文大統領を止めろ!米中朝を完全無視した暴走「非核化より先に終戦宣言」に唖然…【世界情勢】

文大統領を止めろ!米中朝を完全無視した暴走「非核化より先に終戦宣言」に唖然…【世界情勢】
国連で文大統領は「非核化より先に終戦宣言しよう!」と宣言し国内外で大きな波紋を呼んでいます。 そもそも、朝鮮戦争の休戦協定に、韓国は署名者の中に入っていないはずなのにこの発言。 何を考えてこの唐突な演説を文大統領は行なったのか?その背景と狙いを探ります。 ■チャプター 00:00 オープニング 01:02 東亜日...

『文大統領の大暴走に世界が唖然…「非核化より先に終戦宣言」』

国連で文大統領は「非核化より先に終戦宣言しよう!」と宣言し国内外で大きな波紋を呼んでいます。
そもそも、朝鮮戦争の休戦協定に、韓国は署名者の中に入っていないはずなのにこの発言。
何を考えてこの唐突な演説を文大統領は行なったのか?その背景と狙いを探ります。

米朝、ぬるいのに… 文大統領「非核化なくても終戦宣言」ラブコール


文在寅大統領が22日、国連の基調演説で終戦宣言に対する協力を要請したのは、11月の米大統領選挙後の南北対話および米朝対話再開のモメンタムを築くためのカードと解釈される。
しかし、非核化がまだ一歩も進んでいない状況で先に終戦宣言を提案したことを巡り、北朝鮮の非核化措置を終戦宣言の条件にしていたこれまでの原則を変えたのではないかという指摘が出ている。
米国が依然として「南北協力は非核化と歩調を合わせなければならない」という立場を固守しているだけに、「非核化のない終戦宣言」は現実性が落ちるという懸念も出ている。
文大統領はこの日、「終戦宣言こそ韓半島における非核化とともに恒久的平和体制への道を開くドアになる」と明らかにした。
また「韓半島の平和は北東アジアの平和を保障し、世界秩序の変化に肯定的に作用するだろう」とし「その始まりは、平和へのお互いの意志を確認できる韓半島終戦宣言」と述べた。
「平和の始まり」「平和体制のドア」という表現を通じて事実上、終戦宣言を通じて非核化を牽引するという構想をほのめかしたのだ。
文大統領は2018年9月に国連総会で終戦宣言を提案している。
しかし当時、文大統領は「今後、非核化に向けた果敢な措置が関係国間で実行され、終戦宣言に繋がることを期待する」とし、北朝鮮の非核化措置を終戦宣言の条件として提示していた。

特に文大統領はこの日「防疫と保健協力は、韓半島平和を実現する過程でも対話と協力の端緒になる」とし「北朝鮮を含めて中国、日本、モンゴル、韓国がともに参加する『北東アジア防疫・保健協力体』を提案する」と述べた。
昨年の国連総会で提示した米国などが参加した北東アジア鉄道共同体は、南北鉄道連結のための対北朝鮮制裁緩和が阻止されて遅々として進まない中、今回は米国が抜けた多国間防疫協力体構想を提示したのだ。
北朝鮮に防疫物資を渡す過程で、対北朝鮮制裁の緩和まで念頭に置いた布石という見方が出ている。
文大統領は「多くの国が共に生命を守り安全を保障する協力体は、北朝鮮が国際社会と多者的協力で安保を保障される土台になる」と強調し、多者間防疫協力体は北朝鮮が要求している体制安全保障とも繋がっているという考えをほのめかした。
チャ・ドゥヒョン峨山政策研究院首席研究委員は「ワクチン開発のための情報交流は皆が関心を持てる問題」とし「中国と日本が積極的に乗り出せば北朝鮮もついてくる可能性もある」と述べた。
しかし、文大統領が非核化を前提としない終戦宣言を提示したことを巡り、安保の現実とかけ離れているという批判が出ている。
米国の非核化対話提案を拒否した北朝鮮は、来月10日の労働党創建75周年を控え、大陸間弾道ミサイル(ICBM)などの新しい戦略兵器を公開するという見通しが出ているためだ。

これにドナルド・トランプ米国大統領が21日、国際原子力機関(IAEA)総会で「我々は北朝鮮の『最終的かつ完全に検証された非核化(FFVD)』のため、引き続き努力していかなければならない」と明らかにするなど、米国は確固たる非核化の立場を明らかにしている。
大統領府は、11月の米大統領選挙から来年1月の金総書記の新年のあいさつまでの約2ヵ月間が、非核化対話再開の事実上の最後のモメンタムになると期待している。
文大統領は「今も韓半島平和は未完成の状態で、希望に満ちた変化も中断されている。
しかし韓国は対話を続けていく」とし「皆に必要なことは更に一歩前進すること」と述べた。
しかし、米朝対話再開の可能性も不透明というのが、外交関係者の大方の評価だ。
米朝間の常時コミュニケーションルートである「ニューヨークチャンネル」も事実上閉鎖されている状態だ。
ある外交消息筋は「米国が北朝鮮にメッセージを送っても、北朝鮮がきちんと答えないという構図が続いてからかなり経ったと聞いている」と述べた。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

22日の国連基調演説で唐突に文大統領は「非核化より先に終戦宣言しよう」と呼びかけました。
今回の文大統領の発言が如何に唐突で現実離れした発言であるのか判断するために、以下のファクトを確認していきます。
まず、朝鮮戦争の休戦協定は1953年に板門店で朝鮮・米国・中国の3ヶ国によって調印されました。
少し複雑ですが、韓国は国連軍の中に組み込まれていたので、署名者の中には入っていません。
また、当時の李承晩元大統領は、北朝鮮を打ち破って朝鮮半島を統一する事に固執し、休戦協定への調印を拒否していました。
その後、1954年に完全な和平に向けてジュネーヴ会議が行われましたが、北が外国軍の撤退を、韓国が戦後処理での国連の関与を求めたため決裂し今日に至っています。
今回の文大統領の発言は1953年の休戦協定を、休戦から完全な終戦まで持って行こうと言うもので、そのためには北朝鮮・米国・中国の同意が不可欠です。
ところが、今回の発言は「非核化より先に終戦宣言しよう」と言う発言ですから、まず、米国のトランプ大統領が同意する筈はありません。
トランプ大統領は北の非核化の実現が全てに優先しなければならないと度々、述べているからです。
昨年の米朝首脳によるハノイ会談決裂の理由は、焦点の北朝鮮の非核化に向けた措置を巡り、トランプ大統領と金正恩委員長が合意に至らなかったことです。
北はともかくとして外交交渉の積み重ねを重視する米国がハノイ会談決裂をスキップし、非核化もスキップして一気に終戦宣言するなど、夢のまた夢・高校生レベルの夢物語です。
既に、文大統領の今回の発言に対し米国の朝鮮半島専門家は以下の様に述べています。
「真の平和とは単に緊張がないだけではなく、そこに正義が存在することである」ということで、核・人権・サイバー問題などで不正義を続ける北の犯罪を止めさせることが先決と述べています。
また、ここ3ヶ月ほどパンデミックの影響なのか北に動きはありませんが、6月28日付け「敬愛する最高領導者金正恩同志の6月22日批准方針」によりますと、各界各層からの文大統領を品なくこき下ろす言葉が並びます。
例えば、「脱北者人間のクズと文在寅のアホを遅きに失したと後悔させる必要がある」や、「北南共同連絡事務所を丸ごと爆破したように狂ったクソを食らう犬どもを、無慈悲に見る影もなく叩き、最も壮絶な死を与えなければならない」などです。
今や文大統領の有言不実行ぶりは世界が知るところですが、仮にも文大統領は南の最高指導者で金正恩委員長と三度の首脳会談を行った対話のパートナーです。
その南北対話のパートナーに浴びせた北の発言は常軌を逸していますが、この発言の後に「非核化より先に終戦宣言しよう」と呼びかける文大統領の神経も理解不能です。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

文大統領は北のスパイ

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…今回の文大統領の「非核化より先に終戦宣言しよう」という発言に対して、「私は北の手下です、この国を金正恩に捧げます、という宣伝じゃないか?」や、「核廃棄なしに言葉だけで終戦宣言すれば戦争が終わるの?」との意見が寄せられています。
多くの側近や専門家・ブレーンに囲まれている筈の文大統領よりも、一般の市民の方が遥かに現実的な感想を述べています。
もはや、韓国の指導者ではなく、北のスパイという認識が蔓延しています。
既に、多くの韓国市民は文大統領の無能さに気が付いていますが、あと2年もこの政権に政治を委ねなければならない、韓国国民はどこに不満をぶつけるのでしょうか?

報道 探
報道 探

どこの国の政治システムにも完璧はありませんが、韓国大統領制に改善の余地は大有りです。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました