韓国がロシアに市場を奪われる!インドへの兵器輸出が白紙化の危機…韓国国民「文政権の0点外交のせいだ」【世界情勢】

韓国がロシアに市場を奪われる!インドへの兵器輸出が白紙化の危機…韓国国民「文政権の0点外交のせいだ」【世界情勢】
米中対立だけでなく、インドと中国の対立も顕著になっている昨今、 インドは韓国製兵器の輸入をロシアに切り替えようとしているようです。 中国寄りの文政権へ不信感を募らせたのか、粗悪な品質に不安を感じたのか注目が集まります。 ■チャプター 00:00 オープニング 00:58 中央日報より 【悲報】ロシアが妨害し、3兆...

『韓国がロシアに市場を奪われる!インドへ兵器輸出が白紙化の危機』

米中対立だけでなく、インドと中国の対立も顕著になっている昨今、
インドは韓国製兵器の輸入をロシアに切り替えようとしているようです。
中国寄りの文政権へ不信感を募らせたのか、粗悪な品質に不安を感じたのか注目が集まります。

【悲報】ロシアが妨害し、3兆ウォンのインド兵器輸出が白紙化の危機


韓国の防衛産業界がインドに輸出しようとしていた3兆ウォンの対空兵器事業が霧散の危機に直面した。
インドが当該事業を海外導入ではなく、自社開発で推進する方向へ方針を変更する可能性が取り上げられたからだ。
インドのメディア「ザ·プリント」が17日に報じたところによると、最近インド国防省は高官が集まった特別会議で、自走防空ミサイルシステムの海外導入事業を白紙に戻すことが決定した。
インド政府の製造業育成政策である「メイク·インディア」に合わせ、国産の独自開発に方針を固めたというのが、該当メディアの説明だ。
この様な報道が事実なら、韓国政府と業界は7年間、防空複合輸出を試みたが、無駄足になったことになる。
防空複合とは、低高度に侵入する敵の航空機とドローンを捉える対空砲とミサイルを連携した兵器で、対空砲の短い射程距離を低高度短距離迎撃ミサイルで補うシステムだ。

インド軍当局は、パキスタンとの国境地域の5つの陸軍旅団に該当防御体系を配置するため、2013年に自走防空ミサイルシステム事業の入札公告を出した後、2015年に技術評価結果の発表、2017年に試験評価などの手続きを踏んできた。
同期間、韓国の防衛産業界は、内需から輸出中心構造へと方向転換を決め、「庇護複合」を掲げ、インド市場の開拓に力を入れてきた。
防空複合104台、弾薬運搬車両97台、指揮用車両39台、ミサイルと弾丸各4928発と17万2260発などで構成された同事業は、全体規模が2兆5000億ウォンから3兆ウォンの間と推算される。
一時、輸出に青信号がともったこともある。
インド政府は2018年10月、防空複合を価格交渉対象装備に単数候補に挙げた。
同分野のトップランナーだったロシアメーカーと三つ巴の戦いを繰り広げて得た結果だった。
しかし、それ以上進度が進まなかった。
予想通りなら、優先交渉対象者の選定、最終契約などを経て、年内の兵器引き渡しを見通すことができたが、ロシアの妨害が変数として作用した。

ロシア当局は、非好福合意の単数候補選定後、不満を示すなど、インドに着実に再評価を求めてきた。
インドのロシア産兵器依存度が高いという点を狙って、今後の防衛産業協力に支障を来たす恐れがあると警告する方式だった。
実際、今年に入ってインドはロシアの反発を意識して、ロシア産兵器を再評価するかどうかをずっと見計らってきたという。
インド内で独自開発の話が出ているのには、ひとまずロシアとのぎくしゃくした関係を避けたい思惑があるものと分析される。
韓国の防産業界は当惑した様子が歴然としている。
これには防空複合のインド輸出に格別の力を入れてきた政府レベルの努力が水の泡になる恐れがあるという憂慮もある。
防産業界関係者は「まだインド政府から公式的な通報を受けたことはない」とし「防空複合がインドが提示した性能水準を唯一満足したうえ、両国長官の協議が行われてきただけに結果を待っている」と述べた。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

といったように、米中対立だけでなく、インドと中国との対立も激化する中、韓国とインドの間で検討されていた、3兆ウォンもの武器の輸出が白紙になろうとしているようです。
インドと中国は7月に国境付近で数十人の死者がでる軍事衝突があった他、9月初旬にも中国国営メディアは、人民解放軍が「深刻な損害」をインド軍部隊に与え得ると警告するなど、依然として緊張状態が続いています。
両国とも相手国が、実効支配線を越えて不法侵入したと非難しており、パンデミックの隠蔽疑惑もあいまって、インド国内では中国への反発が強くなっています。
こうした状況で、インド側の急激な方向転換の裏には、パンデミック禍でも中国の要人をもてなし、習近平主席の来韓に力を入れる文政権に対する不信感と、文政権も対中国として使われることが確実な武器の販売に対してはプッシュが消極的になり、かねてよりインドと関係も良好で、売り込みをかけていたロシアに掠め取られたのではないかという説がでてきています。
文政権が中国に媚び続けているのは言うまでもありませんが、インドとロシアが急接近していることは意外に知られていません。
昨年もモディ首相はロシア極東ウラジオストクで、東方経済フォーラムに初参加し、プーチン大統領と会談し、武器やエネルギー分野の協力深化で合意しました。
両国はロシア製兵器部品の共同生産のほか、ロシアの石油や天然ガスの生産、液化天然ガスのインド向け輸出の拡大に向けた協力などで合意し、さらに、インド初の有人宇宙飛行計画に向けた訓練をロシアで行う宇宙開発での協力や、ウラジオストクとインド南部チェンナイ港の間の海運活性化に取り組むことでも一致し、両国の首脳同士が夕食まで共にするなど、非常に密接した関係性を築いていることがわかります。
ロシアと中国は協力関係にありながらも、大国ロシアは韓国と違い、中国に媚びたり頭が上がらないといった状況ではなく、むしろ、中国に技術提供をしてきたのはロシアで、中国の急成長とパワーバランスの変化をロシアは面白く思っていません。
ロシアは米国やヨーロッパ諸国に反発していますが、中国を信頼しているわけではないのです。
そのため、増長し続ける中国に釘を刺すという意味でも、インドに軍事的協力を申し出る可能性は十分に考えられます。
中国国内ではこうしたロシアの動きを警戒する報道が度々出てはいますが中国は未だロシアの軍事技術支援に頼っている部分があるため表立って批判や強行的態度にでることは出来ない状況です。
こうしたレッドチームの微妙なパワーバランスの変化に、外交下手な文政権は見事にはじき出されたという見方もできる今回の一件ですが、一方では韓国製武器の粗悪な品質がインドで不安視されている可能性も否定できません。
昨年5月にも、韓国の技術で開発され、韓国軍が「10大名品兵器」だと誇っていたK‐11複合型小銃に事故が相次いだことを受け、防衛産業庁が「使用中止」の結論を下すなど、韓国製武器の評判は同盟国の米国ですら愛想をつかすほどだと言われています。
文政権の外交上の立ち回りが災いしたのか、ずさんな品質管理が原因か、現時点では定かではありませんが、いずれにせよ韓国が大きな市場を失う可能性が大きくなっていることは間違いないでしょう。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

韓国政府の方針に国民も不満噴出

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…「インドは中国が嫌いだから当然親中派政権も嫌いなのだろう」「関係を上手く維持できなかっただけだ、文政権は人のせいにしかできないのか?」など、韓国国内では文政権の立ち回りがまずかったのではないかという見方が強いようです。
媚びている中国や北にも軽視され、大国のロシアや米国からはカモにされ信頼関係を築けず、日本との関係は最悪、インドなどの将来性のある国にすら相手にされない文政権には「国際的カモ…」と韓国国民もあきれ返っています。
信頼関係さえあれば利害を超えた取引が行われることもありますが、目先の利益ばかりを追求したコウモリ外交ではどこの国にも相手にされないでしょう。
世界に誇れる技術もないのに、何故か強気な韓国に、多くの国々が愛想をつかしているのかもしれません。

報道 探
報道 探

技術もなく、信用もできないとなれば、貿易もうまくいかなくなって当然ですね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました