韓国で問題の不動産バブル不正問題!交通相長官が辞意を表明するも、文大統領は驚きの対応【世界情勢】

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

『韓国不動産バブル不正問題交通相長官が辞意も驚きの対応』

自らの意思で辞任することになった韓国の国土交通部長官ですが、結果として何の責任も取っていないうえ、そもそも、期限付きとは言え同ポストに留まったのです。

韓国国土交通相が辞意表明 公共機関職員らの不正投機疑惑巡り


宅地開発などを手がける公共機関、韓国土地住宅公社(LH)の職員らが新都市に指定される前の地域の土地を投機目的で不正に購入した疑惑が発覚したことを受け、同公社を傘下に置く国土交通部のピョン・チャンフム長官が12日、辞意を表明した。
青瓦台のチョン・マンホ国民疎通首席秘書官が会見で明らかにした。
文在寅大統領はピョン氏の辞意表明について「責任を取る姿勢を示すしかない」と述べ、事実上、辞意を受け入れた。
ただ、文大統領は国土交通部などが2月4日に発表した住宅供給計画を支障なく推進することが重要だとし、ピョン氏主導で推進した計画に関連した立法の基礎作業までは終える必要があると強調した。
これに伴い、昨年12月28日に任命されたピョン氏は時限付きで同ポストにとどまることになった。

文大統領は、LHを巡る疑惑に対する国民の怒りが大きくなり、不動産政策全般に対する不信が増幅されたことを踏まえて、交代を決めたものとみられる。
取り沙汰されている疑惑に対する徹底した調査とともに、LHの社長を務めた経験のあるピョン氏に責任を問うことで事態を収拾するとの意思を示したものと受け止められる。
実際に同公社と国土交通部の全職員を対象に調査を行った結果、計20人が不正を働いていた疑いがあることが確認され、このうち11人についてはピョン氏がLHの社長を務めていた当時の不正であることが分かった。
また与党内でピョン氏の更迭を求める声が高まったことも文大統領の判断に強い影響を与えたとみられる。
ピョン氏の後任は4月7日のソウル・釜山市長補欠選挙後に決まる見通しだ。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

韓国の公社職員が関わる不正問題について、責任を取る形で辞任した国土交通部のピョン長官ですが、文大統領も「責任を取る姿勢を示すしかない」と言って受け入れたとコメントしています。
文大統領からすれば、世論からの批判が高まっている今回の投機目的不正問題の幕引きを図るために、辞任してくれたのは願ったり叶ったりだと思います。
しかし、今回の投機目的不正問題の根本解決とはならないでしょうね。
そもそもは、バブル状態の韓国不動産投資に、どの様に国として対策をするかが大切なのです。
不正問題の根絶の棚上げ・先送りは、文大統領としてはいつものことで、私の想定の範囲内で驚きもしませんが、しかし、そのあとの展開で驚かされてしまいました。
トカゲの尻尾切りをしたつもりなのでしょうが、なんと切れていなかったのです。
ピョン長官は「長官」という肩書はなくなりましたが、同ポストに期限付きですが残る事になったのです。
今まで、ピョン長官の元で行ってきた作業を終えるまでの期間だそうですが、辞任したのに同ポストに居座るとは、どんな責任の取り方なのでしょうか。
同ポストに残るということは、国土交通部長官の権限を持つということです。
私の知る限り、辞任後に同様の権限を持ったままの人を見たことが有りません。
他に任せれる人材が不足している文政権なのは理解出来ますが、それは政権運営能力がないという事ですね。
万が一、各部の長官が病気などで一線を退く事になったら、韓国という国は立ち行かなくなるのでしょうか?それが、韓国の国力なのかも知れませんね。
今回の不正問題に対して、公社と国土交通部全職員を対象に実施した調査結果によると、20人もの職員に対して不正疑いがあるそうです。
これは、調査に対して事実上の自首をした人数です。
まだ、白を切っている輩も多くいると思いますので、氷山の一角に過ぎないかも知れませんね。
これから捜査権を持った機関が調べると芋づる式に容疑者が出てきそうです。
さらに、今回自首した20人の内、11人はピョン長官が公社社長時代に不正を行っていたと証言しているので、ピョン長官を含めた、組織ぐるみの犯行だった可能性も否定できないのです。
一連の騒動は、不動産価格異常上昇で家を買えないだけでなく、賃貸を借りるのにも一苦労する程に家賃や地価が上がってる苦しみを一手に引き受けていた庶民の怒りが頂点に達したために、世論が騒ぎ、今回の辞任劇になりました。
しかし、無策無能の文大統領は、同ポストに留任するという支離滅裂な政権運営に打って出たのです。
こうなれば、どんな不正を行っても「長官」「大統領」などの肩書がなくなるだけで、権力はそのまま掌握できるという独裁国家の様な政権運営になるのです。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

特権階級の優遇、韓国国民の怒り爆発

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…韓国では「韓国の公務員は無敵だな」「お金稼いでいるから直ぐにクビにできないのか…」「文在寅の側近たちは1億円以上の自宅で暮らしながら、庶民は一生賃貸で生きろと言う政府」「住宅価格を抑えられないなら物価指数でも抑えろ…国民は死にそう」など、不動産価格高騰に相当苦しめられている恨みが多く書かれています。
不動産バブルは、一部の特権階級には恩恵があるので、文大統領もなるべくそのままにしたいのでしょう。
しかし庶民からすると、明日住むところに困っているのです。
人間の絶対必要な物で”衣食住”と言いますが、”住”はとても大切です。
特に、お子さんがいるような家庭では死活問題になります。
そんな状況だと、安心して子育て出来ないでしょうから、少子化問題も加速度的に悪化するのです。

報道 探
報道 探

衣食住の「住」を、特権階級の私腹を肥やす為に利用させて、形にもなっていない責任を取らせて満足している文大統領は、余生の「住」を塀の中で過ごすことになりそうですね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました