WTO事務総長選挙で韓国が土壇場で逆転?!米国バイデン政権の対中国姿勢に賭ける!韓国人「米国の操り人形になるの?」【世界情勢】

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

『WTO事務総長選挙で韓国逆転?バイデン政権の対中国姿勢に賭ける』

空席となっている世界貿易機関WTO事務総長は、ナイジェリア候補に決定と言われていましたが、韓国から立候補した通商交渉本部長のユ氏は、まだ諦めていないとの報道がされました。
他国との外交は円満といい難い韓国ですが、世界の貿易をまとめあげようと躍起になっています。

柳明熙WTO事務総長、土壇場で逆転か米バイデンの選択は


次期WTO事務総長に挑戦状を出したユ·ミョンヒ通商交渉本部長の運命は、バイデン米政府の手にかかっている。
バイデン政府発足後も米中貿易葛藤の解決策が見えないなど、依然として不確実な国際外交環境を考慮すれば、ユ本部長にも最後の希望があるという分析も出ている。
29日(現地時間)、ロイター通信は、米国が次期WTO事務総長に誰を選ぶか積極的に検討していると報じた。
デービッド·ビスビー駐ジュネーブ米国代表部次席大使はこの日、オンラインで行われた非公式WTO閣僚会議で「米国が他の加盟国とともにWTO改革に建設的に参加する」と明らかにした。
彼は「米国はこれらすべての難問に関与する準備ができている」と述べた。
WTO事務総長は、ブラジル出身のホベルト·アゼベドゥ前事務総長が昨年8月、急に辞任して以来、現在まで空席だ。
WTOは、事務総長を164の加盟国のコンセンサス(意見一致)を通じて推戴する。
昨年、WTO事務総長選挙の最終ラウンドに進出したユ本部長は、同年10月28日に開かれたWTO主要大使グループ好感度調査得票で、ライバル候補のオコンジョイ·ウェアラ·ナイジェリア候補にリードされた。
その後、WTO加盟国は、特別一般理事会会議でオコンジョイ·ウェアラ候補を次期首長に推戴しようとしたが、トランプ米政府がユ本部長を支持し、コンセンサスがなされなかった。
当時、外信は「トランプ政権がWTOで中国の影響力が大きくなることを防ぐため、ユ候補支持を宣言した」と解釈した。

中国の政策で恩恵を受ける国であるナイジェリア出身候補に対する反感が大きいということだ。
バイデン政府発足後も、中国牽制基調が続いているという点を考慮すれば、ユ本部長に対する支持を撤回しない可能性が高いと分析される。
実際にトニー·ブリンケン米国務長官は19日、上院承認聴聞会で「トランプ大統領が中国に強硬なアプローチを選んだのは正しかった」と明らかにするなど、バイデン政権も対中強硬姿勢を維持している。
にもかかわらず、多国間主義体制への復帰を明らかにしたバイデン政府が、従来の立場を変え、オコンジョイ·ウェアラ候補を支持する可能性は依然として残っている。
これと関連し、ノーベル経済学賞受賞者で世界銀行総裁を務めたジョセフ·スティグリッツ米コロンビア大学教授は「米国が次期WTO事務総長としてオコンジョイ·ウェアラ候補を支持しなければならない」と公開的に明らかにした。
スティグリッツ教授はバイデン大統領あてに送った書簡を通じて「(オコンジョイ·ウェアラ候補が)多くの米国人が世界貿易に抱く懸念に十分注意できる指導者であり、WTOの改革を主導できる人物」と主張した。
通商専門家らは、バイデン政府が次期WTO事務総長をめぐり、近いうちにEU·韓国·日本などと立場を調整すると予想した。
このため、ユ本部長の去就も米国の決定によって整理される見通しだ。
ある通商専門家は「一般的に考えてみると、米国が支持候補検討の立場を出したということは既存支持意思を撤回することもあり得るという意味」とし「ただ中国との葛藤が依然としてあるという点でユ本部長が最後の機会をつかむこともできる」と述べた。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

久しぶりに上がった話題ですが、WTOの事務総長の座をまだ諦めていないようですが、そもそも、公平な采配が必要とされるWTO事務総長が、ユ氏に務まるでしょうか?韓国代表ということですから、仮にユ氏が事務総長になった場合、最初の発言を見ても、方針や言動などは韓国寄りのものになると思われます。
また、記事の内容を見ても、バイデン政権に変わったことによる希望的観測なだけで、現状もうひとりの候補である、オコンジョイ·ウェアラ氏がほぼ確定の状況だと思います。
ユ氏が選ばれたとしても、韓国にとっては責任が重大すぎるのではないでしょうか。
米中ともに関係を重視したい韓国にとっては、万が一ユ氏がWTO事務総長に選ばれた場合、米中の板挟み状況におかれる可能性もあるでしょう。
それでは、もうひとりの候補である、ナイジェリア代表のオコンジョイ氏ですが、近年ナイジェリアが中国から経済などで恩恵を受けている点から、こちらが当選したとしても複雑なことになりそうです。
米国が韓国のユ氏を支持する背景には対中思考があることは明白です。
世界貿易機関には、米中共に参加してますから、この2人の候補のうち、どちらが選ばれるかで、今後、米中どちらが世界の貿易で影響力を強めるかということに直結しそうです。
すでにオコンジョイ氏が多数決で有利な状況になっており、通例でいくなら、この時点で韓国側は辞退してオコンジョイ氏が当選となるのですが、韓国は諦め切れずに辞退をせずに食い下がっているのです。
このしつこさの裏側には、中国牽制のために米国が動く事を期待しているのもあると思います。
事実上、ほぼオコンジョイ氏の当選が決まっているとはいえ、満場一致が条件とされる世界貿易機関の事務総長選で、米国が同意しない限り新総長が誕生することはないですからね。
しかしそれだと、文字通りユ氏は「米国に操られ」て選挙を戦っているわけですが、そうなってくると、当選できたとしても韓国の思惑通りの仕事は出来ないと思いますがね。
ですが、米国の影響力は中国の台頭により、かなり圧力を受けているのが見えてきます。
今回も米国にとって「中国寄り」の流れになりそうなのは頭が痛い所だと思います。
世界中で中国に対する警戒心が高まっているのは事実ですが、米国と相性があまりよくない新興国等では、中国の影響は圧倒的です。
これからの世界を中国抜きで語ることは当分は無理でしょうから、韓国が期待しているような、米国のごり押し支援はあるかもしれませんね。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

韓国は操り人形?この選挙の意味は…

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…韓国では「中国に振り回されるのはこりごり」「ユ氏は頑張って欲しい」「これはただ単に韓国が米国の傀儡人形だということを世界に示してるだけじゃないの?」など、ユ氏を支持する声もある一方で、米国に操られている姿を批判的に見る声もありました。
実際当選したとしても今の韓国が世界の貿易を率先する姿は、少なくとも私たち日本にとっては全く想像できないですからね。
これに対し日本では「ユ氏の当選で韓国が中国と世界の板挟みになることは目に見えてる」「多数決ですでにオコンジョイ氏に決まってるんじゃなかったっけ?」「ありえないだろうけど、当選しても米国に首輪をつけられるだけ」などの意見がありました。
韓国的には、こういった機関で権力をもって自国に有利な状況を作りたいのでしょうが、ただ、大国に振り回されているだけにしかならないと皆感じているようです。
米国のバックアップを受けながらの中国との関係を、韓国はどう見ているんでしょうね?

報道 探
報道 探

もはや、この争いは、韓国代表の選挙ではなく、ただの米中間の争いでしかありませんね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました