韓国株式市場に訪れる運命の日、「空売り解禁」でKOSPIが大暴落!個人投資家が制度の廃止を訴える【世界情勢】

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

『韓国株式市場に訪れる運命の日「空売り解禁」でKOSPI大暴落』

3月の感染症ショックで1400台まで下がったKOSPIを支えたと言われる「空売り禁止」しかし、9月16日に韓国株式市場における「空売り」が解禁となりますが、それを受けて個人投資家から解禁を懸念する声が聞こえてきます。

9月16日のコスピ運命の日?東学アリ震える「空売り復活」


最近、株式投資家の間では空売りが最大関心事です。
空売りが再開されれば’暴落場’になるという憂鬱な見通しがあるからです。
「市場への影響はそれほど大きくない」という反論も多くあります。
空売りが一体なぜ議論なのでしょうか?「空売り」とは文字通り、ないものを売る行為だ。
株式を実際に持っていない人が今後株価下落を予想して株式を借りて売った後、株価が下がれば再び株式を買い入れて返すことを意味する。
1996年機関投資家(市場造成者)に、1998年外国人投資家に認められた。
個人投資家も空売りはできるが、貸主限度や担保比率などの制約条件が多く、事実上不可能だ。
空売りは現在、期限付き禁止の状態だ。
感染症が爆発的に拡散した今年3月、総合株価指数(コスピ)が1400台まで下落し、株価暴落の懸念が高まったためだ。
通常、空売りは下落市場でさらに下落を煽る触媒とされる。
金融当局は今年9月16日までの6ヶ月間、外国人と個人投資家に対する空売りを一時的に禁止した。
ただし、「市場造成者」の役割をする機関投資家の空売りは依然として認められている。

ウン・ソンス金融委員長は先月30日、「米国も感染症が収まらないため、通貨スワップを6ヶ月延長したが、空売りも同じだと思う」とし、「8月中に公聴会を経て再開するかどうかを決める」と述べた。
空売り禁止措置延長の可能性に火をつけたのだ。
感染症が本格化した3月には株式市場に対する暗い見通しが多かった。
上昇しても一定期間騰落を繰り返す「W字反発」するという分析だ。
しかし、市場の予測に反し、KOSPI指数は上昇傾向を示した。
多数の個人投資家は「コスピ下落を阻止したのは空売り禁止」と主張する。
空売り一時禁止で個人投資者が追加下落を懸念することなく安心して株を購入する「東学アリ運動」も力を得たという分析だ。
KTB投資証券のパク・ソクヒョン研究員は、「空売り禁止で需給が増え、株式市場でプラス要因になった」との見方を示した。

空売り禁止が実際に株価下落を防ぐ効果があるかどうかも未知数だ。
2008年のグローバル金融危機当時、10月1日から空売りが一時的に禁止されたが、その後1ヶ月間、総合株価指数(コスピ)は30%以上暴落した。
空売り禁止で、かえって同様の性格の先物取引が急増し、事実上、禁止効果は大きくないという分析もある。
先物取引とは、特定商品に対し、将来、一定時点の価格を予め決めてから売買する取引を指す。
韓国取引所によると、空売りが禁止された今年3月の全体株式先物取引金額は昨年同期比128%急増した。
個人投資家の間では、空売りを廃止すべきだという主張が圧倒的だ。
外国人と機関投資家の大量の空売りが善良な小口株主に損害を与えるという主張だ。
青瓦台の国民請願掲示板に掲載された「空売り廃止」請願は2日で6000人を超える同意を得た。
与党からも一部廃止論が出ている。
また民主党のキム・ビョンウク資本市場特別委員長は、「大型株ではなく中・小型株に対する空売りは部分的に廃止すべきだ」と主張した。
反論も少なくない。
空売りが最初から禁止されれば、上昇だけに賭けて市場にバブルをもたらすのは避けられないという指摘だ。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

9月16日の「空売り禁止」解禁を控え、個人投資家の懸念の声が聞こえてきますが、最初に、本来、株式市場が持つべき機能について考えてみます。
もともと、自由な資本市場を形成するためには市場を規制することは極力避けなければならず、その意味で最も自由で開かれた市場とは「常に売り買い自由」な市場を意味します。
例えば、NY市場やロンドン市場・東京市場は最も自由で開かれた市場と言えますが、これらの市場も1987年のNY市場のブッラクマンデー大暴落で1日22.6%下落した反省から、サーキットブレーカー導入や信用取引規制などを組み合わせる様になっています。
ただ、今回の韓国の様に「空売り禁止」など市場の売買そのものを止める様な規制は、米国・日本・英国・ドイツでは行われたことはありません。
一方、これらの市場の対極にあるのが中国の深圳市場や上海市場で表向きは自由な市場ですが、たびたび、売買禁止などの市場の根本機能に対する規制が行われています。
この中間的存在が韓国市場で通常は米国・日本・英国の様な「常に売り買い自由」な市場ですが、暴落時には空売りの禁止など思い切った規制を導入しています。
今回、金融当局は3月16日からソウル市場のメーンボードKOSPI・KOSDAQ上場銘柄について、9月16日までの6ヶ月間の全面的な空売り禁止というこれまでで最も強力な措置を発表しました。
韓国では2011年と2008年にも同様の空売り禁止措置が取られたことがありますが、そもそも、「空売り禁止」でも暴落が止まらなかった例もあるなど、下げの抑制に「空売り禁止」が有効か否かも専門家の間では定まっていません。
それよりも韓国株式市場のいびつな構造の方が問題です。
韓国株式市場全体の時価総額の3割~4割の時価総額をサムスングループが占めているからで、総合家電・電子部品・電子製品メーカー1社の動向が市場全体に与える影響が大き過ぎます。
また、韓国市場の全時価総額は約1.4兆ドルである一方、Appleの株式時価総額は約1.7兆ドルと、米IT大手企業単体の金額に及ばないほど韓国市場が小さいことも問題です。
もう1つの韓国株式市場の問題は長期的に運用する投資家が少ないことで、ヘッジファンドなど短期の利益だけを狙う投資家ばかりでは市場は鉄火場と化します。
一方、東京市場では市場の裾野に長期運用の個人投資家や年金運用などの機関投資家が控え、急落時には果敢に買い向かい、3月の急落時でも安値を個人投資家が拾って急回復を導きました。
つまり、投資家が最も嫌うのは「常に売り買い自由」ではない市場ですから、いびつな構造で長期運用する投資家が少なく「空売り禁止」する様な市場からは退出したいのです。
その理由で韓国株式市場で外国人投資家は2月からの5ヶ月間で約26兆ウォンの株を売り越しました。
ここまでの3年間、文政権がどの様な国作りを目指すのか全く理解できないのと同様に、韓国株式市場がどの様な市場を目指しているのかも全く理解できません。
韓国市場から外国人投資家が退出を続ける原因はそこにあると言え、問題は「空売り禁止」ではなく外国人投資家の退出なのです。
それでは、この記事に対する反響をポッチー君に教えてもらいましょう。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

・空売り制度自体を無くしたい
・解禁で市場が大暴落する
・外国人投資家の動きは考えていない様子

ポッチ―
ポッチ―

アシスタントのポッチーです!それでは、この記事に対する反響なのですが…「空売りという制度自体をなくせ!」や「空売りなければ不動産投機も減る」というように、空売り事態を悪だと捉えている意見が多くみられます。
韓国市場の小ささからこのような意見になるのでしょうが、「再開時の支持率は見ものだ」と、政府の支持を下げる要因とさえ思っているようです。
「2400という数字は空売り禁止あってのものだ」というように、この状態で解禁すれば大暴落が起きるという事を懸念する声も多くみられます。

【これに対する私の見解】

報道 探
報道 探

ポッチー君ありがとうございました。
9月16日の「空売り禁止」解禁を控え「空売りした奴は罰金」などの意見が寄せられています。
これでは外国人投資家は韓国株式市場から退出するしかありません。
韓国では、この「空売り」について、韓国市場を下げる要因として、機能そのものを無くしてしまえという流れにさえなっていますが、正直、それに対応できない韓国市場の小ささが問題なのではないでしょうか?もともと、文政権の様な左派のリベラル政権は経済政策に疎い傾向がありますが、このまま韓国国内の声だけに耳を傾けて制度を変えていくと、韓国そのものが海外投資家から見放されることになりますよ。

報道 探
報道 探

韓国株式市場で、今やるべきことは「空売り禁止」ではなく、長期投資優遇策と外国人投資家優遇策ですね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました