韓国がチキンレースで敗北、結局GSOMIA継続でまたもや“やるやる詐欺”…習近平国家主席の訪韓を見据えて米国を意識した?【世界情勢】

韓国がチキンレースで敗北 結局GSOMIA継続でまたもや“やるやる詐欺”…習近平国家主席の訪韓を見据えて米国を意識した?【世界情勢】
昨年 GSOMIAの破棄をちらつかせたことで 日韓だけでなく米韓関係にも大きなヒビが入り 未だ懲りずに交渉カードにしていましたが 結局今回もやるやる詐欺で終わったようです 中国との関係を深める動きも見せており 今後 日米韓関係はどうなってしまうのでしょうか? ■チャプター 00:00 オープニング 00:57 中...

『韓国がチキンレースで敗北GSOMIA継続で“やるやる詐欺”』

昨年、GSOMIAの破棄をちらつかせたことで、日韓だけでなく米韓関係にも大きなヒビが入り、未だ懲りずに交渉カードにしていましたが、結局今回もやるやる詐欺で終わったようです。
中国との関係を深める動きも見せており、今後、日米韓関係はどうなってしまうのでしょうか?

【現場から】GSOMIA、終了でも延長でもなく…適当にやり過ごした韓国政府


日本の輸出規制に終了直前まで達していた韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が24日、事実上延長された。
この日、外交部関係者は「GSOMIA終了に関連して日本側に伝えた事項はない」と明らかにした。
韓日両国はGSOMIA協定文により毎年8月24日までに別途の終了通知をしなければ協定が1年自動的に延長される方式を採用してきた。
しかし、昨年7月、日本がフッ化水素など核心素材3つに輸出規制にかけると、政府は「経済報復を撤回しないならGSOMIAを終了する」という意向を日本に伝えた。
両国は激しい神経戦の中で協定終了の手順を踏んだが、結局昨年11月韓国政府は再び「(終了)通知の効力を中止する」と発表した。

GSOMIAを単なる韓日間の問題でなく「破棄する場合、米日韓3か国の安保協力からの離脱と見なす」という米国の圧迫のためだった。
これを受け、窮余の策としてGSOMIAの「終了の猶予」という前例のない決定が下されたわけだ。
その後、両国の沈黙の中でGSOMIAは「とりあえず延長」の手順を踏んでいる。
だが、延長したのかという質問に韓国政府は「いつでも終了できる」という立場を明らかにしている。
「終了の猶予」をいつでも再び終了できるということだ。
そうするうちに政府がGSOMIAを公式に1年自動延長したわけでも終了させたわけでもない妙な外交術を駆使しているという指摘が出ている。
だが、政府の言った通りにGSOMIAカードが有効な外交的カードなのかについては韓国内部でも意見が分かれている。

GSOMIAは韓国政府が昨年自信ありげに終了を宣言して「破棄する場合、米日韓3カ国の安保協力からの離脱と見なす」という米国の圧迫に勝てず撤回したカードだ。
その時、すでにやたらに使うことのできないカードということが明らかになり、相手である日本もその事実をよく分かっている。
政府がそれでもGSOMIAカードを手放せていない理由は、今後日本戦犯企業に対する大法院(最高裁)の財産差し押さえが現実化すれば、予想される日本の追加経済報復に対応する外交的カードとして残しておいたためという見方もある。
とはいえ、日本が韓国政府のGSOMIA終了カードを念頭に置いて逆に韓米の間に割り込む場合、韓国が対応できるかも疑問だ。
政府が今講じるべきなのは、世論から支持を得ると同時に米国も意識するGSOMIA外交術でなく、日本の経済報復に実効的に対応できる第3のカードを探ることだ。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

日韓の軍事情報包括保護協定、GSOMIAの破棄通告期限がやってきましたが、ふたを開けてみれば結局はやるやる詐欺で、そのまま継続というオチでした。
しかし、記事によると、まだ交渉カードとして利用する可能性を臭わせています。
「韓国政府はいつでもGSOMIAを終了させる権利を持っている」というセリフは、撤回せずにそのままなので、まだ日本に牽制を続けているつもりなのでしょうね。
ですが、米国務省はこうした韓国政府の態度を受けて、日米韓の安保協力の重要性を強調し、「日本と韓国の軍事情報共有は、米国の安保にもとても重要」と語るなど、この問題を日韓の摩擦とは別途に扱うことを求めています。
昨年も米国の強い抗議と、韓国軍部からもかなり反発があったため、GSOMIAの破棄は米韓関係に亀裂を入れる事になるのは韓国政府も認識しているようです。
それでも頑なにこの問題を掲げているのは、記事にもあるように、結局は日本を揺さぶるカードは韓国にはまるで無いという事を、自ら暴露しているのです。
そうなってくると、ここでこのカードを消費してしまうと、これから進めていかないといけない、日本企業の財産差し押さえ問題などで、韓国が日本を牽制する材料が無くなってしまうのです。
当の日本は、破棄するならどうぞと言う姿勢を既に示していますし、最早このカードの効力は「米国に迷惑かけるけどいいのか」になっています。
もちろんそんな意味で持ち出すことは、現在、米中対立が激化している中、韓国にとっては非常に危険な動きと言えます。
ただでさえ、韓国と米国との関係性は、在韓米軍の駐留経費交渉が難航するなど、安保面でも懸念材料が多く残っている状況ですから、ここで米国をさらに刺激するようなことは、米中関係の綱渡りが不可欠な韓国の首を、自身で絞めることになりかねません。
このように、誰が見ても明らかに米国を挑発しているとしか見えない韓国ですが、ここにきて、中国のヨウ・ケツチ政治局委員の訪韓を歓迎し、習近平国家主席の訪韓の早期実現に向けた意思確認を行うなど、中国との距離を急速に縮める動きを見せており、さらに米国をなめているとしか見えない行動を起こしています。
この行為は、もはやコウモリ外交とは言えず、完全に中国に肩入れしているようにも見えます。
一部では、そうした行為を意識して、米国の顔色を伺い今回は継続にしたとの意見もあります。
そう考えると、全く釣り合ってすらいない駆け引きだと思うのですが、これこそ韓国の外交的距離感が破綻している証明となるでしょう。
今後も、日本に対して強い態度をとることは、文政権の支持率維持のパフォーマンスとしては必要でしょうし。
この問題はまだまだ便利に使っていくのでしょうが、そもそも、日本からするとこの協定は、軍事情報の共有という側面よりも、軍事情報の漏洩を防ぐという目的から締結したもので、ここまで信用を失う行為をされてしまうと、最早締結の意味はありません。
ですが、下手に破棄をしてしまうと、その勢いで、これまでの情報が漏れてしまいそうですね。
そうすると、米韓関係が取り返しのつかない状況になってしまいますね。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

・大きく3つの意見が見られる
・政府を擁護・早く破棄しろ・破棄するな
・日本は気にしていない

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…大きく分けて3つの意見が見られるようになっており、「延長したのは関係ない、いつでも終了できる状態と言うのが重要だ」「破棄するというのは延長しないという意味ではない」というように、たまたま期限が来ただけで、今回破棄するとは言っていないと韓国政府の肩を持つ意見が意外と多くみられます。
これは、一部の韓国メディアがGSOMIA破棄について、“交渉カードの意味が無く、韓国政府は無駄なことをしている”という意見が出たことに対しての反論が広まっていることに起因しているようです。
もう一つは「今すぐ破棄すべきだ」「他の国にも恥を晒すまでに来ている」という、やるやる詐欺の状態を続けていることに対する不満を訴える声です。
強固な反日層にしてみれば、口だけのパフォーマンスに苛立ちを感じていところに、韓国が馬鹿をしているという認識が広まっているのが我慢できないようです。
最後の1つは、むやみに日米を刺激するような言動をすることは、韓国の国益を損なうとして、文政権の言動に釘を刺すような意見です。
国の規模を考えれば、結局はどこかの国に依存せざるを得ない韓国ですから、中国の属国になるくらいならば、日米との関係性を維持、強化する方が、韓国にとってはいいという判断は当然のことと言えるでしょう。
しかし、トランプ大統領は何かと韓国に対しては厳しい言動が多いため、現在の米国との関係構築は諦めムードに入っている人も多くみられます。
果たして、このまま日米との同盟は反故にして、レッドチームへ進んでいくのでしょうか?

報道 探
報道 探

日本に他の問題と一緒にするなと言っていましたが、結局、韓国が一番ややこしく紐づけていますね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました