韓国が幻想に包まれる?日本企業の韓国進出に「輸出規制ブーメランと脱日本で悲鳴を上げている」と韓国人が勝利宣言【世界情勢】

韓国が幻想に包まれる?日本企業の韓国進出に「輸出規制ブーメランと脱日本で悲鳴を上げている」と韓国人が勝利宣言【世界情勢】
<プレミア公開参加者のチャンネル紹介> ・おーちゃんの政経チャンネル ⇒ ・江戸川 media lab HUB ⇒ 日本のADEKAが開発機能の一部を...

『日本企業の韓国進出「脱日本の成果」と勝利宣言』

日本のADEKAが開発機能の一部を韓国に移し、試作品も生産する事になりました。
この事は韓国でも大きく取り上げられ、注目を集めており、記事では脱日本などでシェアを失う事を恐れ、慌てて韓国に進出したように報じています。

日本のアデカ、半導体材料開発の機能を韓国に移転


世界最大の化学素材メーカーである日本のADEKAが、市場シェアが高い半導体用先端材料の開発機能の一部を韓国に移管する。
日本の日本経済新聞によると、ADEKAは「固有電材料」と呼ばれる化学品開発機能の一部を韓国に移し、試作品も生産することにした。
投資額は数億円規模である。
ADEKAは、データの一時保存に使用する半導体メモリーの容量を増やしたり機器を小型化するのに用いられる固有電材料のシェアが50%で、業界トップである。
韓国では、サムスン電子が主な取引先として、世界13カ国に拠点を置いている。
ADEKAは、水原(スウォン)市にある研究開発センターの面積を以前より2倍に広げ、クリーンルーム(半導体製造工場で高度の防塵設備を備えた部屋)や機器を設置し、次世代材料の試作品の生産を可能にするという方針だ。

ADEKAは、次世代通信規格5Gなど先端材料の場合、技術の流出を防ぐために、日本で試作品を作って輸出してきた。
しかし、5G専用の需要で、顧客との提携により高機能製品を開発しなければならないという要求が高まり、現地で共同開発ができる体制を整えるようにしたのだ。
昨年、韓日の葛藤が本格化して以降、日本政府は、韓国最高裁の強制徴用被害者の賠償判決に対する報復として、半導体製造に使われるフォトレジストなどの3つの材料の韓国への輸出規制を強化した。
これにより韓国では、化学素材企業が半導体材料の国産化のための研究・開発にスピードを出している。
ADEKAの材料は、輸出規制の対象に含まれていないが、韓国に開発機能の一部を移し、顧客との関係を強化してシェアを守る目的もあると日経は伝えた。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

記事ではADEKAが韓国に開発機能の一部を移したことが取り上げられていますが、これは別に日本企業が慌てて、急に始めた動きではありません。
日韓関係の悪化が深刻化した昨年下半期以降、こうした動きは顕著になっていて、ADEKA以外にも、半導体製造の前工程で使われる素材を取り扱う企業が動いています。
有名な所では、サムスンの工場近くに「平沢(ピョンテク)テクニカルセンター」を新設した東京エレクトロン等、多くの日本企業が現地生産に切り替えています。
これは事業継続計画という、緊急事態が発生した際に企業が損害を最小限に抑え、事業を継続する為のマネジメントです。
現在の日韓関係を考えると感情的には少しモヤモヤしてしまいますが、企業としてはある意味当然の動きと言えるでしょう。
こうした日本側の動きは韓国企業も歓迎していて、半導体業界の関係者からは「高品質が保証された日本製を使い続けたいというのが本音」という声も上がっています。
実際のところ、文政権が音頭を取って「脱日本」を掲げてはいましたが、そのご自慢の韓国産フッ化水素を使って製造した有機ELパネルは、大量の不良品が発生して、数十万枚が廃棄されることがありました。
この際使用された韓国産フッ化水素は純度が低く、半導体製造に求められる高純度には届いていなかったのです。
これではいくら国産化に成功したと言っても製品に使うことが出来ません。
韓国半導体産業協会常務が「目指しているのは『脱日本』ではない」と述べている様に、そもそも韓国企業の本音は「脱日本」を望んでいないのです。
しかし、こうした事実が明らかになるのは、韓国にとってあまり好ましい事ではありません。
なにしろ文大統領は半導体の核心素材を国産化したとして、脱日本に成功したと声高に宣言しているからです。
しかし、結局日本の技術が無ければ何も作れないという事は絶対に国民に知られる訳にはいきません。
その為、記事のまとめでは「国産化のための研究・開発にスピードを出している」と国産化が上手くいっている様に見せかけていますし、「顧客との関係を強化してシェアを守る目的」と、ADEKAがシェアが奪われる事を恐れ、慌てて韓国に擦り寄っている様に印象操作をしています。
しかし実際は、韓国の国産化は全く進んでいませんし、ADEKAの韓国進出も事業継続計画に基づく昨年からの流れの一環に過ぎないのです。
こうした取り繕う事ばかりを考えているようでは、いつまで経っても脱日本は達成できないで弱っていく事になるでしょう。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

国産化成功を本気で信じてる?

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…「日本の小細工に警戒すべきだ」「日本の技術は要らない」「韓国の半導体材料の国産化があまりにもうまく行ってるから、ADEKAが不安なんだろ?」日本の素材・技術は要らないというコメントがとても多いようですね。
見解で述べた通り国産化に成功したと自称する、韓国産フッ化水素は、韓国企業が本当に求める品質にはほど遠いですし、規制が強化された残りの2品目も昨年と比べて、むしろ日本からの輸入量は増えています。
しかしそうした事実を知らない人はとても多いようです。
韓国マスコミの偏向報道が功を奏している事の現れでしょう。
「国産化にもっと投資するべきだ!日本から輸入している費用をすべて回せ」など、国産化に向けての投資額が少ないと追及する人も非常に多いです。
しかし、これは研究開発センターへの設備投資で、製品を大量に作るための工場ではありません。
あるいは沢山お金を投入すれば、その分開発のスピードが上がると思っているのでしょうか?今までも韓国は予算を多く投入してすぐに成果を求め、その結果血税を多く失ってきましたが、そうした過去から何一つ学んでいないようです。
今回の記事で韓国国民は日本に勝ったと留飲を下げているようですが、この様子では永遠に、勝ったと言う幻想を抱き続けたままで終わるのではないでしょうか。

報道 探
報道 探

結局、脱日本は全く進んでいないのですが、国民もここまで目を背けるのは、知らないのではなく、知りたくないからではないでしょうか?

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました