お笑い韓国軍再び!文政権の目論見吹っ飛ばす韓国製ミサイル大暴走!外賓の前で赤っ恥…【世界情勢】

お笑い韓国軍再び!文政権の目論見吹っ飛ばす韓国製ミサイル大暴走!外賓の前で赤っ恥…【世界情勢】
任期中に戦作権を移管しようと目論んでいた文政権ですが、 またもや頼りない韓国軍の実態が明らかになり、米国からは失笑されています。 お笑い韓国軍の再登場に、韓国国内からは失望と不安の声があがっているようです。 ■チャプター 00:00 オープニング 00:51 東亜日報より 海外貴賓を見ているのに…。対戦車兵器「玄...

『お笑い韓国軍再び韓国製ミサイル大暴走』

任期中に戦作権を移管しようと目論んでいた文政権ですが、またもや頼りない韓国軍の実態が明らかになり、米国からは失笑されています。
お笑い韓国軍の再登場に、韓国国内からは失望と不安の声があがっているようです。

海外貴賓を見ているのに…。対戦車兵器「玄宮」、暴発恥さらし


外国の貴賓が参観する射撃訓練途中、国産対戦車誘導武器「玄宮(ヒョングン)」1発が、標的から1.5キロ離れた民家近くの水田に落下する事故が起きた。
対戦車火器、迫撃砲など韓国軍の主力兵器訓練過程で発生した事故は今年だけで3回目だ。
特に武器導入のために訪韓した外国の貴賓が見守る席で起こった危険千万な事故に「国際的な恥」という指摘が相次いでいる。
19日、軍関係者によると、同日午前10時10分頃、京畿道楊平郡(キョンギド・ヤンピョングン)の射撃場で、某部隊員たちが対戦車火器射撃訓練をしている中、玄宮から発射された誘導弾1発が標的を外れた。
誘導弾は訓練場から1.5キロ離れた水田に落下して爆発した。
ただ、同日大雨が降り水田には水がたまっていた上、爆発場所の周辺には住民がいなかったため、人命被害はなかった。
国内技術で初めて開発された対戦車誘導兵器「玄宮」は2007年、国防科学研究所(ADD)の主導で開発に着手し、2017年以降、前方部隊に配置された。
照準で標的を指定して撃発すれば、誘導弾が発射される方式で、1発当たりの価格は約1億ウォンに達する。
最大射程は2.5キロで、90センチの戦車装甲を貫通するほどの威力を持っている。
同日、誘導弾が落ちた場所の半径50メートル内には民家4軒があったという。
そのうち、民家1戸は20メートル以内で、ややもすると大きな人命被害につながりかねないという指摘が出ている。

軍の関係者は「誘導弾の貫通力を考慮すると、落下地域に人や危険施設があれば大型事故に直結する事もあり得た。
軍首脳部はこの事故を厳重に見なければならない」と指摘した。
特にこの日の射撃訓練には18日から行われている防衛産業展示会「DXコリア2020」に参加するために訪韓した海外軍高官も出席した。
これまで玄宮(ヒョングン)は、中南米や中東地域で大きな関心を受けてきた韓国軍の代表的な輸出兵器と評価されてきた。
このため、軍内部からも「韓国産兵器の購入に関心のある外賓の前で射撃訓練を自慢し、メンツをつぶした格好だ」という自嘲的な評価が出ている。
軍は事故発生後、爆発物処理班を現場に出動させ、破片などを回収した。
また、部隊員などを対象に火気の欠陥や操作ミスなど事故原因の把握に努めている。
ひとまず軍は、ミサイル内部の誘導操縦装置などの誤作動で誘導弾が「誘導不能状態」になったとみている。
しかし最近、射撃訓練中に事故が相次ぎ、軍の訓練態勢に対する苦言も出ている。
5月には、4.2インチ迫撃砲の実射撃訓練で、爆弾1発が落下予想地点から1キロ離れた野山に落ちた。
爆薬である装薬を過度に注入したためだった。
9月にも81ミリ迫撃砲訓練途中、砲身に亀裂が生じて爆発事故が発生し、4人が負傷した。
一部では、豪雨などの悪天候にもかかわらず、非公開参観行事のため射撃訓練を強行したせいで事故が起きたのではないかという指摘が出ている。
これについて軍の関係者は、「もともと計画されていた訓練だ」と説明した。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

といったように、任期中の戦作権移管を目論んでいた文政権にとっては手痛い事故が起きました。
元々、文政権のあまりに一方的すぎる南北融和政策や、中国への接近、本来軍事的な同盟国である日本だけでなく、米国に対する反発行為が目に余ることで、軍事的な信用などあるわけもなく、その目標からは遠ざかる一方でした。
そして何より、米国が戦作権移管について否定的な態度を見せるのには、こうした文政権の信用ならない態度以上に、韓国軍のお粗末な実態が大きく影響しているようです。
今回の「玄宮」の事故以前から、米軍は韓国軍を全く信用していないようで、今月20日にもエイブラムス司令官は、文政権が2022年までに戦作権移管を目標としていることについて「時期尚早」と一刀両断。
一刻も早い戦作権移管を望む韓国側に対し、米国の立場は異なっていることを改めて強調しました。
これにはもちろん、北の軍事パレードや中国の挑発的な動きなどの、北東アジア情勢の変化も大きな影響がありますが、根本的に現在の軍事力では、韓国軍が戦作権を持つなど持ってのほかとしています。
というのは、韓国国内で、実際に韓国軍をその目で見ている、エイブラムス司令官からすれば当然の判断といえるでしょう。
まず、韓国軍は徴兵制度があるのにも関わらず、深刻な人材不足に悩んでいます。
韓国空軍にいたっては、毎年平均で150人以上が離職しており、辞職数が採用数を上回り続けています。
給与と福利厚生などの待遇があまりに悪すぎるために、見切りをつけたと言われており、若い世代より、部下の教育や、編隊長・飛行隊の指揮官を任される重要なポジションであるベテラン世代の離職が顕著であるため、韓国軍の能力の低下に歯止めがかかりません。
また、訓練時間も非常に短く、韓国空軍パイロットの年間飛行時間は約80時間と言われています。
米軍や英軍は約200時間で、日本の航空自衛隊が約180時間ですから、これでは技術を磨くこともままならないのです。
文政権はバラマキ政策を続けていますが、こうした韓国軍の惨状には無頓着であり、日本に対抗して新しい武器を買うことはあっても、それを使う軍人がいないのです。
今もなお、徴兵中の二等兵の月給は30万6100ウォン、日本円にして3万円前後と子供の小遣い程度の給与しか払わない韓国政府。
日米の技術を羨み、次々と新技術を導入しようとしているようですが、まず必要なのは、軍人の人材育成をすることであるというのは言うまでもないでしょう。
現状の「お笑い韓国軍」では、何時まで経っても戦作権は返ってこないでしょうね。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

韓国軍の失墜に呆れ、これが文政権の成果

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…「これが現政府の実情だ」「文在寅一味が我が軍隊を完全に寄せ集め軍隊にした結果」「軍人の給料を上げず服務期間を減らした結果だ、戦争が起こったら滅茶苦茶になるだろう」このように、完全にモチベーションが下がりきり、お粗末な事件を連発する文政権以降の韓国軍に国民からはあきれる声が上がっています。
危機感を抱かせるどころか「南北終戦宣言」などをしてしまう平和ボケした文政権ですから、軍と政府の連携で士気をあげていくのは非常に困難なようです。
いずれにせよ韓国製の武器は世界でも評判がすこぶる悪く、潜水艦や戦闘機の技術移転でインドネシアと揉めているように、発展途上国ですら購入をためらうレベルですから、今回の事件が後押しして、軍事面でも「脱韓国」が進んで行くことは避けられなさそうです。
こうした状況でも、まだ戦作権移管を諦めていなかったり、在韓米軍の撤退も辞さない構えの文政権ですが、本当に韓国軍に韓国国民を守る能力があるのか、今一度考え直すべきでしょう。

報道 探
報道 探

もはや定期ニュースとなっている韓国軍のスキャンダル、今後もまだまだ出てきそうですね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました