韓国がニューディール政策で期待を寄せる5G通信が大惨事!英国調査機関によって真実が露呈【世界情勢】

韓国がニューディール政策で期待を寄せる5G通信が大惨事!英国調査機関によって真実が露呈【世界情勢】

『韓国が期待を寄せる5G通信英国調査機関が真実を露呈』
文政権最大の雇用政策である、韓国版ニューディール政策においても、プッシュされていた5Gサービス、韓国政府の熱心なアピールとは対照的に実用性の面では国民からも冷めた意見が多く出てきているようです。
そして、この度それを裏付ける調査結果が英国調査機関より公開されました。

英国オープンシグナル「韓国5G加入者の5Gネットワーク接続時間は15%だけ」


『韓国が期待を寄せる5G通信英国調査機関が真実を露呈』文政権最大の雇用政策である、韓国版ニューディール政策においても、プッシュされていた5Gサービス、韓国政府の熱心なアピールとは対照的に実用性の面では国民からも冷めた意見が多く出てきているようです。
そして、この度それを裏付ける調査結果が英国調査機関より公開されましたBそして、この度それを裏付ける調査結果が英国調査機関より公開されましたBそして、この度それを裏付ける調査結果が英国調査機関より公開されましたB「5G加入者の実際の5Gネットワーク使用量は15%のみ」韓国の第5世代移動通信システム(5G)加入者が実際に5Gネットワークに接続する時間は全体使用量の15%にすぎないという調査結果が出た。
英国の市場調査機関「オープンシグナル」は30日、『6月の韓国5Gユーザーエクスペリエンス報告書』を発表した。
オープンシグナルが韓国5G加入者が実際に5Gに接続する比率(可用性)を測定した結果、SKテレコムとLG・U+が1位タイを記録した。
SKテレコムの可用性は15.4%、LG・U+は15.1%だった。
KTは12.5%で2社に比べてやや低かった。
比率が高いほど利用者がネットワーク全体のうち5Gを利用する時間が長くなることを意味する。

オープンシグナルはまた、移動通信3社の5Gダウンロード速度とダウンロード速度エクスペリエンスも比較した。
5G通信ネットワーク内でダウンロード速度が最も速いのはLG・U+だった。
LG・U+ユーザーの平均ダウンロード速度は237.2MbpsでSKテレコム(220.4Mbps)とKT(214.8Mbps)を先んじた。
5Gユーザーの全体ダウンロード速度エクスペリエンスではSKテレコムが1位を占めた。
ダウンロード速度エクスペリエンスは5Gユーザーが5Gだけでなく異なる世代通信ネットワークまで利用した時、全体平均ダウンロード速度を算出した値だ。
SKテレコムが110Mbpsで最も先んじ、次いでLG・U+(95.8Mbps)、KT(82.2Mbps)の順だった。

これについて移動通信各社は「品質測定で最も重要な要素である測定方法、測定端末、地域と対象、範囲などを詳細に公開しておらず信頼性が低い」とし「測定サーバーの位置が海外にあり、国内の結果を測定するためには限界がある」と反論した。
科学技術情報通信部が測定した移動通信3社のLTE平均速度(158Mbps)とオープンシグナルが測定した速度(48~69Mbps)とは相当な乖離があるという説明だ。
各社は「国内5Gに対する公信力のある調査結果は早ければ7月に発表される」とし「7月の調査結果を見守らなければならない」とした。
科学技術情報通信部は毎年移動通信3社の通信品質を評価しているが、今年初めて5Gが評価対象に含まれている。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

といったように、イギリスの調査機関にも指摘された韓国の5G技術の脆弱性ですが、世界へ5Gを売り出したい韓国政府の意向とは裏腹に、韓国国内でも5G実用化には疑問の声が上がっています。
英調査会社、オープンシグナルの別の調査によれば、今年1月末から3カ月間、5Gを商用化したアメリカ、韓国、イギリス、オーストラリアの4カ国の通信会社10社を対象に、5Gサービスの平均速度、データダウンロード基準を測定したところ、米ベライゾンが1秒当たり506.1Mbpsで圧倒的に速いことが分かりました。
2位は平均速度238.7Mbpsを記録した韓国LGユープラスで、SKテレコムとKTはそれぞれ220.6Mbps、215.0Mbpsで3位と4位につけましたが、3社ともベライゾンの半分以下の速度だったことが判明しています。
オープンシグナルの調査対象からは外れていますが、中国も5Gの技術を驚異的なスピードで成長させており、韓国側の、「韓国の5Gこそ世界一!」といった態度には冷ややかな反応を示しているようです。
中国のテクノロジー系ニュースサイトには26日に、「なに?韓国で600万人以上が1年以上使っていたのは『偽の5G』?」とする記事を掲載し韓国の5Gバブルに冷や水を浴びせています。
記事によれば、「2019年4月、韓国の通信事業者は5G商用を発表し、世界で初めて5Gを商用化した国となった。
しかも、時差を利用して米国の事業者より数時間先行し、米国の事業者を憤懣やるかたなくさせた。
だが今では、韓国のメディア自身が、韓国がこの1年使用していたのは『偽の5G』だと伝えている」としており、韓国の5Gの一般実用化成功そのものに懐疑的な姿勢を示しています。
中国メディアの見解によると、韓国の商用5Gの通信速度は4G/LTEの3~4倍でしかなく、使用しているのは4Gと3.5GHz帯であり、本当の意味での5Gではないようです。
真の5Gとは、28GHz帯のことで、その通信速度は4G/LTEの20倍に達しますが、韓国サムスン電子のフラッグシップスマートフォンGalaxy S20は、5G対応と称しながらも28GHz帯をサポートしていないと指摘しています。
韓国政府が公表しているデータによると、韓国の今年4月末時点の5G加入者数は634万人となっていますが、後の記事についての反響でも紹介しますが、多くのユーザーから高い通信料に見合ったサービスが受けられていないという声が続出しています。
5Gが実質的に使えるエリアや時間帯が極端に少ないうえにそれほどの速度を実感していないようで、ユーザーの声を聞いていると、こうした海外メディアの指摘もあながち間違っていないような印象を受けます。
また、現在、5Gスマホは、サムスンとLGから数機種発売されていますが、端末価格は約100万ウォン以上で、最も高額な端末は200万ウォンを超えます。
機種代も料金プランも高級志向に限定され、大半の韓国国民は置いてけぼり…
というのが現状です。
米中の5G戦争に何としてでも食い込みたい韓国ですが、政府の意向や発表に対し本当に技術と国民の購買意欲が追いついているのか、注視していく必要がありそうです。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

・5Gサービスは問題だらけ
・この調査結果は正しい
・現状失敗しているサービス

報道 探
報道 探

この調査んに対しての批判の声がみられるかと思いきや、ほとんどの国民は結果に納得のようです。
5G通信サービスが始まったものの、「LTEから5Gになるところをほぼ見てない」といったように、実際に5Gの恩恵を受けた実感ができないというユーザーの声がそうさせているのでしょう。
「無駄にバッテリーのみが消費される」との意見もあるように、サービスが安定していないようです。
また、サービスにかかる費用が高級志向なのも問題になっているようで、「高い金額を払って4Gサービスの劣化版を契約した」との声も見られますね。

【これに対する私の見解】

報道 探
報道 探

このように、韓国国民の声を聞いても5Gの評判は芳しくないようです。
特に通信の安定性と、5G端末のバッテリー性能、コストパフォーマスの面では多くのユーザーが大きな不満を抱えているようです。
5G戦略はサムスンが牽引してきたわけですが、米中対立や副会長の逮捕状騒動など懸念材料も多く、サムスンの躍進の足を引っ張るような事態が度々起こっており、その原因の多くは5Gを推進したがっている文政権に起因しているのですから、これほどの矛盾はないでしょう。
また、韓国では度々、政府が世界へ向けて大きな発信をしてしまい、後々企業や現場が恥をかいたり、尻拭いさせられるという事態が頻繁に起きています。
5G市場においても同じ轍を踏まぬよう、文政権は気を付ける必要がありそうです。

報道 探
報道 探

5Gを前面に押し出した韓国版ニューディールですが、この様子では早くも失敗の予感がしますね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました