韓国から理解不能のツッコミ!韓国メディア「日本は勘違いしてる、文大統領は親北左派ではない」…韓国人も驚き唖然【世界情勢】

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

『韓国から理解不能のツッコミ「文大統領は親北左派ではない」』

日本では文政権が北寄りで左に傾倒した考え方をしていると「勘違い」している、このような報道が韓国で報じられており、ちょっと理解が追い付きませんでした。
韓国国民からも北に傾倒した左派政権と見られているはずですが、どういう事なのでしょうか?

「日本で見る文大統領のイメージ」


今春、日本の次期首相候補1位に選ばれた石破自民党幹事長にインタビューした時のことだ。
「文在寅大統領の対北朝鮮政策をどう考えているか」と尋ねた。
「 “親北左派政権” という見方も多いが、実際にそうなのかどうかについては、会って話し合いをしなければまともな評価を下すことはできない」 現在は派閥政治に阻まれ、政治的命運が不透明になったが、当時の各種世論調査で、日本の次期首相として不動の1位だった日本の有力政治家の口から出た言葉だ。
「私はまだ会っていないのでよく分からないが、世間の認識では親北左派だ」というものだ。
「親北左派」は韓国社会ではあまり使わない単語だ。
韓国でよく使われる「進歩陣営」という言葉をもしかして日本では「左派」と呼ぶのか、少なからず悩んだが、結論は「親北左派」という単語を彼が必ず使ったということだ。
反安倍の先鋒として歴史問題に省察的な態度を持っていると評価される彼でさえ、韓国の現政権をそれほど好意的には見ていなかったようだ。
日本の報道関係者だからといって、特段違いはない。
「本当に親北政権でも作ろうとしているのか」などと、開いた口が塞がらない質問をたびたび受ける。
ここには「韓国はなぜ日本・米国から遠ざかり、北朝鮮・中国に近づくのか」という不満、名残惜しさ、疑問などが複合的に込められているとみられる。

先月、ある日本の友達に会った。
日本の名門大学を出て、 40代半ばの家長として日本のメガバンクに通う。
大学時代は誰よりも韓国に情熱的だった。
彼が主軸になって作った韓日大学生交流プログラムは10年近く維持され、両国の多くの若者をつなぐ通路になっていた。
彼は慎重に切り出し「文大統領はひたすら北朝鮮だけを重視し、本当に日本を嫌う “反日” なのか?また、自分と立場が異なる反対派を排斥するのか」日本で文大統領のイメージが深刻だと思った瞬間だった。
特に「反日」という発言の中には寂しさが溶け込んでいた。
まだ清算出来なかった日帝侵略の歴史、安倍元首相の居直り輸出規制、克日、韓国保守に向けた親日フレームなど、こちらで説明しなければならない事柄が多すぎた。
韓国での安倍晋三元首相のように、日本での文大統領のイメージは良くないようだ。
大統領が他国の国民にまで人気がある必要はない。
問題は「金大中・小渕宣言」以降、20余年間続いてきた交流ボランティアらが、葛藤フレームの中に溶けているということだ。
歴史問題をめぐる葛藤、対北朝鮮路線をめぐる見解の相違、メディアを通じた葛藤の拡大再生産などが複合的に作用し、反韓と反日が一層堅固になるのだ。
外交当局間の徴用賠償解決策の模索とは別に、明らかに異なる種類の「対話の時間」が必要だと思う。
公共外交や交流活動の支援は、関係が良好な時よりも悪い時に集中しなければならない。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

というわけで、記事では「日本の次期首相候補1位」である石破元幹事長の発言を引用して、日本が文大統領を「親北左派」だと「誤解」していると報じています。
また、日本が韓国に対して北や中国に近づく事に対して、どういうわけか「名残惜しさ」を感じていると考えているようです。
ツッコミどころが多すぎるのですが、そもそも石破元幹事長はいつから「日本の次期首相候補1位」になったのでしょうか?そもそも石破氏は、自民党内の反主流派の中で比較的知名度が高い人、というだけの人物でしかなく、自民党総裁選の結果が全てとは言いませんが、少なくとも今現在の彼を「日本の次期首相候補1位」として紹介するのは、記事を都合の良い方向に誘導しようという恣意的な物を感じてしまいます。
文大統領が「親北左派」なのは「誤解」だとする記事の主張にも違和感しか感じられません。
自国の民間人が北によって攻撃されているのに、非核化も進展しないまま終戦宣言をしてみたり、人権派弁護士を気取りながら、北の深刻な人権侵害には全く見向きもしなかったり、彼を親北とみなすのに十分な事実はいくらでも挙げられますが、彼が親北では無いと考えうる事実は何一つ見つからないのです。
文大統領が自慢するK防疫では監視カメラやカードの利用履歴を使って国民を監視し、独裁国家の様な手段を批判されましたが、これが「進歩陣営」なのでしょうか?もちろん私は、文大統領に会った訳ではありませんが、少なくとも彼の行動は「親北左派」とみなされておかしくないものばかりです。
記事の中にある、「名残惜しさ」や「寂しさ」という表現にも強い違和感を感じます。
応募工判決から始まり、日本製品不買運動、レーダー照射問題、戦犯旗問題等々、執拗に繰り返される韓国の言動に、もはや日本人の感情は「名残惜しさ」や「寂しさ」等と言うレベルを超えてしまっているように思えます。
少なくとも、記事で紹介されている、記者の一友人の個人的な「寂しい」という感想を、まるで日本人全体の意見であるかのように紹介されるのは、甚だ心外です。
記事では「日本は誤解しているだけで、本当は韓国と仲直りしたいんですよ」と、対話する事で関係が改善できるかの様にまとめています。
しかし「勘違いした可哀想な日本人を許してあげよう」という上から目線では、日韓問題が改善される事は無いでしょう。
話し合いを否定するつもりはありませんが、それは最低限の約束が守られる前提でなければ意味はありません。
そして現状、韓国はその最低限の前提すら守っていないのです。
そもそも、この記事で輸出規制や安倍前首相の居直りなどと言っている時点で、この記事が反日精神のみで書かれた都合のよい扇動記事なのは明らかです。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

流石に無理がありすぎる、文大統領は親北左派だ

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…「親北というのは正しいです」「文災害が左派でないのなら左派とは何なのか?」「北朝鮮がミスを犯しても寛大で、むしろこちらが悪いと卑屈になっているレベル」といったように、さすがに今回の記事は強引すぎて、マスコミや政府の希望通りに誘導されなかったようです。
特に民間人が北の犠牲になった事件は、今でも韓国内で記憶が根強く残っていますし、文大統領が親北では無いという主張は全く通用していません。
そもそもこれまでの「反日」は、政府とマスコミが主体として扇動してきたものですから、今さら意見を翻しても、韓国国民の納得を得る事は難しいのではないでしょうか?ここ最近、急に手の平返しをして日本に擦り寄ってきている文政権ですが、韓国国内ではそうした政府の対応に批判が強まっています。
こうした声をかわす為展開したトンデモ理論は、結局国民を騙せずに、むしろ非難は増してしまっているようです。

報道 探
報道 探

ツッコミどころ満載の記事では国民を都合よく誘導できなかったようですが、この内容では当たり前ですね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました