韓国は後回し!駐韓日本大使しばらく空席…日本が優先するのは米国だ【世界情勢】

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

『駐韓日本大使しばらく空席…日本が優先するのは米国だ』

25日、日本政府は閣議で冨田駐韓大使を駐米大使に起用する人事案を決定したと発表しました。
そして、駐韓大使の後任には相星孝一駐イスラエル大使を起用する方針だと言うことですが、まだ、正式に決定された訳ではありません。

駐韓日本大使、しばらく空席


冨田浩司駐韓日本大使が駐米大使の発令を受け、駐韓日本大使の席が空席になった。
後任に内定した相星孝一駐イスラエル大使の駐韓大使辞令が出ていない結果だ。
NHKなど日本のメディアは25日、日本政府が閣議で冨田駐韓大使を駐米大使に転補する人事案を同日付で決定した、と伝えた。
そして、後任には相星大使を起用する方針だと報じた。
昨年10月に赴任した冨田大使は、1年2ヵ月でバイデン米新政権と呼吸を合わせるため、ポストを移動することになった。
冨田大使はバラク・オバマ政権時代に駐米大使館公使と外務省北米局長を務めた “米国通” で、すぐに発足するバイデン政権との関係強化を期待した人物だと日本メディアは説明した。
冨田大使の後任に相星大使が内定したという事実は、7日、日本メディアを通じて伝えられている。
鹿児島県出身で東京大学教養学部を卒業した相星大使は、駐韓日本大使館で1等書記官(1999年)、参事官(2000年)、公使(2006年)を務めるなど、2度に渡り約4年2ヵ月間、韓国で勤務した。
韓国語が流暢で、韓国に対する関心も高いとされ、冷え込んだ韓日関係に肯定的なシグナルとして受け止められた。

予想とは違い同日、相星大使の駐韓大使辞令が出されず、駐韓日本大使の席はしばらく空席となった。
前日の25日の閣議では、冨田大使の挨拶と相星大使の挨拶もあると確信するムードだったが、どのような理由で決定が保留になったのかは、確認されなかった。
日本政府消息筋はこの日、相星大使の発令が出ない理由について「まだ時期ではない」とだけ述べた。
これに先立ち、日本側ではカン・チャンイル共に民主党元議員が次期駐日韓国大使に内定すると、自民党強硬派を中心に強く反発したという。
これに対し、カン氏のアグレマン(外交使節に対する事前同意)をめぐって異常気流が感知されているという一部報道もあったが、青瓦台は「事実無根」と対応した。
現在のところ、両国とも相手国が申請した新任大使内定者のアグレマンをめぐる大きな問題はないと伝えられている。
しかし、駐韓日本大使の空席期間が長引いたり、カン氏の駐日大使赴任が遅れたりするなら、ただでさえ良くない韓日関係に影響を及ぼす可能性がある。

【これに対する私の見解】

レッサーパンダ
ポッチ―


それでは 記事を読んだ僕の感想ですが日本政府が冨田駐韓大使を駐米大使に起用する人事案の背景として考えられることは、言うまでもなく、バイデン政権発足に対する新しいシフトを早く敷くためです。
冨田駐韓大使はオバマ政権時代に駐米大使館公使と外務省北米局長を務めた米国通であり、バイデン大統領候補とも面識があると言われています。
つまり、現在、冨田駐韓大使はバイデン大統領候補に最も近い日本の外交官の一人と言えますから、バイデン大統領候補に対する新しいシフトを早く敷くために菅政権が仕掛けた人事案なのです。
日本にとって最も重要な同盟国である米国との、新政権同士のコーディネート役としては、冨田大使という最も相応しい外交官を政府は選んだと言えます。


韓国が日本にとって、米国よりも重要ではないのは確かで、今回の人事案でしばらく駐韓大使の着任が遅れるのは仕方がないことです。
そもそも、一般的な大使館の仕事としては相手国政府との話し合いや連絡・交渉、政治・経済などの情報収集・開発協力・文化交流・広報活動・ビザの発給・現地日本人保護等があります。
この中でトップの特命全権大使の役割としては、相手国政府との話し合いや連絡・交渉、政治・経済などの情報収集が上げられます。
しかしながら、19世紀であれば現地でしかできなかった相手国政府とのやり取りも、現在の様なネット社会では必ずしも現地にいる必要はありません。
つまり、現在の様に152ヵ国の日本大使館に必ずしも大使が常駐する必要はないと言え、特に、重要な20~30ヵ国に大使が常駐すれば良い様な気がします。


その重要な20~30ヵ国の中に韓国が入るかどうかは解りませんが、いずれにしても、日本にとって現在の韓国・文政権の価値が下がっていることは間違いありません。
現在、日本と韓国の間には元応募工問題や公娼問題など古くて新しい問題が横たわり、事実上、トップ同士の首脳外交はストップした状態です。
特に、日本政府から見れば国際法違反を犯しているのは韓国政府という立場で、ボールを持っているのは韓国政府という立場ですから、駐韓大使が不在でも不都合はないのです。
只、次期駐韓大使に内定している相星大使は駐韓日本大使館で過去に約4年2ヵ月間、韓国で勤務し韓国語も流暢で韓国に対する関心も高い人物です。
従って、次期駐韓大使としては肯定的なシグナルとして日本のメディアは受け止めているようです。

■この記事に対する反響

ポッチ―
ポッチ―

それでは、この記事に対する反響なのですが…「これを機に米国大使ハリスも韓国を去れ」「韓国国民に必要のないニュースだ」「なんだ?日本はやっと国交を断絶する気になったのか、このまま断絶できるといいですね」といったように、別に日本が韓国を後回しにしても気にしないといった声が出ています。
ここまで来ると、まともな国交も望めそうにないので、本当に断行してもいいと思うのですがね。
一方で駐日韓国大使の交代も既に発表されています。
前韓日議連会長のカン・チャンイル氏が内定しましたが正式な着任はしていません。
カン氏は東大で東洋史学を学び、議連の活動などを通じ日本の政界にも人脈がある人物ですが、日本国内では過去に度々、反日的な発言を繰り返していることを問題視する動きもあります。
今のところ過去の反日的な発言を修正するなど着任の地ならしをしている様ですが、文大統領に勝るとも劣らない有言不実行型の政治家と言えます。

ポッチ―
ポッチ―

果たして、今後、文大統領は日本との関係を良くしたいのか悪くしたいのか、相変わらず意味不明の人事が繰り返されています。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

#世界経済#韓国経済【教えて経済HP】ニュース
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました