中国ファーウェイがサムスンに緊急SOS!?米中紛争で半導体の供給を絶対STOPするな!!【世界情勢】

中国ファーウェイがサムスンに緊急SOS!?米中紛争で半導体の供給を絶対STOPするな!!【世界情勢】
前回はアメリカからで、今度は中国から圧力がかかってきているみたいです。 国民はアメリカへ、政権は中国へと寄っているようで、結局国としてどっちつかずの韓国… 相変わらずのコウモリスタイルに米中両国のイライラがMAXまで高まってきそうですね。 ■チャプター 【記事A】01:03 【見解前半】03:59 【韓国の反応】...

『中国がサムスンに緊急SOS!?
半導体の供給を絶対STOPするな!』

前回はアメリカからで、今度は中国から圧力がかかってきているみたいです。
国民はアメリカへ、政権は中国へと寄っているようで、結局国としてどっちつかずの韓国…
相変わらずのコウモリスタイルに米中両国のイライラがMAXまで高まってきそうですね。
文大統領の最終決断はいつどのような形でつけるのでしょうか?

「Dラムハングアップしないでください」緊急Huawei、サムスン・ハイニックスにSOS

中国のHuawei社はサムスン電子とSKハイニックスに
「安定したメモリー半導体納品」を要求した。
米国が今後「国家安全保障」を掲げ、メモリー半導体の調達の道さえ
ブロックする可能性があるという判断に基づいて、韓国企業を対象に、
米国の要求に揺さぶられないでというメッセージを送信したと分析。
米中間「半導体新冷戦」が激化すればするほど、
韓国企業への圧力が強まる懸念が高まっている。
24日、関連業界によると、Huawei社は先週、サムスン電子、SKハイニックス、
中国法人の関係者を呼んで、「米国政府の動きに関係なく安定的に
メモリー半導体を供給してくれ」と要求されたことが分かった。
Huawei社は、昨年、両社の5大顧客に含まれている「大物」。
Huawei社が購入する韓国企業のDラム・NAND型フラッシュ半導体規模は
年間10兆ウォン前後と推定。

メモリー半導体は、米国が9月から施行する予定の「半導体輸出規制」の対象ではない。
米商務省は「米国の装備や技術を利用し、Huawei社が設計した半導体を生産し
供給するメーカー」を対象に、輸出ライセンスを設けるようにした。
1次的に台湾のファウンドリ(半導体受託生産)メーカーであるTSMCを狙ったものである。
それでもHuawei社はサムスン電子とSKハイニックスを呼んだのは、
自分たちの健在を誇示すると同時に、米国の規制拡大の可能性に備えた動きで分析される。
両社は、世界Dラム市場の73.4%(2019年基準)を掌握している。
すでにHuawei社の供給を絶った米国マイクロン(シェア20.8%)に続き、
韓国企業まで制裁に参加するとHuawei社は事実上廃業状況に置かれる。
半導体業界の関係者は、「Huawei社は、米国の制裁後にメモリの在庫を急速に増やし、
米国との長期戦に備えている」と述べた。
韓国企業にメモリー半導体の支障のない供給を要求されたのも、
このような戦略に沿ったものと分析される。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

このように、ますます激化している米中対立ですが、
アメリカは反中戦線へ韓国の参加要求をしており、
韓国に対し明確なアメリカへの忠誠を迫っています。
この背景には文政権のアメリカ軽視の行動が続いたことにより、
米韓関係が悪化し、アメリカはより強固な親米姿勢を見せなければ

韓国を信用しないつもりのようです。
これに対し、根っからの親中の文政権は、韓国政府としての

正式な立場をまだ表明できずにいます。
一方でサムスンは、副会長が中国工場を訪問しただけでなく、
22日は中国の西安半導体第2工場に韓国人技術者300名を
チャーター機で派遣するなど、中国の根回しを忘れていません。
感染症拡大の第二波が心配される中、中韓は早くも韓中企業迅速通路という
入国手続きの簡易化をすすめ、ビジネス目的の人の移動も始めています。
国際社会にいち早く感染症を克服したことをアピールしたいという

狙いもあるのかもしれませんが、
このレッドチームの結束は確かなものです。
サムスンはアメリカにも工場を持っていますが、
現時点では中国に手厚いフォローをしておりこの対立の中で、
サムスンは中国を選ぶような素ぶりを見せ始めました。
危ない雰囲気を嗅ぎ取った海外投資家たちのセルコリアに拍車がかかり、

KOSPIの暴落がとまりません。
いまやサムスンは家電やスマートフォンが売れなくなり

半導体頼みの経営となりつつあります。
そして韓国経済はサムスン頼みですから、
アメリカはサムスンと半導体をタネに徹底的に韓国に

揺さぶりをかけることでしょう。
サムスンにとって、単純な現時点での利益では、

中国の方が旨味が多いのかもしれません。
しかし、アメリカを敵に回すことは大きな危険が伴います。
サムスンにとって1番恐ろしいのは日米が結託して

サムスンを締め出すことでしょう。
まずその資金源で、サムスンの取引先のメガバンクは、

日本のみずほ銀行しかありません。
アメリカの指示で信用状の発行が止まれば、

ドル決済が不可能になりますから、
事実上の倒産宣告といってもいいでしょう。
また、日本のフッ化水素の輸入も問題です。
現時点ではなんとか確保できている様ですが、十分な量とは言えない様です。
これをアメリカが封鎖してしまえば、粗悪なロシア産や中国産に

さらに依存することになるでしょう。
これらの国は足元を見てくるでしょうから粗悪品を

高値で売りつけられるのは避けられません。
“国産化も随分前から成功した!”と言ってはいますが、
韓国国内の化学工場の規制の厳しさを考えれば現実的ではありません。
アメリカを選ばないということは、サムスンの低迷どころか、

崩壊も招きかねないのです。
これまでは文政権の暴走とは対照的に、

冷静な動きを見せていたサムスンですが
ここにきて、大きく中国側へバランスを崩し始めています。
韓国政府はこの兆候に加担するのか、待ったをかけるのか、

注視する必要がありそうです。

■この記事に対する韓国国民のコメント

ムンさん
ムンさん

・混乱を巻き起こすHuawei社が滅んで欲しい。
・この機会にHuaweiを廃業させる必要があるだろう。
・韓国も中国との関係を切断しろ!
・日本も中国も私たちの永遠の敵だ!
・後で後頭部を殴るのが中国だ。
・価格を10倍に上げろ!中国と関係を見直せ!
・トランプ、安倍、習近平が全員嫌いだ!
・国民としては、今回の機会に中国を損切りすることを願っています。
・国の未来が掛かっているので文大統領は賢明な判断を!
・中国の犬、ムン災害がイ副会長を脅迫するだろうね。

【これに対する私の見解】

報道 探
報道 探

といったように、ここで中国寄りの態度をとってしまえば、
一気に中国路線へ突き進むのは明らかですから、
韓国国内では不安の声が上がっています。
“文大統領がサムスンを脅迫する”とあるように、

こうしたサムスンの中国への傾倒は
政権の後押しがあるのではないかと疑う声も出てきています。
ファーウェイは、最初は韓国企業のよき経済パートナーでしたが
今や勢いに韓国企業が呑まれようとしています。
当然、反感を持つ韓国人も多いでしょうから、
ファーウェイと中国への肩入れは国民感情に

大きな影響を与えるかもしれません。
いまだ沈黙を続ける文政権ですが、

そろそろ明確な答えを出さなければならない時です。
これまで板挟み外交で失敗だらけだった文政権ですが、
今回は切り抜けることができるのでしょうか

報道 探
報道 探

国民が言うように、
サムスンが韓国から脱出することも
現実的になるかもしれませんね。
そうすると韓国は完全に終了してしまいますが…

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました