本当に苦しい韓国企業の実態…サムスンなどに続きLGまで米国に「ファーウェイ輸出許可」申請【世界情勢】

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

『本当に苦しい韓国企業の実態…LGまで「ファーウェイ輸出許可」申請』

15日から始まった米国によるファーウェイへの輸出規制ですが、大きな影響が出ているようです。
既にサムスンやSKといった企業は米国に、輸出許可を求め申請していましたが、この度LGもその流れになったという事で、韓国の主軸企業すべてが許可を求める事になりました。

LGディスプレイも米政府に「ファーウェイ輸出」許可要求


LGディスプレイが米国政府に、中国ファーウェイ社のディスプレイ部品の輸出を許可してくれるよう公式要請した。
16日、業界によると、LGディスプレイは、前日の午後、米国商務省のファーウェイ輸出関連特別許可を申請した。
LGディスプレイは、ファーウェイ社のスマートフォンOLED(有機発光ダイオード)などのパネルを供給してきたが、アメリカの制裁にファーウェイにディスプレイパネル駆動チップ(ドライブIC)が制裁対象に含まれ、パネルを丸ごと供給することができなくなった。
これに先立ち、サムスンディスプレイをはじめ、サムスン電子、SKハイニックスはファーウェイ社との取引を維持するためのライセンスを申請した。
LGディスプレイは、書類の検討などの準備として、申請がやや遅れているという。
アメリカの許可を受ければ、例外的にファーウェイに製品を供給することができる。
ただし、現在、米政府のファーウェイの強い制裁の意志を見ると、許可する可能性は大きくないと業界は見ている。
去る15日、米国のファーウェイ追加制裁が発効され、サムスン電子、SKハイニックスなど国内半導体業界とサムスン・LGディスプレイなど国内ディスプレイ業界はファーウェイ社との取引を停止した。
企業は、新規売上先を発掘したり、ファーウェイ社を代替することができる売上先を見つけるなど、供給先の多様化に乗り出している。

【これに対する私の見解】

レッサーパンダ
ポッチ―


当初、この流れは、中国に対する忖度から来ているという比率が大きいかと思いましたが、この記事を見る限り、政府の考えなどとは関係なく、ただただ苦しいと言うのが理由みたいですね。
韓国企業にとってファーウェイの比率がどれほど高かったのかが、このなりふり構わない、輸出許可を求める姿から見て取れます。


しかし、韓国企業の状況はどうあれ、米国の目からすれば中国傾倒にしか見えないと思います。
以前からこの規制については話に上がっていましたし、多くの国がこの流れに賛同しています。
もちろん日本も大きな影響が出ていると思いますが、必要な痛みと言う声も聞かれました。
韓国国民からは「中国に努力してる姿を見せるためだ」との声も上がっており、この状況を見て情けないと感じている人の方が多くみられます。


韓国企業としては、この状況をどのように考えているのでしょうか?本来なら、規制に向けて準備を行っていくべきなのでしょうが、トップ企業が全て音を上げる、もしくは、米国の選挙の結果次第では、中国がまた躍進することも考えられますし、それを見越した保険なのでしょうか?何にせよ、外需依存度の高い韓国は大変ですね。

ポッチ―
ポッチ―

しかし、この規制の影響は本当に大きいです。
米中の争いの決着はどうなるのでしょうか?

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

#世界経済#韓国経済【教えて経済HP】ニュース
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました