA離脱は間接的に米国軍に対しての威嚇にもなっていることに気づくのは、文大統領には無理だったのでしょう。
この4年間で積もり積もった、2枚舌外交のツケを払わなければならない文大統領には、韓国国民からだけではなく、米国からも厳しい追求が待っているのでしょう。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

文政権を何とかして!米国に頼る国民

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…「米国は好きだが中国は嫌だ、我々の主敵は中国と北朝鮮だ!忘れないでおこう」「正しい事を言う人だね、批判は民主主義が発展するきっかけを作ります」というように、韓国国内では、パク副次官補の就任内定を歓迎している声が目立ちます。
この様なコメントの背景には、「やっと大韓民国の現実が世界に知られるようになった」「韓国は独裁政治で、今が”共産主義式独裁国家”になる中間過程だ」「この文に大韓民国が共産主義に進んでいるという情報が欠けていますね」などと、文大統領が共産主義国家へ迎合していることに、不安を感じている人たちが沢山居るようです。
ルーツが同胞である、韓国系米国籍のパク副次官補の俯瞰的知見には、どうしようもない自国の政府に影響を与えると期待しているようですね。

報道 探
報道 探

義務教育で正しい歴史認識を育くめば、正しい判断が出来ることを証明しています。
韓国の反日原理主義の崩壊が見えてきそうです。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました