「北より酷い」文政権が進める独裁化!海外記者が伝える韓国の真実に韓国国民も「自由民主主義国家の姿だなんて信じられない」と警鐘を鳴らす【世界情勢】

「北より酷い」文政権が進める独裁化!海外記者が伝える韓国の真実に韓国国民も「自由民主主義国家の姿だなんて信じられない」と警鐘を鳴らす【世界情勢】
ある外国人記者が記事にした韓国の真実が国内外に波紋を呼んでいます。 以前から、K-防疫が人権侵害だという指摘は、以前から様々な国から出ていましたが、 それどころか、文政権が言論統制に感染症を利用しているという疑惑が強まってるようです。 ■チャプター 00:00 オープニング 00:54 朝鮮日報より 外信記者「こ...

『文政権が進める独裁化!海外記者が伝える韓国の真実』

ある外国人記者が記事にした韓国の真実が国内外に波紋を呼んでいます。
以前から、K-防疫が人権侵害だという指摘は、以前から様々な国から出ていましたが、それどころか、文政権が言論統制に感染症を利用しているという疑惑が強まってるようです。

外信記者「こんなのは平壌でも見なかった場面…。 文字通り狂っている


「ハングルの日」の9日午前10時50分ごろ、ソウル光化門周辺にある地下鉄の出口近くで激しく言い争う声が聞こえてきた。
地下鉄5号線の光化門駅7番出口だった。
30代の女性1人を7人の警察官が取り囲み、口論になっていた。
警察官がこの女性に「都心で勤務していることを証明せよ」「社員証などの身分証を示せ」と要求したところ、この女性が「持ってこなかった」と答えたため口論になったのだ。
女性は「ここから200メートルほど離れた弁護士会館の裏に会社がある。
集会ではなく会社に向かっている」と説明したが、警察は「統制中なので通ることはできない」と制止した。
さらに「機動隊バスを通り過ぎて大きく回れ」と指示し1キロほどの迂回路を案内した。
女性は「会社がすぐ目の前にあるのに、なぜそんなに遠回りしないといけないのか」と抗議した。
3分ほどの口論の末に、ある女性警察官が「私が会社まで案内する」と言って女性を連れ出した。
女性は警察官について行きながらも、怒りが収まらない様子で「出勤はしないといけないでしょう」と叫んだ。

この日、ソウル光化門の世宗路周辺はいわゆる「在寅山城(ジェインサンソン)」で取り囲まれた。
警察は広場周辺の道路に沿って機動隊バス500台以上をギッシリと並べて壁を作り、歩道には鉄製のフェンス1万個以上を設置し最初から通れないようにするか、曲がりくねった迷路のような通行路を設置した。
それでもここを通り過ぎる市民の前には例外なく警察官が立ちふさがり、「何の要件か」と質問しては身分証の提示を要求した。
軍事政権時代の1980年代、多くの大学で行われた不審者に対する検問がまさにそのまま再現されたのだ。
しかし当時も歩道を鉄製のフェンスで通れないようにするとか、迷路が設置されるようなことはなかった。
「ハングルの日」のこの日、光化門周辺が封鎖される様子を目の当たりにした外信記者は「平壌の軍事パレードも2回取材したが、こんな光景ははじめて見た」と述べた。
北朝鮮専門メディア「NKニュース」を運営するコリア・リスク・グループのチャッド・オ・キャロル代表はこの日、SNS(会員制交流サイト)に「昼食を取るためパン屋に行こうとしたら、警察の検問を4回受けた」「今のソウルは本当にこっけいだ」と伝えた。
「狂っている」とも指摘した。

この日、警察官に通行を制止された市民は「広場を封鎖し、通行を遮断したのは本当に防疫が理由だったのか」と疑問を呈した。
実際にこの日午後3時ごろ、地下鉄光化門駅から100メートルほど離れたSタワーの駐車場では、出演者やスタッフなど50人以上がドラマ「スタートアップ」の撮影を行っていた。
その中でマスクを着用していたのはわずか10人だった。
警察の関係者は「われわれは集会を遮断している」とした上で「ドラマの撮影に問題があると判断すれば、ソウル市から規制や防疫の指導が入るだろう」と述べた。
光化門封鎖の目的が防疫というよりも、ただ集会そのものの遮断にあることを示す光景だった。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

といったように、以前から人権侵害が指摘されてきたK-防疫ですが、それを建前にして恣意的に異常なまでの警戒態勢を国民に強いていることがわかり、国内外でこういった文政権の動きに波紋が広がっています。
特に野党関連の保守系団体のデモや抗議運動を、感染拡大のスケープゴートにすることでその抗議活動や言論を封じ込めようという動きはますます顕著になっているようです。
韓国の習慣として、伝統的な記念日は保守系のデモが多く開催されています。
今年は特に、北による数多くの暴力的な行いが発生しており、その火消しに文政権が協力しているかのような対応を見せたことに、国民の不満が爆発していますから、この抗議運動は非常に大規模になることが予想されていました。
しかし、当日を迎えると、警察がソウル光化門広場周辺を取り囲み集会を完全封鎖したのです。
左派系団体の集会は平然と行われているのにも関わらず、保守系団体や政権への抗議運動は、防疫を理由に厳しく取り締まられている、という指摘に対し文政権側は「防疫のための最低限の枠組み」と反論しています。
今回、保守系団体の政権批判のデモを防ぐために300台余りの警察バスで壁やフェンスを作り、通行を妨げました。
デモ参加が疑われる車両を点検するため、検問所まで設置されたのです。
デモを防止するための壁の設置は2011年憲法裁判所で違憲決定を受けたこともありますから、タブーを犯してまで感染症対策を徹底したいという事なのでしょうか?その割には左派系団体の集会だけでなく、ソウル元市長の大規模な葬儀や、中国との人的交流を驚きの速さで再開したりと、まるで一貫性がないのです。
これは完全に政府に刃向かう勢力を押さえつけているようにしか見えません。
この対応には、記事で違和感を指摘した外国人記者だけでなく、その圧迫を受けている韓国人の間でも違和感が広がっているようです。
また、メディアを扇動して感染者の「属性」を公開しバッシングさせるという文政権の手法により、保守系団体の支持者だけでなくLGBTの人々も標的となるなど、差別の扇動と国民の分断は深刻化しています。
果たしてこのような政権を「リベラル」と呼んでいいのでしょうか?パンデミックを利用し、人権を侵害し、言論の自由を奪い、差別を助長しているのであれば、韓国の民主主義は形だけのものとなってしまったという事です。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

韓国政府の方針は
北と同じの独裁政権

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…「これが自由民主主義国家の姿だなんて信じられない」「北より酷いクレイジー政権」「外国記者ですら一度も経験したことがない真に奇妙な国、まるで独裁政権だ」このように、韓国国内では文政権以降、言論の自由が妨げられていると感じている国民も多いようで、この記事に理解を示す声が殺到しています。
また「中国人の自由が許されているのに、なぜ国民の自由は保障されない?」など、自国民よりも、中国人の権利が優先されているという事態に、多くの国民が違和感を感じています。
パンデミック対策という大義名分を与えてしまったために、国民の監視、弾圧がやりたい放題になっている現在の韓国。
この状況に異議を唱えようにも、デモや集会は禁じられているため、まともな意見を発するためには、ネット上で批判するしかありません。
韓国政府がネットを監視し、中国のサイバー工作員も多くいる中、どこまで国を動かすことができるのか、韓国国民が試される時が来ているのかもしれません。

報道 探
報道 探

経済面から見ても、韓国が共産化するのも時間の問題かもしれませんね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました