日韓の攻防戦開始、WTOパネル設置に日本は「深く失望」、国際法違反の韓国は相変わらずの強気の姿勢【世界情勢】

日韓の攻防戦開始、WTOパネル設置に日本は「深く失望」、国際法違反の韓国は相変わらずの強気の姿勢【世界情勢】
世界貿易機関(WTO)で日本と韓国の冷戦が2つのステージで密かに繰り広げられています。 1つは紛争解決機構における日本の輸出管理問題を扱う小委員会(パネル)において、 もう1つは、WTOの次期事務局長選挙において、2つのステージの現状と見通しを探ります。 ■チャプター 00:00 オープニング 01:05 中央日...

『WTOパネル設置に日本「深く失望」日韓の攻防戦開始』

世界貿易機関(WTO)で日本と韓国の冷戦が2つのステージで密かに繰り広げられています。
1つは紛争解決機構における日本の輸出管理問題を扱う小委員会(パネル)において、もう1つは、WTOの次期事務局長選挙において、2つのステージの現状と見通しを探ります。

日本の輸出規制、「WTO第1審」開かれる…「安保」めぐり攻防本格化

世界貿易機関(WTO)紛争解決機構が29日(現地時間)、日本の輸出規制問題を扱う小委員会(パネル)の設置を承認した。
日本の反対にもかかわらず、韓国側の要求を受け入れたのだ。
これで国際訴訟戦が本格化したが最終解決までには越えるべき山は多い。
WTO紛争解決は二審制だがパネルはその第1審にあたる。
最終、結論が出てくるためには相当期間かかる。
その上、WTOの改革を求める米国の反対で、最終審である上級委員会の委員を選ぶことができず、現在機能が停止している状態だ。

日本主要言論もこれを根拠に今から長期戦になるだろうとの見通しを出している。
30日、日本経済新聞は「パネルは原則6カ月以内に最終報告書という形で判決を出すが、近年は1年以上かかることも多い」としながら「日韓の紛争は長期化する可能性がある」と報じた。
この日、読売新聞は「報告内容にかかわらず、日韓政府のどちらかが不服を申し立て、裁判の最高裁判所にあたる上級委員会での審理に持ち込まれる可能性がある」とし「(上級委員の欠員により)最終的な判断が示されるまで長期化する」などと伝えた。
ただし、日本国内にも今回の審理が自分たちに有利な方向では進まないだろうとの見方も出ている。

これは日本政府が昨年7月、韓国に対する半導体核心材料3品目に対する輸出規制を強化しながら表面的に「安保上の理由」をあげたことと関連がある。
これまで日本は「武器転用の可能性がある輸出品目に対する管理強化次元」という口実をつけていた。
だが、このような名分が基本的に自由貿易を主に主張するWTOで受け入れられるかどうか分からないということだ。
日経は「WTO内には安保による例外を安易に認めれば、不必要な貿易制限を増やすと懸念する声もある」と伝えた。
また、上智大学法学部の川瀬剛志教授(国際経済法)は読売に対して「前例が少ない審理であり、パネルで日本の主張がどのように判断されるか見通しにくい案件だ」と語った。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

まず、WTO紛争解決機構における日本の輸出管理問題を扱う小委員会(パネル)について、WTOは29日、韓国が求めていたパネルの設置を承認しました。
もともと、日本は韓国への輸出管理は安全保障上の問題で貿易問題ではないという立場ですから、パネルの設置は必要ないと主張していました。
ところが、今回、韓国の主張が認められパネルが設置されるということは、日本が求めていた韓国に対する対話での解決が不可能となってしまい、同時に、これまで行ってきた政策対話が無駄になってしまいました。
そして、今回のパネルの審理は相当な長期戦になりそうな雲行きです。
もともと、パネルは原則6ヶ月以内に最終報告書という形で判決を出す仕組みですが、近年は1年以上かかることも多くなっています。
しかも、パネルで判決が出ても日韓政府のどちらかが不服を申し立てた場合、上級委員会での審理に持ち込まれる可能性がありさらに長期化する可能性があります。
これまでの経緯を考えても日韓問題がすんなりと最初の判決で結審するとは考えられず、どちらかが不服を申し立てる可能性は非常に高いと考えられます。
そして、もう1つの日本と韓国の冷戦のステージは、WTOの次期事務局長選挙のステージです。
既に、締め切られた事務局長選挙候補には韓国など8カ国の候補が名乗りを上げていますが、日本は国際的な知名度の高いナイジェリアのオコンジョイウェアラ候補を押しています。
一方、言うまでもありませんが韓国は産業通商資源部のユ・ミョンヒ通商交渉本部長を、何としてでも事務局長に当選させようと文政権が総力を上げて取り組んでいる筈です。
ユ本部長をWTO事務局長に就任させて自国の貿易問題を有利に導き、当面の敵である日本を叩くのが文大統領の目論見の筈だからです。
ただ、この事務局長選の選考方法は8人の候補の立候補辞退を待ちながら、最後の一人を全会一致で採択する方式ですから最初から長期戦であることは予想されています。
しかも、8月末で現職のロベルト・アゼベド事務局長が退任し、後任が決まるまで代理を置きますが、その人選もすんなりと決まらなさそうです。
代理は米国・中国・ドイツ・ナイジェリア出身の4人の事務次長の中から選ぶ予定でしたが、7月31日の会合で加盟国が折り合えず暫くはトップの空席が決まっています。
WTOの事務局長や代理の人選に難航しトップ不在が長引きWTOの機能不全が長期化すると、パネルのパネリストを選ぶこともできず日韓の紛争処理は益々長引くことになります。
WTOの機能不全が長期化すると、ロビー活動に長けた韓国がどう動くかが不気味です。
何にせよ、日韓の冷戦が長期化することだけは間違いありません。
それでは、この記事に対する反響をポッチー君に教えてもらいましょう。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

・輸出管理は日本の不当な報復
・韓国が負けるとは思っていない
・事務局長の座も権力重視

ポッチ―
ポッチ―

アシスタントのポッチーです!それでは、この記事に対する反響なのですが…
「これで輸出規制が解除される」や「日本の不当な行為が世界中に知れ渡る」といったように韓国が一方的に日本から不正な報復措置を受けているという認識が根付いています。
自分たちが行っている国際法違反については何も負い目を感じていないようです。
また、ユ本部長の事務局長選について「当選して日本に罰を」という趣旨の意見もあり、公平な立場にいてほしいという思いより、自国の利益が最優先という考えも滲み出ています。
一部こういった姿勢に反対する声もありますが、根本として日本に負けないという考えのようです。

【これに対する私の見解】

報道 探
報道 探

ポッチー君ありがとうございました。
あちらの国民の間では、相変わらず輸出管理強化に対しては不当な報復と捉えているようです。
その成果、このパネル設置において、日本の不当性が世界に知られると思っているようですが、私としては、韓国が自爆をしているようにしか見えません。
不当な報復と声を荒げていますが、ただ手続きをしてくれればいいだけで、手間は増えたかもしれませんが、書類を提出した企業には問題なく輸出がされています。
どちらかと言うと、日本が韓国にお願いした安全保障上の疑問についての解明を、よくわからない理論で有耶無耶にしようとして、一方的に解決したと迫ってきた韓国、どう考えても、何かを隠そうと必死になっていますし、そもそも、日本がこういった措置に出るにはそれなりの理由があるからです。
それを、自ら解明しようとしているのですから、自爆以外、何と言えばいいのでしょうか?
そのあたりを踏まえて、日本としては、日韓の問題として処理をしようと、慈悲の心から、対話による解決を持ち出していたのだと思います。
それなのに、必死にパネルを設置し、事務局長選挙においては、「韓国の利益を保護する重要な役割を果たす」などの意見もありますし、WTOの私物化を疑われても仕方がないのでは?と思います。

報道 探
報道 探

残り1年を切った安倍首相の任期、残り2年を切った文大統領の任期、結局、日韓の対立は両国の新政権を待たなければならないのでしょうか?

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました