日本の専守防衛は嘘!?日本の軍備増強は韓国を狙っていると被害妄想爆発!【世界情勢】

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

『日本の専守防衛は嘘日本は韓国を狙っている!』

本来、日米韓は同盟国であるのにも関わらず、自衛隊が軍備を増強すると対抗心を燃やしてくる韓国、今回も例外ではなく、韓国メディアがこぞって日本の軍事力について書き立てているようです。
すり寄ってはいるものの、やはり内心では日本を「敵国」とみなしているのが透けて見えてきます。

日本の敵基地攻撃、可能になるか?


日本政府が新型イージス艦2隻を新たに製造し、北朝鮮まで打撃可能な長射程巡航ミサイルの開発を推進することを決めた。
日本政府は18日の閣議でこのような内容を決定した。
菅義偉政府が「敵基地攻撃能力」保有を明文化しなかったが、内容的に可能になるだけに議論が広がるとみられる。
日本防衛省は現在、射程距離150キロから200キロほどの12式地対艦誘導弾の射程を5年にわたり1千キロに増やし、レーダー網を避けることができるステルス性能も付与する計画だ。
この改良された長射程ミサイルは陸上と艦艇、航空機からも発射できるとNHK放送が報じた。
日本製長距離巡航ミサイルの開発を推進するのは、今回が初めて。
射程距離が1千キロになれば、日本で北朝鮮に打撃を与えることができるレベルであり、発射位置によっては中国まで到達できるという見通しも出ている。
巡航ミサイルの開発のために335億円(2491億ウォン)を投じることを決めた。
<読売新聞>は「将来、敵のミサイル基地などを攻撃するのに活用することが可能だ」と分析した。
日本はまた離島を防御するという名目で、F-15戦闘機に搭載する長距離空対地ミサイル「JASSM」(射程距離約900キロ)を米国から導入する案を推進している。

こうした日本の動きは「専守防衛」の原則に反するとの批判を受けている。
日本憲法9条は、紛争解決の手段として戦争を放棄し、戦力を保有しないと規定している。
ただ、武力攻撃を受けた時だけ防衛力行使が可能だという「専守防衛」の原則が維持されている。
安住淳·立憲民主党国対委員長は記者団に対し「事実上敵基地攻撃が可能になり、専守防衛から逸脱すること」とし「国会でまともに論議もしなかった」と反発した。
加藤勝信官房長官はこの日の定例ブリーフィングで「12式地対艦誘導弾の能力向上は自衛隊の安全を確保しながら相手の脅威圏から対処する日本のスタンドオフ防衛能力を強化する次元」とし「いわゆる敵基地攻撃目的ではない」と述べた。
一方、日本政府は地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス·アショア」配置計画を中断したことによる代案として新型イージス艦2隻を新たに建造することにした。
新たに作るイージス艦を「イージスシステム搭載艦」と命名し、運用主体を海上自衛隊に明記した。
新型イージス艦の付加機能と設計上の特徴など詳細は追って検討することにした。

【これに対する私の見解】

レッサーパンダ
ポッチ―


それでは 記事を読んだ僕の感想ですがといったように、韓国メディアが自衛隊の設備や軍備の強化に過剰反応するのは最早恒例行事となっていますが、今回も顔を真っ赤にして日本の軍備増強に反応しています。
今年の7月にも、中央日報は「北を言い訳に隠していた爪を出す日本」と日本の空母配備を猛烈批判。
日本が軽空母とともに攻撃型武器を用意していることを、「日本国憲法にも反する」と日本国民でもない韓国人が批判しているのですからこんなにおかしなことはありません。
日本国民が自国の憲法の解釈を巡り、批判をすることは国民として当然の権利ですが韓国人に何の関係があるというのでしょうか?


今回も韓国メディアや韓国政府は「日本は中国と北の脅威を口実に、また軍備を増強した」と騒いでいますが、本来、日米韓は同盟国であり、戦略上の敵国は北である以上日本の軍備が強化されることは、安心材料のはずなのです。
それにも関わらず、過剰に反応するところを見ると、最近の韓国は北と中国と同盟意識を持っていることを実感せざるを得ません。
一方では文政権以降、韓国は財政難にも関わらず、国防費を増やし続けています。
韓国の来年度の国防予算は52兆8401億ウォンで、前年比で5.4%も増加。
ワクチンや失業者への対応は出し渋ったのにも関わらず、この状況でまだ国防を重視しているのです。
特筆すべきは最近の韓国軍が、空母の導入に躍起になっている点でしょう。
その理由というのも、竹島の領有権主張のためには、日本が空母戦団を持つのなら韓国も持たなければ、竹島が奪われる、という論理のようなのですが、これもまたとんでもない話です。
日本は韓国を敵国と仮定して空母を持つなど一言も言っていませんし、竹島の領有権主張のためのカードにしたこともありません。


あくまで、国と国の対話でこの問題を解決する姿勢であるのにも関わらず、韓国側は「実力行使」「武力行使」もいとわないという態度をとっていることのあらわれです。
日米韓は軍事同盟があるにも関わらず、日本の空母導入に対抗し、また米国に対しても、作戦統制権移管を強く要求し、移管の条件を満たすために必要な能力を、早期に確保することに執念を燃やしています。
日米韓軍事同盟のレールから外れて行く韓国はどこへ向かうのか?韓国など相手にしていない日本に必死にファイティングポーズを取り、北から一方的な蛮行を行なわれても、言い返せない今の文政権の姿が、その行く末を物語っているといってもいいかもしれません。

■この記事に対する反響

ポッチ―
ポッチ―

それでは、この記事に対する反響なのですが…「日本は日増しに強い軍隊を作り、戦争可能国として進んでいる」「果して狙いは何処だろうか?」このように、韓国国内からは日本の軍事力の強化に対し、危機感を感じる声がある一方で「日本が北へのブレーキとなってくれる恩恵も大きい、日本に頼るのが正解だ」など、文政権以降の韓国の異常なまでの国防費の上昇と、北と中国に対する弱腰姿勢から本来の同盟国である日本の軍事増強は歓迎すべきだという声も見られます。
ですが、やはりそうした声は少数派で、ほとんどが韓国を攻撃されるのではないかと恐れを感じているコメントが多くなっています。
先進国であり、国際的な地位も立場もある日本が、北のように突然暴力的な行為や軍事挑発行為に及ぶというのは、まず起こることはないのにも関わらず北から国民に手を出されておきながら、ここまで日本を仮想敵国として信じて疑わない韓国国民の情報リテラシーの低さには驚かされます。
南北統一に取り憑かれ国防の本来の目的を忘れている文政権ですが、その政権を大勝させた韓国国民もまた、認識が現実と乖離してきているようです。

ポッチ―
ポッチ―

日本が韓国を侵略するメリットは
何一つないのにも関わらず、
日本の軍備増強に怯えるなんて
おかしな国ですね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

#世界経済#韓国経済【教えて経済HP】ニュース
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました