韓国がバイデン政権の圧で嫌々ながら日韓関係改善に舵取り!文政権の残り任期は南北関係より優先?!【世界情勢】

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

『韓国が日韓関係改善に舵取り米国の圧力で南北より優先』

なんとか南北統一を図りたいといったように、南北問題を最重要視している文大統領ですが、バイデン政権は日米韓の関係を重視しているようで、北は後回しと言う姿勢を見せています。
これまで頼ってきた反日によるフォローが使いにくくなった為、関係改善を進めるらしいですが…

【単独】政府高官「韓日関係、南北より優先」… 任期末の文政府、三角協力の復元に乗り出す


文在寅政府が任期末の外交戦略の最優先順位に韓日関係の修復を挙げ、南北関係修復のために韓日関係から先に改善するという構想を検討していることが分かった。
米国のジョー・バイデン行政府が北韓、中国問題で韓米日三角協力の重要性を強調し、このために韓日関係の改善を注文しているため、韓日関係を先に解決してこそ、バイデン行政府と対北政策の調整が順調に進むと政府が判断したということだ。
政府の高位関係者は14日「南北関係の復元より韓日関係の復元を先にしなければならない」とし「現在、韓国の外交・安保が早く解決しなければならない課題が韓日関係の復元」と明らかにした。
このため、政府当局者らは、バイデン行政府との疎通の過程で、韓国が韓米日三角協力に参加する考えをまず明らかにし、韓日関係の改善に向けた韓国の努力を説明し、米国も韓日関係改善の役割を果たして欲しいという趣旨で話していると、関係者らが伝えた。
こうした中、チョン・ウィヨン外交部長官とアントニー・ブリンケン米国務長官が12日、電話会談で「韓米日の協力が持続されることが重要だという点で共感した」と外交部が明らかにした。
米国務省はこの日、電話内容を伝えながら「韓米日協力持続の重要性をブリンケン長官が強調した」と明らかにした。
国務省報道官室関係者は11日(現地時間)、「VOA」に「現在、韓国と日本の間に存在する緊張は残念なことだ」とし「バイデン行政府は米国と同盟間の関係だけでなく、同盟間の関係も強化している。
韓日関係より重要なことはない」と強調した。
文在寅政府が「南北関係の復元よりも韓日関係の修復が優先」と判断した理由は任期が1年余りしか残っていない状況で、韓日関係の悪化が続けば、日本が韓国政府の対北政策に否定的な状況が継続されかねないという憂慮が作用したものと伝えられた。
特に、米国のジョー・バイデン行政府は、中国牽制だけではなく、北核問題解決のための韓国及び日本との緊密な調整を要求している。

このような時に、日本が米国に北韓への圧迫の必要性だけを強調した場合、任期末の北米非核化交渉の再開とこれによる南北関係の復元という韓半島平和プロセスに支障を来たすことを憂慮したということだ。
政府高位関係者は任期末の政府の最優先外交戦略の一つとして韓日関係復元を挙げ「南北関係の復元より韓日関係の復元を先にしなければならない」とし「北韓との対話に先立ち、韓米がまず対北政策をしっかり調整しなければならない」と述べた。
バイデン行政府が対北政策で「新しい戦略を採択する」とし「このために韓国、日本など同盟国と緊密に協議する」としただけに、米国との調整を経なければ北韓と意味のある交渉は難しいという判断が敷かれている。
韓米日三角協力と韓日関係改善を強調するバイデン行政府の圧力も大きくなっている。
米国務省はアントニー・ブリンケン米国務長官が11日(現地時間)、チョン・ウィヨン外交部長官との電話会談で「韓米日協力持続の重要性を強調した」と伝えた。
「ブリンケン長官が韓半島非核化の必要性を強調した」という内容は、韓米日協力の次に出た。
このため、政府当局者らは、バイデン行政府当局者と疎通する際、韓米日三角協力に積極的に参加する意志があると明らかにしていることが分かった。
特に「政府が過去史問題解決のために開かれた態度でアプローチしているにもかかわらず、日本が譲歩せず問題解決が難しい」という点も米国に説明していると政府関係者は伝えた。
そうしながら「こうした状況を勘案し、米国が韓日関係改善のための役割を果たしてくれることを要請している」というのだ。
しかし、韓国政府が最近、日帝強制占領期に強制徴用被害者と慰安婦被害者など歴史問題と韓日間の実質的な協力を分離する「ツートラック」アプローチを試みているにもかかわらず、韓日関係はなかなか改善の兆しを見せていない。
外交部当局者は「現在としては両国間の高位級や実務陣による対面協議の計画はまだない」と明らかにした。
チン・チャンス世宗研究所日本研究センター長は「文在寅大統領が3・1節の祝辞で、どのようなメッセージを出すか、これに対して日本がどのように反応するかが今後の韓日関係において重要なターニングポイントになるだろう」と話した。

【これに対する私の見解】

レッサーパンダ
ポッチ―


それでは 記事を読んだ僕の感想ですが第一に日韓関係修復を韓国が優先したのは、他ならぬバイデン政権の圧力によるものです。
日本も米国とは同盟関係にありますが、韓国とは状況が違います。
本来なら、韓国は米国の圧力には従わざるをえないレベルで依存しています。
一番顕著にそれが現れているのは安全保障の面であり、ここ最近では公娼問題での異常判決など、一線を超えてしまった日韓関係の悪化について、このままでは米国のアジア政策に支障をきたすレベルになるとして米国としても中国包囲網の構築などを進める上で、韓国を警戒しているようです。
また日韓関係修復の件ですが、韓国側は歴史問題と日韓の実質的協力を分離して考える「ツートラック方法」をとるとなっていましたが、勝手に決められても、そんな事は実質的に不可能ですよね。
韓国は日本に対して一方的な利益ばかり求めており、もはや外交とすらも呼べません。
まずはそこから自覚してくれないと話し合いになりません。


ともあれ残り任期1年の文大統領が、北との関係を最優先にしていることに変わりはありません。
その為、日韓関係の改善を求める米国に対して、逆に北との関係改善を米国に求めるといったとんでもない行為にも出ています。
この事からも、記事にある日韓関係の改善の動きは、米国の顔色伺いだけと分かりますね。
日本の信頼がどうこうと記事では述べていますが、米国に対する言い訳にしか見えません。
韓国は日本の話しなど、間違いなく聞く気など微塵もないですから、日本が対中のため協力しようと韓国に持ちかけたところで全く効果はないでしょうね。
それを見越して、米国が動いたという事なのでしょうが、中国との覇権争いに進む米国からしたら、頭が痛いでしょうね。


まあ韓国のことですから、米中間でのやり取りもこのままの関係を続けるでしょう。
しかし、こんな分かりやすい態度を取っているので、既に両国から信頼は失われており、朝鮮半島については米国も完全に後回しにしたことですし、米中共に都合よく扱われるだけの存在となっていくでしょう。
韓国には韓国なりの思惑があるのでしょうが、あまりにも自国ファーストが過ぎましたね。
日本に対して行なってきた異常な対応でバランス感覚が失われたとしか思えませんが、今の韓国は、本当に何処を着地点として見ているのか、時々本当に分からなくなります。

■この記事に対する反響

ポッチ―
ポッチ―

それでは、この記事に対する反響なのですが…韓国ネットでは「日本には本当に腹が立つ!無理難題押し付けやがって」「日本と共助する必要なし、歴史で謝らないなら今後も友好国ではない」「いくら文大統領でも言葉を覆しすぎだ…」などのコメントがありました。
バイデン大統領が提案した同盟協力が、何故か日本が求めている事になっています。
本当に、日本に対してだけは何でも言っていいという姿勢は一貫しています。
最早、日本政府の対応を見ても分かりますが、完全に無視の方向に進んでいます。
これに対し日本ネット上は「主張をコロコロ変える国は信用できないに決まってるだろ」「韓国は外交できるレベルにない」「結局他国次第なのね」などの意見がありました。
確かにここまでくると、もはや国というレベルか怪しいですね。
しかし、ここまで日本に対して自由な態度を取れることを思うと、本当に今までの日本がどれだけ甘やかしていたかが分かりますね。
育児では優しい虐待という言葉がありますが、国にも適応されるという事を学びました。

ポッチ―
ポッチ―

日米韓の協力を要求したバイデン大統領ですが、全ては韓国の気分次第ですね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

#世界経済#韓国経済【教えて経済HP】ニュース
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました