菅内閣発足!韓国が人事を見て青ざめる…「安倍政権以上に困難な外交になる」日韓関係修復を諦め【世界情勢】

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

『菅内閣発足!韓国が人事を見て青ざめる…「安倍政権以上に困難な外交になる」』

菅内閣の面々が発表されるや否や、安倍元総理の側近や、自民党の重鎮議員などベテラン勢で固められたことに対する反発の声が、韓国であがっているようです。
菅内閣に対しても韓国は捨て身の反日政策で挑んでくるのでしょうか?

「菅内閣」のフタを開けてみると…安倍氏の弟・側近・同僚


日本メディアは16日、首相に就任する菅義偉自民党総裁が河野太郎防衛相の後任に岸元外務副大臣を起用する方針を固めたと伝えた。
岸信介は安倍首相の弟で、幼い頃、母方の実家に養子に送られ、母方の祖父の姓を名乗っている。
時事通信の人物情報によると、1959年生まれの岸信介氏は、1981年に慶応大経済学部を卒業後、住友商事の米国・オーストラリア支店で勤務した。
2004年に参議院議員、2011年に衆議院議員に当選し、防衛大臣政務官、外務副大臣などを歴任した。
2018年10月に衆議院安全保障委員長を務めた。
岸氏は8月13日に、日本の太平洋戦争敗戦日(8月15日)を目前に控えて、靖国神社を参拝したりもした。
また、注目を集めた後任の官房長官には加藤勝信厚生労働相が有力視されている。
加藤氏は安倍首相の側近として知られており、第2次安倍内閣で2年10カ月間、官房長官として菅首相と呼吸を合わせた。
この他にも16日に確定する閣僚人事では麻生太郎財務相兼経済副首相をはじめ、茂木敏光外務相、赤羽一嘉国土交通相、橋本聖子オリンピック担当相、萩生田光一文部科学相、小泉進次郎環境相の留任が確実視されている。
河野防衛相は行政改革相にポストを移すものと見られる。
厚生相には田村憲久元厚生相の再登板が確定したという。

15日に行われた自民党幹部人事では菅首相を作り出した一番の功臣、二階俊博幹事長の留任が決まった。
ライバルだった岸田文雄政調会長の後任には、下村博文選挙対策委員長が任命された。
選挙対策委員長には山口泰明組織運動本部長が、総務会長には佐藤勉元総務相が抜擢された。
幹部4人が二階・麻生・細田・竹下に均等に割り振られた.現在までに半分ほど公開された菅内閣の姿は、新政権が安倍内閣の延長線上で政策を続けることを予告している。
多数が再任されたのはもちろん、新規メンバーもほとんどが「安倍の側近」か安倍政権で既に閣僚を務めた人たちだ。
特に感染症の初期対応で事実上落第点を受けた加藤厚生相を「政権のナンバー2」である官房長官に起用するなど「基準のない回転ドア人事」という批判は避けられそうにない。

「派閥分配」も主要争点だ。
菅首相は2009年に無派閥になってから自ら「脱派閥」を主張してきた。
14日の自民党総裁当選後の記者会見でも「派閥に縛られず改革意志がある人物を積極的に登用する」と明らかにした。
しかし、今回の選挙で自分を積極的に支持し、首相にしてくれた派閥の要求を無視できない状況だ。
派閥はポスト配分に露骨な欲を示している。
朝日新聞は「(菅の)脱派閥はマスコミ対策だ」(麻生派幹部)、「閣僚4席は確保するべきだ」(細田派幹部)など派閥内部の声を伝えた。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

と期待が高まっていました。
この期待には、韓国の歴史問題に融和的な態度を取ってきた石破氏の存在や、過去に菅首相と韓国議員との間に友好的な関係があったことも関係していたようです。
韓国メディアは石破氏が最有力候補かのような偏向報道を繰り返していましたが、韓国国内でいくら印象を変えたところで日本には影響が出るはずもなく、実際は最下位。
石破氏の政治思想は日本国民からも、自民党内からも支持されていないことが鮮明になってしまいました。
そして、菅総理大臣が誕生すると、期待とは裏腹の徹底抗戦の姿勢から、韓国国内の融和ムードも陰りが出てきました。
韓国の政治家達は与党も野党も、とりあえずは歴史問題に関するマウントをとろうと公娼問題や応募工問題に関するコメントばかりを出し、韓国国民やメディアもそれに乗せられるように、またもや歴史問題に固執する意見が多くなっています。
経済状況、外交の現状を見ていれば、今の韓国は歴史問題などに固執しているより経済協力や通貨危機が再来しないよう外貨供給のパイプなどを作ることの方が優先のように思えますが、それでも、歴史問題から離れることができないようです。
こうした韓国世論と、韓国財政のバランスの中で、文政権はどのように舵取りをしていくのか注目があつまるところです。
そして菅内閣の発足を受けて、経済の要である財務大臣に麻生氏、竹島問題などでの交渉、対話が期待される防衛大臣に岸信夫氏が内定したことを受けて安倍政権時と変わらず、またもや強硬路線に走る可能性が高まってきました。
麻生氏は歯に衣着せぬ発言だけでなく、韓国に対して毅然とした態度をとることから、韓国国内で反日炎上のきっかけを作ることも少なくありません。
岸信夫氏は安倍元首相の弟であり、中国に対しても強い姿勢を保っており、韓国人の思い描く日本の保守そのもののイメージに当てはまるような人物で、韓国側が大きく融和姿勢に転換していかなければ、日本からの歩み寄りはなさそうな面々という印象を与えています。
また、一見穏やかな雰囲気をまとった菅首相が、防衛大臣や経済の要に強固な保守派を添えるということは、韓国の懸念材料である竹島などの領土問題、歴史問題をきっかけに勃発した外交摩擦に関しては一切譲らないという菅首相の内に秘めた強い意志を感じさせます。
文政権としては、安倍元首相が退いてもなお、この面子に頭を下げてしまえば岩盤支持層との間に角が立ちそうな展開です。
ですが、このまま意地を張っていては確実に韓国は悪い方向に向かっていきます。
広げた風呂敷をどのように畳むのか、注目が集まります。

■この記事に対する反響

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…「菅はただの抜け殻で、安倍が院政ごっこをするようなものだ」「日本は改革ができない」「この人事を見る限り日韓関係は終わりという事だ」というように、韓国国内では自分たちに都合のいい人事にならなかったことを日本は変化のない国だと揶揄するコメントで溢れています。
しかし、世界的に見ても、韓国のように極端な右派と左派が潰し合い、政権が入れ替わるたびに前任者が逮捕されたり、糾弾される事態の方がどう考えても異常です。
パンデミックもあり大きな変化による混乱をもたらすよりは、ベテラン勢で国民のサポートに徹する姿勢の方が日本人としては安心ですが、韓国人は感覚が違うようです。
しかし、韓国の反日強硬路線がついに安倍政権を倒した!という物語が成立しなくなることがよっぽど悔しいのか、韓国メディアでは「韓国が手を差し出せば道が開かれる可能性」などという記事を出すなど、あくまで安倍元首相を追い出した今、韓国が歩み寄ってあげることにより日本もよくなるぞ!といった空気を出そうと必死です。
日本との関係を改善しなければ中国にのまれかねない状況にある今の韓国ですが文政権は菅内閣にどのような態度を取ってくるのか、注視していく必要がありそうです。

報道 探
報道 探

しかし、安倍政権の色が強く残れば、今後も日本を悪役にし続けられますし、文政権にとってはいい面もあるのかも。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました