選択不買炸裂で韓国大敗北!ユニクロ新作に大行列の即完売、途方に暮れる愛国戦士…「親日派は犬豚だ」【世界情勢】

選択不買炸裂で韓国大敗北!ユニクロ新作に大行列の即完売、途方に暮れる愛国戦士…「親日派は犬豚だ」【世界情勢】
知名度の高さから、韓国における日本製品不買運動の象徴的な位置づけにあったユニクロですが、 何故か長蛇の列が出来るほど、買い物客が殺到しているようで、不買運動は何処へ行ったのか? この姿に、本気で不買に取り組んでいた層が発狂して、韓国が分断されているようです。 ■チャプター 00:00 オープニング 00:56 マ...

『選択不買炸裂で韓国大敗北ユニクロ大行列で呆れる愛国戦士』

知名度の高さから、韓国における日本製品不買運動の象徴的な位置づけにあったユニクロですが、何故か長蛇の列が出来るほど、買い物客が殺到しているようで、不買運動は何処へ行ったのか?この姿に、本気で不買に取り組んでいた層が発狂して、韓国が分断されているようです。

大騒ぎのユニクロ…「100m超かと思った」 「5分で売り切れ」


「店内に +Jコレクションの在庫があまりなく、今並んでいる方は店内に入っても購入できないかもしれません」13日午前11時、ソウル中区(チュング)ユニクロ明洞(ミョンドン)中央店には100メートルを超える行列ができた。
ユニクロとデザイナーのジル・サンダーが共に発売した「+J」発売当日の同日、オープン時間の11時30分には、早くから到着した100人余りが明洞駅周辺に並んで待機した。
「明洞大乱」を再現した伝説のユニクロ・ジルサンダーコレクションが「NOジャパン」不買運動を鎮めた。
オフライン売り場・オンライン販売開始と同時に+Jの人気製品は全サイズ品切れとなった。
明洞中央店の大通りで雑居ビルの混雑を避けるために売り場への進入を統制していたユニクロの店員は「+Jコレクションの主要製品はすでに売り切れた」と話した。
売場がオープンした11時30分から5分過ぎた頃だった。
ユニクロ側は1人当たりの購買数量を品目当たり1個とし、計10個と制限した。
列に並んだ客のうちの1人は「今このように並んで入れば、ほしい製品の在庫がまだ残っているかもしれない」とし「オンラインではすでに品切れになっており、売り場で直接着てみて買いたい」と話した。
売場オープン前に先立って同日、ユニクロはオンラインストアで「 +J 」コレクションを先行販売開始したが、注文開始と同時に主要製品は品切れとなった。

ユニクロ売場がこのようににぎわうのは、2019年7月、日本不買運動でユニクロが不買の主要ターゲットとなってから16ヶ月ぶりのことだ。
+Jコレクションが初めて発売された2009年10月2日当時も、ユニクロ明洞(ミョンドン)店にはオープン前から100メートル以上の行列ができた。
明洞(ミョンドン)店だけでなく、江南(カンナム)店や狎鴎亭(アプクジョン)店にも、ユニクロXジル・サンダーのコラボ製品を購入する人が殺到した。
ユニクロ日本本社のファーストリテイリングで特別に力を入れた今回のコレクションは、節制されたモダンデザインを具現した。
ファーストリテイリングの柳井正代表取締役会長は「時代を超えたデザインと特有のモダンさが際立つ今回のコラボレーションは洗練された感性を維持しながらも今日の変化した日常をよく反映している」と説明した。
+Jコレクションは秋冬シーズンに適したハイブリッドダウン、ワークジャケット、ミリタリーブルゾン、カシミアブランドのコートに至るまで、多様なアウターが発売された。
ウール素材のテーラードジャケットとギャバジンパンツ、オーバーサイズのシャツ、カシミヤニットなど32個の女性用と26個の男性用製品、5個のアクセサリーが準備された。
価格帯は、女性のスーピマコットンシャツ4万9900ウォン、女性のウルトラ・ライトダウン・フーデットコート14万9900ウォン、男性のライトダウン・ボリューム・フーデットコート19万9000ウォンなどで、従来のユニクロ価格と大きな差は無い。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

記事では今月13日、ユニクロ明洞(ミョンドン)中央店に100人を超える人が列を作り、コラボ商品は、オープンと同時に売り切れになるほど好調である事を伝えています。
これは明洞中央店だけの話ではなく、他の地域のユニクロ店舗も同様で、開店の2時間前から客が並び、長蛇の列は数百メートルにも及びました。
開店してから僅か20分で売り切れを伝える店員の声が店内に響いていたそうです。
ジル・サンダー氏が追求するモダンさ、品質の良さ、シンプルさはユニクロの持つ特徴と相性が特によく、求め易い価格のユニクロ製品は特に冬の寒さが厳しい韓国にとっては手放せないのかもしれません。
このように、元々高品質で価格が安いユニクロは韓国で人気が高く、2015年から4年連続で売上高1兆ウォンを突破するなど、急成長を続けていました。
しかし、昨年起こった日本製品不買運動の際、ユニクロの幹部が「韓国の不買運動は長く続かない」と発言した事で、韓国国内にて悪い意味で注目を集め、ある意味日本製品の象徴の様な存在になってしまいます。
結果として一時期売り上げを大きく落とすのですが、それも結局は一時的なもので、進出15周年記念セールが実施された昨年11月頃には、ユニクロアプリの利用者数は不買運動前の数字まで回復していました。
この頃既に不買運動に嫌気がさしていた国民は結構いたのですが、周りの目があるので中々店で買うことが出来ません。
そこでユニクロはアプリなどを利用したオンライン事業に力を入れるのですが、これは期せずして、その後に起こる感染症拡大の際にも売り上げを維持する効果を生み、業績不振に苦しむ他社を尻目に収益性は改善し始めています。
つまり韓国が不買運動をしてくれたおかげで、ユニクロは感染症拡大以前から効率的な事業運営を目指す、良い切っ掛けを作ってくれたのです。
一方でオンライン通販などが多く活用されることになり、韓国が雇用機会を失う事になったのは何とも皮肉なことですね。
記事ではジル・サンダー氏の名前とコラボ証人である「+J」をしきりに連呼して、さも今回は特別であるかのように報じていますが、そもそもユニクロにおいて不買運動は成立していないのです。
そういった姿に、本気で反日に取り組んでいた層は唖然としているようで、先月も新店舗オープンの際に、店が賑わうのを横目に一人で不買デモを行うなど、もはやデモではなく、ただの営業妨害レベルの行為になっています。
今回は実店舗に長蛇の列が出来る事態となってしまった事で、不買運動の精神は、口だけのお約束レベルになり下がったようですね。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

脱日本を誓った韓国人、めんどくさくて不買終了

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…「こいつらには自尊心も無いのか?日本製品に飛びついて何をしているのか」「これだから日本に舐められる」「今が排除の時なのになんだこれは?」といったように、不買運動の中で行列を作っている事を恥じる声や憤る声が多いですが、もうめんどくさいと、運動そのものに疑問を感じている声もかなり見られます。
「買いたければダメなの?」という率直すぎる意見には少し笑ってしまいました。
いずれにせよ中身のない不買運動ごっこを続けても、何の意味もありません。
過去にも「どうぶつの森」「ニンテンドースイッチ」「レクサス」「PS5」など、選択的不買を何度も繰り返していますが、その度にツッコむのもマンネリになるほどです。
そもそも韓国は日本にとって、決して魅力的な市場という訳ではなく、今回の記事で取り上げられたユニクロにしても、全体で見れば韓国の売り上げはほんの数%でしかありません。
さほど魅力のない韓国市場にいつまでも固執する理由は無いのですが、自己評価が高すぎる韓国には、その事が理解できないのでしょうか。

報道 探
報道 探

もはや日本からのツッコミ欲しさにやっているとしか思えないのですが、いい加減、他の相方を探して頂きたいものです。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました