トランプ大統領の感染症陽性が韓国に与える影響は?人気が低い韓国国民の反応は…【世界情勢】

トランプ大統領の感染症陽性が韓国に与える影響は?人気が低い韓国国民の反応は…【世界情勢】
トランプ大統領が新型感染症で陽性だったことがわかり、世界中に衝撃が広がっています。 感染症対策に対して消極的な態度を見せ、「強い米国」の象徴でもあったトランプ大統領の急病、 徹底自粛を強いられていた韓国国民の目にはどう映っているのでしょうか? ■チャプター 00:00 オープニング 00:58 朝鮮日報より トラ...

『トランプ大統領の感染症陽性韓国に与える影響と国民の反応』

トランプ大統領が新型感染症で陽性だったことがわかり、世界中に衝撃が広がっています。
感染症対策に対して消極的な態度を見せ、「強い米国」の象徴でもあったトランプ大統領の急病、徹底自粛を強いられていた韓国国民の目にはどう映っているのでしょうか?

トランプ夫妻は感染症確定, バイデン夫妻はかからない


ドナルド・トランプ米国大統領が2日、感染症陽性判定を受けたと述べた。
メラニア女史も感染症陽性判定を受けた。
米CNBCは「先月29日、トランプ大統領とテレビで大統領候補討論をしていたジョー・バイデン民主党大統領候補は、感染症検査の結果、陰性判定を受けた」と報道した。
トランプ大統領はこの日、自身のツイッターで「感染症検査結果で陽性判定を受けた」とし「すぐ隔離に入って治す。
私たちは一緒にこれを克服するだろう」と述べた。
メラニア女史も自身のTwitterで文を書き、「今年、多くのアメリカ人がそうだったように、トランプ大統領と私は感染症陽性判定を受けて自己分離をしている」とし「健康状態は良いが、以降のスケジュールをすべて延期した」と述べた。
トランプ大統領夫妻は前日トランプ大統領の最側近であるホープヒックスホワイトハウス顧問(31)が感染症の陽性判定を受けたため、検査を受けたところ、この日、陽性判定の結果が出た。

ヒックス顧問は、これまで感染症陽性判定を受けた側近の中で最もトランプ大統領と近い側近だ。
ブルームバーグ通信など外信によると、ヒックス顧問は先月29日、オハイオ州で開かれた大統領候補TV討論会に出席した。
続いて30日、ミネソタ州での選挙遊説に参加するためにトランプ大統領と一緒にエアフォースワン(米大統領専用機)に乗って移動した。
高齢であるトランプ大統領の健康状態への懸念も出ている。
CNNは「現在、74歳のトランプ大統領は感染症に起因する重篤な合併症が起こり得る最も高危険群に属している」と伝えた。
しかし、トランプ大統領の主治医であるショーンコンリー氏は同日発表した声明文で、「トランプ大統領夫妻の健康状態は、現在すべて良好である」とし「彼らは隔離期間中にホワイトハウスに滞在する予定だ」と伝えた。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

といったように、トランプ大統領の新型感染症の陽性反応には注目が集まっています。
これまでもノーマスクで登場したり、大人数での集会を強行、経済活動優先の指示を続けるなど、感染症対策においては消極的な姿勢を見せていたトランプ大統領の感染は、病状の経過や関係者の感染状況次第では、大統領選挙の行く末にも大きな影響を与えそうです。
トランプ大統領の築き上げて来た「強い米国」のイメージに、この感染症罹患騒動がどのような変化をもたらすのか、対抗馬のバイデン候補は自身の選挙戦略にどう利用していくのか韓国国内でも話題になっているようです。
特に韓国が着目しているのは、米朝関係に与える影響です。
現在、北とトランプ大統領の関係はおおむね良好な関係を築いている状況です。
一時期は互いを罵倒しあった時期もありましたが、2018年にはトランプ大統領はシンガポールで、現職米大統領としては初めて米朝首脳会談を実現、首脳会談はその後も2回行われ、親書を交わすなど、交流は続いていますが、北の非人道行為や核開発の改善と、北の望む経済制裁解除など、本質的な問題は進展を見せてはいません。
ですが、今回のトランプ大統領の急病に際しても、金正恩委員長は慰問電文を送るなど関係を維持する努力を見せています。
一方、バイデン候補は、北に対しては厳しい態度をとることが予想されています。
バイデン候補は米ニューヨーク・タイムズ紙に対し、金正恩氏と個人的な親交を続けるつもりはないと表明しています。
朝鮮半島の非核化の進展につながる、実際的な戦略が伴う場合だけ、会談は行われるべきだと語るなど、頑なな姿勢を見せています。
トランプ大統領は在韓米軍を縮小、もしくは撤退させ、中国と距離の近くなっている韓国は含めずに、日米でのアジア圏の安定強化の方向性できていますが、バイデン候補は在韓米軍や、日米韓の軍事同盟の再確認など、伝統的な関係性に基づいて北への圧力をかけていく方向性です。
このことは、北にとっても韓国という「金ヅル」を失いかねない事態ですし、文政権にとっても、今月のポンペオ米国務長官の訪韓を米朝首脳会談に繋げれば南北融和政策の進展を再び国民にアピールできる絶好の機会だったために、トランプ氏の急病により、これらの予定が白紙になったり、バイデン候補が大きく勢いをつける結果になれば、朝鮮半島の両国に深刻な事態をもたらす可能性は否定できない状況です。
バイデン候補の思い描く、伝統的な軍事同盟の強化は、中国の顔色を伺う文大統領にとっても喜ばしいことではありません。
トランプ大統領とはウマの合わない文大統領ですが、別の見方をすれば米国との関係性が希薄になったことにより、左傾化に突き進むことができたのです。
トランプ大統領も高齢ですし、一時期は急激に体調が悪化したとも言われ、まだまだこの先も不透明な状況は続くと言われています。
ホワイトハウスでのクラスター発生のニュースなども入ってきており、この感染症が米国と朝鮮半島に与える影響は思ったより大きなものになりそうです。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

トランプ大統領陽性の影響、そこまで重視していない

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…
「感染症をなめていたし自業自得である」
「あれだけK防疫を馬鹿にして情けない」
「このまま信用を失って大統領選挙に落選もあるだろね」
このように、韓国国内では多くの国民が厳しい自粛を強いられて来たため、トランプ政権の防疫軽視の行動は白い目で見られていたようです。
韓国では、トランプ大統領を信頼すると答えた人はわずか17%という結果を示すなど、在韓米軍問題のしこりなどもあり、人気のある人物とはいえません。
2018年44%、2019年は46%と高い数値を見せていましたが、米国のパンデミックの状況の悲惨さを見て信用を失った一面もあるようで、今回の一件も大きな影響を与えそうです。
このトランプ大統領の急病は、これまでの防疫軽視のトランプ政権の姿勢を変えるのか、自身が当事者となったことで、中国に対する嫌悪感をより強く発信していくようになるのかなど、トランプ大統領自身に与える変化も注目が集まっていますが、韓国国民の多くは、まだまだこの一件に伴う混乱が韓国に与える影響には実感がないようで、破天荒なトランプ大統領のゴシップ程度の認識にとどまっているようです。

報道 探
報道 探

文政権も中国政府関係者と積極的に会談などを行なっていますし、明日は我が身かもしれませんね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】世界情勢国内情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました