韓国経済に警告灯!ルノー本社遂に韓国を見切った?「釜山工場の生産性高めなければ韓国を離れる」と具体的な発言【世界情勢】

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

『ルノー本社遂に韓国を見切った「韓国を離れる」と具体的な発言』

労組の暴走など、堪忍袋の尾が切れたルノー本社側がとうとう最後通告を出しました。
韓国ではおなじみになった労働組合のストライキに対して、「事実」を基にルノー本社は交渉中です。
でっち上げてが大好きな国民である韓国側は、何を根拠に要求しているかは明確になってい無いのです。

ルノー副会長、「釜山工場の生産性高めなければ韓国を離れる」


ルノーグループがルノーサムスンの最近のストの動きと関連し、「守るべき約束を履行しなければ新たな方法を探す」と明らかにした。
ルノーグループ本社次元で釜山(プサン)工場でストが発生する場合には撤退もあり得るという警告をしたものとの分析が出ている。
ルノー副会長「釜山工場の生産性向上不十分」ルノーサムスンが9日に明らかにしたところによると、ルノーグループのモゾス副会長(製造・供給担当)は社内動画メッセージを通じ「私たちは経験したことのない厳しい時期を体験している。
競争力を高めるという約束を守らなければ代案を探す」と明らかにした。
釜山工場で生産中の小型クロスオーバーSUV「XM3」の輸出分を含め生産そのものを中断できるという趣旨だ。
モゾス副会長は「生産性を向上するという約束を信じて最高経営陣を説得しニュー・アルカナ(XM3)の欧州向けを釜山工場で生産することに決めたが、2020年末基準でその約束は履行されていない」と叱責した。
品質(Q)、費用(C)、時間(T)、生産性(P)に基づいたルノーグループの独自評価によると、釜山工場は世界19カ所のルノー生産基地で10位となった。
工場製造原価順位だけ見れば釜山工場はルノーグループの世界19カ所の工場のうち17位にとどまった。
韓国の生産基地の高賃金・高コスト体質もやはりルノー本社の指摘対象になった。
モゾス副会長は「スペインと比較して釜山工場の製造原価は2倍に達する。
ここに運送費まで追加する場合、韓国で自動車を生産して欧州に運ぶのは望ましくない」と明らかにした。

◇「生産基地の役割に忠実でなければ」警告もルノー本社はルノーサムスンの生産職労働者のストを座視しないという意志も明確にした。
モゾス副会長は「釜山工場は安定した生産と納期を通じて欧州での販売に支障がないようにしなければならない」と呼び掛けた。
ストにより生産に支障が生じる場合、XM3が欧州市場で相手にされなくなるだろうという指摘だ。
モゾス副会長は続けて「釜山工場はスペイン工場と同水準の製造原価でXM3を生産し欧州に伝達しなければならない。
これは釜山工場が順守すべき責任」と強調した。
最近ルノーサムスン労働組合は争議行為に向け投票を通じ、スト賛成を可決した。
昨年10月に中央労働委員会から争議調停中止決定を受け労組が争議権を確保したためいつでもストが可能な状態だ。
一方、ルノーグループは世界的に「ルノルーション」という経営改革に着手し、最近ブラジルで1300人余りを減員した。
新入社員の賃金も20%削減した。
労組との賃金・団体交渉周期も4年に変更した。
韓国では産別労組体制により賃金団体交渉周期が1年に固定されている。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

労働争議に揺れるルノーサムスンですが、ルノーグループ本社から見れば「何言ってるの?やることやってください」と言わんばかりの強い口調での発言がありました。
ルノーグループ本社から見れば、権利ばかり主張して責務を果たさない釜山工場に見切りをつけたのでしょう。
責務を果たさずに権利だけ主張と言えば文大統領も同じですね。
こうなってくると、これは韓国の国民性なのだと思えてきますね。
しかし、このまま行くと釜山工場の生産が中断してしまう可能性があり、その先に待っているのは大手外資企業の撤退です。
今の自分たちの利益だけを考えている釜山工場は、未来永劫の繁栄は考えられないのです。
特に外資系の工場では、本国での生産よりも価値があるとアピールしなければ、わざわざ国外に拠点を作る必要はなく、原則本国の生産に切り替えるのです。
ルノーグループ本社は、釜山工場の決定的欠点は「工場製造原価」が他地域の工場から比べて圧倒的に劣っている事が最大の要因だと発言しています。
製造原価とは、その製品が出来るまでに必要な「材料費」「土地代」「建物」「工作機械」「人件費」などの経費を積み上げていき、品質テストに合格し出荷した台数で決まります。
当然、ストライキを連発するぐらいですから、高賃金による人件費の圧迫は主要因です。
しかし、ルノーグループ本社の発言を深読みすると、低品質な車両を何台も作っても、出荷品質になっていなれば、出荷できずにその車両は鉄くず同然で、その結果、高コスト構造の一因となるのです。
原価改善活動は、単純に人件費を抑制するだけではなく、不良率を下げ、より短い時間で製造出来るように、工場が自立的に改善していくのです。
それが、工場の存在意義と直結するのです。
ルノーグループ本社は、更に踏み込んだ発言をしています。
ルノーサムスンのストライキを座視しないということは大変重い発言です。
具体的に車種名も出して指示をしているという事は、撤退へ向けてカウントダウンを始めたことを意味していると思われます。
そもそも、韓国国内での販売台数はそれほど多くはありませんので、ルノーが韓国で生産する理由の一つは「アジア圏の高品質で低コストの生産体制」を狙った物です。
東アジアの中でも「メイドインジャパン」は確固たる地位がゆるぎませんが、ルノーは「メイドインコリア」も同品質同コストで生産できると思ったのです。
しかし、同じ東アジアでも雲泥の差がある両国の価値に気づいたルノーは、即時撤退したいのが本音ではないでしょうか。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

労組暴走に諦め、痛い目を見ろ!

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…「韓国は衰退しつつある、企業が韓国に残っている理由はない」「労働組合が外資系企業を追い出す」「仕事は嫌いで、お金だけを叫ぶ民主労総のせいで工場の価値は下落した」などと、労働組合の私利私欲に満ちた状況に悲観したコメントが目立ちます。
労使が共存共栄になるなどと思っている人は皆無なのでしょう。
「会社は潰れてしまえ、労組の奴らは一度飢えてみないと分からない」といったように、もう労働貴族の暴走は手遅れで、一度痛い目をみないとというコメントも目立ちます。
失ってみないと会社や工場の大切さには気づけないとは、情けないですね。
それぐらいの思考しか出来ないので、諦めているとも取れますね。
自国企業と外資系企業の調和が大切なのに、外資系企業ばかり撤退するとバランスが崩れて、今度こそ韓国発の経済危機が生まれるのも時間の問題だと思います。

報道 探
報道 探

小さな改善の積み重ねが高品質低コストを生み出します。
日本企業は弛まぬ努力を永続的に続けて、国際競争力を維持し続けています。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました