韓国最大の外資企業GM撤退の危機!韓国製バッテリーの炎上で、またもや電気自動車リコール…韓国人「LG産だと言え!」【世界情勢】

韓国最大の外資企業GM撤退の危機!韓国製バッテリーの炎上で、またもや電気自動車リコール…韓国人「LG産だと言え!」【世界情勢】
GMは火災の原因になるという理由で、韓国LG産バッテリーを装着した電気車のリコールを決めました。 以前にもサムスンのスマホバッテリーが爆発するなど、やたらと韓国製品は炎上しています。 その背景には技術力の欠如が挙げられますが、当の韓国が意識していないので話になりません。 ■チャプター 00:00 オープニング 0...

『最大の外資企業GM撤退の危機!原因は韓国製バッテリーの炎上』

GMは火災の原因になるという理由で、韓国LG産バッテリーを装着した電気車のリコールを決めました。
以前にもサムスンのスマホバッテリーが爆発するなど、やたらと韓国製品は炎上しています。
その背景には技術力の欠如が挙げられますが、当の韓国が意識していないので話になりません。

GM、韓国製バッテリー搭載電気自動車6万9千台リコール「火災の危険」


米自動車会社のゼネラルモーターズ(GM)が火災発生の危険を理由に、韓国産バッテリーを装着した電気車をリコールすることにしたとロイター通信などが13日報道した。
リコール対象は2017-2019年に生産されたシボレーの電気自動車ボルトで、LG化学のバッテリーが入ったモデル約6万8千600台だ。
このうち、米国内での販売分は5万900台あまりだ。
ボルトEVに取り付けられた高電圧バッテリーは、LG化学梧倉(オチャン)工場で生産されたものだとロイターは伝えた。
米道路交通安全局(NHTSA)は先月、この電気自動車の後部座席の下部から駐車中に火災が発生した3件に対する調査に着手した。
NHTSAは、シボレー・ボルト所有者に対し、火災発生問題が解決するまで自宅から遠く離れた屋外に駐車することを勧告した。

GMは、この自動車のバッテリーが100%充電されていたり、充電量が100%に近い場合に火災が発生する危険があると発表した。
GMは、正確な火災発生の原因が究明されるまで、ボルトのEVバッテリーの充電量を90%に制限することにした。
バッテリーの充電量を制限するソフトウェアのアップデートは、来週から各代理店で実施される予定だ。
GMのボルトEV総括エンジニアのジェシー・オルテガは、「リコールされた全ての車に問題があるとは思わないが、予防のために充電量を制限した」とメディアに説明した。
他社の電気自動車も火災発生の危険に直面しているとロイターは伝えた。
これに先立ちBMW、フォード、現代車の一部の電気車モデルに対しても火災の危険性を理由にリコールが実施されている。
フォードとBMWのリコール対象車に搭載されたバッテリーメーカーは三星SDIだ。

【これに対する私の見解】

レッサーパンダ
ポッチ―


それでは 記事を読んだ僕の感想ですが現代車などでも火災が原因で大規模なリコール問題になっていましたが、これは、LG産バッテリーに問題があるのがほぼ確定のようですね。
今度はGMの車でも火災が起きて大規模リコールとなりました。
韓国製バッテリーの事故といったら、2016年サムスンのギャラクシー7が印象深いです。
その時はギャラクシー7が飛行機に持ち込み禁止になるなど大きな騒ぎになりましたが、サムスンは何とスマホから煙が出ている動画をアップロードした人に対して、「動画を非公開にしてくれれば新しい端末と現金900ドルを渡す」と当初隠蔽の方向に走りました。
その時は隠蔽の事実も報じられサムスンのイメージは地に落ちましたが、今回はこの時の経験を反面教師としていたのか、さすがに隠蔽には走りませんでした。
まあ、そもそも隠蔽するというのがありえない行為なので自慢することではありません。
しかし、こんな頻度で爆発事故を起こしているあたり、韓国はバッテリーの製造に大きな難点を抱えているとしか思えません。


ただでさえ韓国GMは現在、労働組合の問題などがあって撤退を囁かれています。
韓国は労働組合の力が非常に強く、GMなど自動車産業はその最たる例です。
10月に行われた交渉で労働組合は、感染症の影響などでGMが赤字なのにもかかわらず、自分達の主張だけを押し出して、賃金アップやボーナスの支給を要求しました。
言うまでもなく他国の労働組合は、自分が務める会社が行き詰まったらもちろん自分が路頭に迷うことを理解しているので、赤字の時は自身の賃金カットさえ同意することがあり、このような無茶な労使交渉はしません。
この要求が通らないとなると、労組はストライキに走り、生産の損失は5000台にも上りました。
あまりにも自分勝手な労組に流石の経営陣も嫌気がさし、工場への投資計画を保留にして対抗するなどもはや損切の領域に入っています。
このようにGMが撤退する材料は既に揃っており、今回の件が決定的な撤退のトリガーになる可能性は高いです。


そもそも韓国の技術力にはすでに赤信号が点灯しており、発展途上国と完全に見下していたインドネシアから、潜水艦や戦闘機などの性能について「製品に対する信頼度が大きく落ち、失望している」と、ダメ出しを食らっています。
インドネシアと韓国が共同で開発していた戦闘機、KF-Xは2026年の完成を予定していますが、インドネシアは対艦ミサイル、巡航ミサイル、対レーダーミサイルが完成段階で統合されておらず、そもそも2026年に完成する保証もないと言って見切りをつけています。
潜水艦についても、ドイツ製潜水艦は90日間の潜航が可能ですが、韓国の大宇造船海洋から技術移転されたものは30日間の潜航しかできないと落胆しています。
いずれにしても、今回の件は最悪の場合、韓国の最大外資企業であるGMの撤退を招く事態で、LGの影響力低下だけでなく、更なる経済の悪化が考えられます。

■この記事に対する反響

ポッチ―
ポッチ―

それでは、この記事に対する反響なのですが…まず、驚いてしまったのが、割合としては多くは無いのですが、「これはGMの充電設定が原因じゃないか、LGバッテリーの問題のように書くな」「GMは言葉遊びするつもりか?どちらに問題があるかは調べてみないと分からないぞ」というように、悪いのはGMで、LGは悪くないといった声が上がっています。
最近の現代自動車のリコールの件などは、どう考えているのでしょうか?このように、韓国の技術力は世界一と思いこんでいる層がまだいるのに驚きです。
こういった一部妄信的な層の声は置いておき、流石にここまで問題が頻発したことで、LGに対する信頼は完全に地に落ちたようで「韓国産じゃなくてLG産だ」「私はLGのは絶対に使わない」といった声が噴出しています。
この事態について、日本からは「なんとか責任転嫁しようとしてる」「明らかにバッテリー単体で制御ができてない」「パクってばかりで何も成長していない」「韓国のバッテリーが時限式発火装置なのは世界的に有名な事です」といったように、韓国の技術力のなさを指摘する声が上がっています。
こんな調子では、RCEPでいくら貿易がしやすくなっても、誰も韓国製品を買ってくれないでしょう。

ポッチ―
ポッチ―

根本的な問題を解決しない限り、韓国から外資の撤退は止まらず、経済の復活など望むべくもないですね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

#世界経済#韓国経済【教えて経済HP】ニュース
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました