菅首相に韓国は裏切られた!資産現金化問題への報復発言に韓国国民が嘆く…【世界情勢】

菅首相の日韓関係
菅総裁は首相に任命され、韓国では応募工問題に対する姿勢などから懸念する声が上がっています。 そもそも、菅首相は韓国の議員とも交流があったようですが、文政権との関係悪化が進み、 韓国に対する姿勢も変わってきたようで、韓国では「裏切者」との声が上がっています。 ■チャプター 00:00 オープニング 01:01 朝鮮...

『菅首相に韓国は裏切られた!報復発言に韓国国民が嘆く…』

菅氏が首相に任命され、韓国では応募工問題に対する姿勢などから懸念する声が上がっています。
そもそも、菅首相は韓国の議員とも交流があったようですが、文政権発足で韓国に裏切られ、それにより韓国に対する姿勢も変化したのですが、韓国では逆に「裏切者」との声が上がっています。

菅氏「徴用企業の資産が現金化されれば報復」これまで数回表明


菅義偉・自民党総裁が16日に首相に任命された後、最初に直面する外交課題は徴用企業の資産現金化問題になる見通しだ。
韓国の裁判所の判断に基づき、いつでも「現金化」の局面が始まってもおかしくないからだ。
菅氏はこれまで官房長官として何度も「日本企業の資産が現金化されれば、ただちに報復措置に乗り出す」との考えを表明してきた。
日本政府はこれまで極秘に金融制裁や送金中止を含む、およそ40項目に上る報復措置を定期的に検討してきたが、その全てに菅氏は関与してきた。
菅氏は先日、「韓日関係悪化の原因は全面的に文在寅政権にある」との認識を示した。
文在寅政権は2015年に締結された慰安婦合意を事実上破棄し、1965年の韓日請求権協定に反する徴用賠償要求をしているというのだ。
韓国に対するこのような不信には、個人的に「裏切られた」という思いも作用している。
菅氏はイ・ビョンギ元大統領秘書室長が駐日大使だった当時、1歳年下のイ氏と緊密な関係を築いていた。
イ氏を尊敬する意味から「先生」と呼び、慰安婦問題解決に向けた韓日間の実務協議も開始した。
2015年12月に慰安婦合意が締結される際にも複数回にわたり自ら関与し、「障害物」を除去したこともあった。
このような事情があるため、イ氏が文在寅政権で拘束され、慰安婦合意が紙切れとなった際、菅氏が激怒したという事実は日本の政界では広く知られている。
菅氏はイ氏が刑務所に送られると、手紙を書くなどして彼を慰めている。

菅氏は本来、韓国には好意的だったという。
パク・クンヘ政権当時はイ・ビョンギ大使、ユ・フンス大使の招待を受け、公邸で何度か食事をしたこともある。
サムゲタンが好きで、チェジュ島にゴルフ旅行に行ったこともあるそうだ。
二人の大使とはメールをやりとりするほど親しかった。
ところが文在寅政権が発足すると、このような関係は続かなくなった。
菅氏に近いある消息筋は「菅首相は最初から韓国を刺激する考えはないが、現金化が現実となるか、あるいは(韓国側が)何らかの問題を起こしてくれば、絶対に避けたりはしないだろう」と予想した。
菅氏は北朝鮮に対しては「安倍首相以上に強硬」という見方も聞こえてくる。
菅氏は、北朝鮮と日本を行き来していた万景峰号が朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)と連携して違法行為を続けてきたとにらみ、港湾法改正など厳しい対策を主張しこれを貫徹してきた。
一時は拉致問題担当相も兼任するなど、日本人を拉致し、北朝鮮住民を飢え死にさせる金正恩政権を強く嫌悪しているという。
日本で官僚たちがしっかりと仕事をこなせないとき、菅氏は「もしここが北朝鮮だったら、あなたは銃殺されている」と厳しく叱責したこともあるそうだ。

【これに対する私の見解】

レッサーパンダ
ポッチ―


それでは 記事を読んだ僕の感想ですが菅義偉官房長官が首相に任命されることは、韓国国民からすると嬉しい事ではないようです。
また、僕の中で菅首相はあまり外交のイメージがないのですが、日韓の外交に関しては安倍政権従来の考えに加え、どのような取り組みを見せるのでしょうか?菅首相は2013年に中国と韓国が合同で安重根の記念石碑を建立しようとしている件に関連し、安重根を「日本で言えば犯罪者であり、テロリスト」と発言したことがあります。
これにより当時の朴政権は大激怒し、日本に猛抗議しました。
しかし、菅首相は少しも譲ることなく、最後まで発言を撤回しませんでした。
通常自身の発言で外国を怒らせた場合、すぐに撤回して謝罪する政治家が多いです。
しかし菅首相はそのようなことがなく、近年には珍しい骨のある政治家であるといえます。
こういった姿勢から、韓国では“冷徹”と言われている記事もありました。


それでも菅首相は記事にある通りイ・ビョンギ大使とは親密な関係を築いており、このことが、親韓的であると捉えられていたのか、一部の韓国国民の間からは、安倍政権とは違うものになるという声が上がっていました。
しかし2017年11月、当のイ氏は文政権によって逮捕されており、菅首相が当時は親韓的であったとしても、過去の話であるといえます。
そもそも、いくら仲が良いといっても、それはイ氏との関係であり、その関係を破壊し、国際法無視などの行為を行う国は許せないのは当然です。
菅首相の韓国に対する態度を悪化させたのは間違いなく文政権でしょう。
また、文大統領も日韓合意を完全に邪魔としており、その後の行動を見ていると、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いと言わんばかりです。
例えば、外交部北東アジア局長として日韓局長級協議の韓国側首席代表を務めたイ・サンドク駐シンガポール大使を任期途中に韓国に召還してそのまま失脚させ、慰安婦合意の後続措置を引き継いだ国立外交院のチョン・ビョンウォン教授に対する懲戒処分を強行するなど日韓合意に関わった関係者を次々とパージしています。
このことから文大統領がイ氏を憎むのもある意味当然の帰結であり、この逮捕も日韓合意パージの一環であるといえるのではないでしょうか?


また、当時、菅首相が韓国とのパイプを築こうとした理由ですが、それは、安倍政権が取り組んできた、北朝鮮に対する備えが大きいと思われます。
というのも先述の通り菅首相は若手議員の時から拉致問題に対して強い関心を持っており、安倍元首相と並んで党内の強硬派の一人でした。
菅首相は2017年に安倍首相に北朝鮮を訪問して金正恩委員長と会談することを何度も進言するなど、安倍政権下での拉致問題解決に拘っており、2018年には官房長官を務める傍ら拉致問題担当相に就任しています。
菅首相は北朝鮮に対しては全く妥協するつもりはなく、韓国にパイプを築くと言っても反北の保守派の政治家が中心です。
なので北朝鮮への融和も志し、赤化統一を目論む文大統領の下では菅首相が親韓派になることは100パーセントないといえます。

■この記事に対する反響

ポッチ―
ポッチ―

それでは、この記事に対する反響なのですが…「議院内閣制にしてはいけない理由がこれだ。
これしかできないのは理解できるけど」「こうなれば菅はただの抜け殻で、安倍が院政ごっこをするようなものだ」など、期待を裏切らたからか、早くも菅首相を非難する声が噴出しています。
韓国では議院内閣制は後進的で大統領制が先進的であるという見解が強いです。
しかし韓国ではほぼすべての大統領が最終的にポピュリズムに走り、また大統領が任期中にやりたい放題をするなど大統領制の弊害を存分に見せつけており、必ずしもどちらかが優れているわけではないといえます。
また「自民党から出ている総理は誰も信用できない」「野党の枝野が首相になったら韓日友好間違いなしなのだが…」「誰が相手でも俺たちは決められた行動をとるまでだ」といったようにそもそも自民党内の政権移譲劇に冷めた見方をしている声もあります。
つまりは自分たちに都合のいい、気を使ってヨイショしてくれる人しか認めないのでしょう。
今の日本ではその様な流れになることは考えられないでしょうね。
そして「菅は韓国と良好な関係を築きながら、立場が変わると簡単に裏切るのか…」などの声もありますが、その言葉そっくりそのままブーメランになっていますよ。
裏切られたという感情は、菅首相の方が大きいでしょうね。

ポッチ―
ポッチ―

文大統領の不誠実な振る舞いが続く限り日本が韓国にする対応は、「誰が総理になっても同じ」といえます。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

#世界経済#韓国経済【教えて経済HP】ニュース
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました