文大統領に後は無し!支持率が遂に歴代最低値に下落し与野党支持率も逆転…韓国人「文政権の支持率は10%台だ」【世界情勢】

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

『文大統領支持率が歴代最低値与野党支持率も逆転…』

ここ最近、全くと言っていいほど明るい話題が無い文政権ですが、それは支持率にも反映されていました。
リアルメーターの最新世論調査によりますと、文大統領の支持率が就任以来最低の37.4%となり、いよいよ国民とのズレが修復不可能なレベルに入ってきたのではないでしょうか?

文大統領37.4% – 民主党29.7% 共に最低値


YTNの依頼でリアルメーターが11月30日から12月4日までに実施した12月1週目の週間世論調査によると、文在寅大統領の国政遂行に対する肯定的評価が、先週から6.4%下落した37.4%と集計され、歴代最低値を記録した。
リアルメーターの週間集計で文大統領国政遂行肯定評価が40%ラインを下回ったのは今回が初めてだ。
チョ・グク事態の時の2019年10月2週目に記録した最低値を更新した。
共に民主党の支持率も、先週より4.4%下がった29.7%を記録し、文政府発足後、リアルメーター週間集計で最低値を記録した。
先週比3.4%の上昇で31.3%の支持率を得た国民の力に逆転まで許した。
リアルメーターが7日発表した世論調査を見ると、文大統領の国政遂行評価は「肯定的評価」が37.4%(非常に良い20.9%、良い16.6%)、「否定的評価」が57.4%(間違っている14.0% – 非常に間違っている43.4%)と集計された。
「否定的評価」は、先週から5.2%上昇した。
文大統領国政遂行評価は、開かれた民主党と国民の党支持層を除くすべての地域・世代・政党支持層・職業層で否定評価が上昇した。
与党の支持率も苦戦している。
共に民主党の支持率は40代を除くすべての地域・世代・政党支持層・職業層で下落したことが分かった。

一方、国民の力の支持率は20代と学生層を除くすべての層で上昇した。
最終的に、国民の力31.3%、民主党29.7%で誤差の範囲内で逆転現象が起きた(先週、民主党34.1%、国民の力27.9%)強固な文大統領国政遂行肯定評価40%ラインと民主党支持率30%ラインが同時に崩壊したものである。
先週に渡って政局を埋め尽くしたチュ・ミエ法務部長官とユン・ソギョル検察総長間の葛藤が影響を及ぼしたものと解釈される。
ただし、首都圏の民主党議員は「オーマイニュース」に対し「党の支持率が30%未満に下がったのは中道層を越えて、既存の支持層まで離脱したため」とし「単にチュ・ユン葛藤だけでなく、民主党が重大災害企業処罰法など、各種社会経済改革立法で右往左往する姿を見せたことに対して支持層が失望したのだと思う」と指摘した。
一方、頂点に駆け上がっているチュ・ユン葛藤の解決に国民の10人中4人以上が「チュ長官だけ辞退しなければならない」と回答したことが分かった。
リアルメーターの調査によると、「チュ長官だけ辞退しなければならない」という世論が44.3%で最も高く、「ユン総長だけ辞退しなければならない」との回答は30.8%で続いた。
続いて「どちらも辞退しなければならない」が12.2%、「どちらも辞退する必要がない」が5.4%であった。
「よく分からない」は7.3%だった。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

韓国の2大世論調査会社「韓国ギャラップ」と「リアルメータ」が行った直近の世論調査で、文大統領の支持率が40%を割り込み就任以来最低の30%台にまで落ち込みました。
そして、もっと深刻なのが、共に民主党の支持率も29.7%を記録し、これは政権発足後の最低値となり、支持率で野党国民の力に逆転を許したことです。
つまり、これまで岩盤支持層と言われ強固だった文大統領の国政遂行肯定評価40%ラインと、与党共に民主党の支持率30%ラインが同時に崩壊した訳です。
夏以降に文大統領の支持率が下降トレンド入りしたのは度重なる失政によるもので、特に、不景気の中での不動産市場の高騰が庶民の怒りを買いましたが、公務員や労働組合員や若者層の岩盤支持層が離れることはありませんでした。
ところが、それらに加えて、北による蛮行に対する理解不能な対応や、最近ではチュ・ミエ法務部長官とユン・ソギョル検察総長間のバトルが、文大統領の支持率の足を大きく引っ張りました。
もともと、両者のバトルは月城(ウォルソン)原子力発電所1号機の経済性評価ねつ造問題が切っ掛けです。
文大統領は原発削減政策を取っていますので、老朽化した月城原発1号機を廃炉にしたい訳ですが、その経済性評価をねつ造してまで廃炉を強行しようとしました。
そのねつ造疑惑を根掘り葉掘り捜査しようとしたのがユン検察総長で、文大統領を守りたいチュ長官は、ユン検察総長をクビにしようと画策しています。
この争いには、文政権が任期後の安全を確保する為に起こした検察改革の側面があり、チュ長官自身も、息子の兵役中の特別扱いなど、国民からの批判が大きかったのですが、この件が影響して今回の文大統領の支持率底割れが起こったことで、ユン検察総長をクビにしようと画策したことに対し、国民が「ノー」を突き付けたという事なのです。
事態を重く見た文大統領は7日、青瓦台で開かれた首席秘書官・補佐官会議で、チュ長官とユン検察総長の激しい対立が続いていることについて、「政局の混乱で国民に心配をかけ、大統領として大変恐縮している」と国民に謝罪しました。
只、謝罪しただけで今後についての具体的な言及はなく、中途半端な印象だけが残ります。
そもそも、この二人を任命したのは文大統領ですが、過半数の国民はユン検察総長を支持しており、チュ長官の更迭を望んでいる筈です。
文大統領は2019年6月に検察改革を期待してユン検察総長を任命しましたが、その時に「大統領府でも政権与党でも権力に不正があれば厳正に捜査せよ」と訓示しています。
つまり、ユン検察総長は粛々と職務を遂行しているだけということを国民は知っており、それを止めようとする文政権は、自分に都合の良い検察を作ろうしているのがバレバレなのです。
そう考えると、ここまで外交・経済・社会で何1つ成果を上げられていない文大統領ですが、ユン氏を検察総長に任命したことは、国家と国民に対する最大の功績なのかもしれません。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

着実に支持率を下げ、ろうそくの火が近づく

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…「実際の支持率は10%台だ」「いまだに民主党を支持する者がいるというのが不思議だ」「私は文在寅に投票したが、今は文在寅の名前を聞くだけで怒りがこみ上げてくる」といったように、完全に国民の心は離れているようで、ろうそくが近づいているのが分ります。
この世論調査も、かなりの偏向が入っていると思われますし、まだまだ下がる余地はあるでしょう。
この流れを見ていると、これまでの大統領と全く同じ流れを辿ることになりそうですね。
ノ・ムヒョン元大統領は不動産政策の失敗などもあって、末期の支持率は27%まで落ちていました。
イ・ミョンバク元大統領は、任期後半に実兄や側近らが収賄容疑で拘束され、本人にも背任容疑がかかり末期の支持率は24%でした。
そして、パク・クネ前大統領の末期は12%まで支持率は下落しています。
つまり、残りの実質的な任期が1年余りとなった文大統領も人気挽回のための策を講じない限り、今後、政権のレームダック化は避けられず、支持率は20%台突入も有りえます。
そうなった時の為の検察改革が、自身を追い詰めているのがなんとも言えませんね。

報道 探
報道 探

ちなみに、2022年の次期大統領選挙で政権交代を望む人は52%に達しています。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました