韓国現代車がアップルを見切った?アップルカーを巡り勝手に日韓戦に仕立てる韓国…【世界情勢】

https://youtu.be/ljM-0QcvO5A

『韓国現代車がアップルを見切った?アップルカーを巡り勝手に日韓戦』

起亜車と提携するかもとされていたアップルですが、韓国側が情報をリークした事で、その話は無かったことになってしまったと報じられています。
アップルカーを巡る企業提携の話には日本企業の名前も上がっていますがどうなるのでしょうか?

アップルカー協力会社は日本日産?「最も可能性の高い候補」


ウォールストリートジャーナル(WSJ)は「アップルは電気自動車事業関連協力会社を探すのに困難はない」とし、日本の完成車メーカー日産がアップルと協力するという意志を表明したと報道しました。
WSJは9日、社説を通じ「アップルの自動車プロジェクトに対する多くの質問があるが、一つは明らかだ」とし「アップルが電気車生産パートナーを見つけられないという困難はない」と明らかにしました。
現代車グループは8日、公示を通じ「アップルと自主走行車の開発について協議を進めていない」と明らかにしました。
これを受け、WSJは、日本の日産などが依然、アップルとの協力に開かれた姿勢を示していると、協力の可能性に言及しました。
最近、日産の内田誠最高経営責任者は業績発表の記者会見で、「パートナーシップと協力し、知識と経験が豊富な会社と協力すべきだ」と強調しました。

【これに対する私の見解】

レッサーパンダ
ポッチ―


それでは 記事を読んだ僕の感想ですが現代グループの起亜車にアップルカー関連での提携の話が持ち上がった時は、グループ内で賛成と反対に分かれていたようですが、この情報リークが批判されて起亜車は契約破棄となったようで、新たな協力相手として日本の日産が交渉中とのことです。
現代グループとしては、アップルの下請け業者になるということに難色を示していたようですが、韓国の最大手企業の一つとして、米企業の下請けになるという事が、最大手企業としてはプライドが許せなかったのかもしれません。
起亜車的には利益の方が大きい話と思えたのに、チャンスを棒に振ってしまいましたね。
アップルとしてもノウハウが無い分野において、提携先を探すのが優先という事で、現代グループは規模等を加味した際に都合が良かったのかもしれません。
しかし、今回韓国側のリークで話が立ち消えたという事なのですが、もしこれらの話が本当なのだとしたら、アップルとしては結果的に良かったのではないでしょうかね。


アップルはiphoneなどでブランドイメージがある程度出来上がっていますので、電気自動車を出すとなると一定の需要はすでに存在していると思います。
しかし、提携先が現代グループと判明したら、日本市場では受け入れられないでしょう。
iPhoneなどでサムスンの部品が一部使われているとかならまだしも、悪名高い現代グループが提携した車となると話は全く変わって来ます。
今回の記事では日産との提携が進んでいるという事ですが、韓国側はこの記事に対して、現代を選ばなかったアップルを下げていますが、どう考えても走る棺桶を量産している問題企業よりもマシだと思うんですがね…現代がアップルの下請けにならなくて良かったという声もありますが、その理論でいけば既にサムスンはアップルの下請けですし、というよりも、下請けの何がいけないというのでしょうか?情報リークの件も本当だとしたら、韓国側が嬉しくて先走ったとしか思えませんし、逃がしたチャンスを悔しがって、強がりを言っている様にしか見えません。


その証拠に韓国では、いつの間にやらアップルカーを巡って日韓戦という記事も出ています。
韓国側がアップルを取捨選択したと主張したり、取り合ってるとしたり、最早無茶苦茶です。
そもそも、自国の情報リークが原因で見捨てられたかもしれないのに、自国のプライドを守るためだけに、ここまで大々的に記事にしてしまうのに唖然です。
日本側は一貫して応えられないと企業機密を守っていたようですが、そういったモラルが韓国側に全く見られない事からも、動き出す前に判明して良かったですね。
正直、これから電気自動車の開発研究はどんどん進んでいく事になります。
そういった時に、日本が持っている次世代のバッテリー技術などは大きな影響を与える事でしょう。
まだ、アップルと日本企業が何処まで手を組むのかは未知ですが、少なくとも今だけの利益しか見ていない韓国企業よりは素晴らしい結果を出せると思います。
ノーベル賞の話でも指摘されていますが、常に次世代を見越す事が重要なのです。

■この記事に対する反響

ポッチ―
ポッチ―

それでは、この記事に対する反響なのですが…韓国ネット上では「日産なんてどうせ倒産しつつある会社、馬鹿な選択をしたな」「アップルの下請けで満足するのか」「現代も起亜も独自で成長していける力がある!」「現代と起亜の機密漏洩はただの言い訳で、起亜がアップルの要請を断っただけ」といったように、先程も触れましたが、何処からこの自信が出てくるんでしょうかね…真相は分からないので何とも言えませんが、韓国側が断ったとしたくて仕方がないようです。
これに対し日本ネット上では「少なくとも日産は爆発はしないから安心」「韓国車はスマホとか見ながら組み立ててるんでしょ」などの提携以前の話という声が見られます。
僕も起亜車と提携の話がでた時は、真っ先に爆発炎上が頭を過りました。
しかし、日本としても利益ばかりがある話では有りませんし、韓国側が騒ぎ立てている勝ち負けなどは置いておき、ノウハウだけ吸い取られるなどにならないように、未来を見越した提携が出来るといいですね。

ポッチ―
ポッチ―

アップルカーを巡る動きはこれからもまだまだ動きを見せそうですね。
次世代自動車という市場で、素晴らしい発展が出来る事を願います。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

#世界経済#韓国経済【教えて経済HP】ニュース
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました