韓国の全方面攻撃で信用ガタ落ち!フィリピンで韓国人を狙った犯罪が急増する事態に…【世界情勢】

韓国の全方面攻撃で信用ガタ落ち!フィリピンで韓国人を狙った犯罪が急増する事態に…【世界情勢】
日本人に対しては、些細な言動を拾い上げ「韓国人差別だ!」と騒ぎ立てる韓国人ですが フィリピンなどの東南アジア諸国に対しては人一倍差別意識を強く持っています。 炎上騒動もあいまって、フィリピンでは嫌韓感情が爆発しているようです。 ■チャプター 00:00 オープニング 00:54 世界日報より フィリピン内の韓国人...

『全方面攻撃で信用ガタ落ち!韓国人を狙った犯罪急増』

日本人に対しては、些細な言動を拾い上げ「韓国人差別だ!」と騒ぎ立てる韓国人ですがフィリピンなどの東南アジア諸国に対しては人一倍差別意識を強く持っています。
炎上騒動もあいまって、フィリピンでは嫌韓感情が爆発しているようです。

フィリピン内の韓国人を狙った犯罪、1年間で倍増


昨年、フィリピンで発生した韓国人相手の犯罪被害者が、1年間で2倍以上急増したことが分かった。
11日、「国民の力」のチョ·テヨン議員が外交部から提出を受けた資料によると、2019年にフィリピンで韓国人を狙った事件の被害者が1271人に達した。
17年604人、18年602人に過ぎなかったが、わずか1年で2.1倍増加した。
全被害類型のうち、窃盗·紛失が76.9%(977人)で最も多かった。
問題は強盗、拉致監禁、行方不明など強力犯罪の被害者が大きく増えたという点だ。
強盗被害者は18年の8人から昨年は19人、拉致·監禁被害者は同期間9人から14人に増加した。
行方不明事件に巻き込まれた被害者は、1年間で30人から96人へと3.2倍急増した。
フィリピンで韓国人を相手にした犯罪はロドリゴ大統領が2016年6月の就任後「犯罪との戦い」を宣布したことで減少傾向を見せた。
しかし、お粗末な銃器管理、脆弱な現地警察の捜査力、腐敗した警察、裕福な韓国人を相手にした標的犯罪などが重なり、昨年再び大幅に増加した。
先月はフィリピン系米国人のインフルエンサー・ベラ·ポチ氏が自分のTikTokに旭日旗を連想させる入れ墨映像をアップロードしたのをきっかけに、一部の韓国人が謝罪を要求してフィリピンを卑下する発言をしたのを受け、フィリピンのネチズンが抗議して「#Cancel Korea」運動を展開し、30万人以上がハッシュタグ運動に参加した。

韓国·フィリピンのネチズンが衝突し、反韓感情がさらに高まっている状況だ。
これと関連してチョ議員は、外交部に公共外交戦略の修正を注文した。
2017~2019年、外交部がフィリピンで執行した公共外交予算6億9400万ウォンのうち78.2%(5億4300万ウォン)が講演やセミナー、地方自治体との共同国際行事などの記念事業に使われた。
一方、同期間、フィリピンに韓国文化をPRする韓国週間行事には1億300万ウォン、Kポップ行事には1300万ウォンが使われるに止まった。
チョ議員は「直接フィリピン国民に歩み寄ることができる公共外交事業ではなく、儀礼的外交行事事業に10倍以上の予算を執行する姿は、公共外交に対する外交部の誤った認識を示す明らかな事例だ」とし「特定国家で韓国に対する国民の感情が悪くなれば、これまでの外交努力と成果すべてが水泡に帰すことになる。
フィリピンの状況を考慮した公共外交事業が集中的に行われなければならない」と強調した。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

といったように、大きな問題となったベラ・ポーチさんへの韓国人による言いがかりで勃発した「キャンセルコリア」騒動も記憶に新しいですが、この騒動が起きる前から、フィリピン人は根強い嫌韓感情を持っていたことがわかり、あの炎上はそれが表面化したに過ぎないという事実が、韓国人の怒りを買っています。
事の発端はベラ・ポーチさんが「旭日旗」に見えるような模様のタトゥーを入れたことによる炎上騒動ですが、「歴史を知らないのは、フィリピン人が貧しく教育を受けられないからだ」「無知で貧しく小さいフィリピン人」といったコメントの数々は、これまでも韓国人に対して鬱憤をためていたフィリピン人の怒りを爆発させました。
フィリピン人が嫌韓感情を抱くのには、「コピノ」と呼ばれる人達の存在があります。
韓国人男性の無責任な行為から生まれた韓国人とのハーフの子供たちが3万人以上存在し、社会問題化している背景のほか、韓国人観光客の横暴な振る舞いに、現地の人々が強い怒りをもっていることが関係しています。
それだけではなく「フィリピン人は無知」という発言などを行っていますが、自分たちででっち上げた「旭日旗騒動」という意味不明な問題を知らないからと噛み付いておきながら、韓国がかつてフィリピンに助けられたことはほとんどの韓国人が理解していないのですから呆れて物も言えません。
フィリピンはかつて、朝鮮戦争で国連派遣軍として7000人以上もの兵士を派遣し、韓国のために100人以上が犠牲になった過去があり、フィリピン人の間では、韓国には友好的な態度をとってきたという認識が強くあります。
自国の被害者意識ばかり強く、受けた恩はすっかり忘れているのですからフィリピン人が怒りを感じるのも当然でしょう。
韓国人が旭日旗に過剰反応するようになったのも2011年のサッカー日韓戦が発端で、市民団体と反日メディアの強引な扇動により旭日旗は「戦犯旗」などと呼ばれ、ナチスのハーケンクロイツと同じだ、などと主張するようになりました。
公娼問題同様、真実はさておき、声の大きいものが正しいという韓国特有のアプローチ方法で、ベラさんにもタトゥーを消させ、「他の人にも旭日旗についての歴史的背景を広める」と嘘の情報拡散を宣言させるなど、その手法は悪質です。
若い女性をトンデモ理論で一方的に攻めたて、捏造した歴史を拡散するまで許さないという態度はどこからどう見ても異常です。
民間レベルでの嫌韓感情が悪化していけば、パンデミック収束後、フィリピンを訪れる韓国人を狙った犯罪はますます増加していくことが予想されます。
しかし、それは正しい歴史や、他国との関係性を把握していない「韓国人の無知」によって引き起こされていることを理解しなければいけません。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

我々は悪くないと主張、だめだこりゃ

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…「フィリピンに行かないことにしましょう」「後進国にやられるのは何回目だ?本当に災難だ」「愚かなフィリピン、韓国を背にして日本に頼れそうなのか?」このように、韓国国内では、韓国人が仕掛けたフィリピンに対する差別的発言や誹謗中傷が招いた対立であるのにも関わらず、フィリピンに対する暴言が未だとまりません。
一度はフィリピン側から関係修復を提案されたのに、謝罪もなく、このような声が出ているのですから溜息しか出ませんね。
韓国人のこうした態度により、アジア各国で嫌韓は広がり続けています。
ベトナムでは、韓国人男性との結婚を禁止しようとの動きが出ていますし、台湾も、2000年代に入ってからは「最も嫌いな国」アンケート調査では韓国が毎年上位に入るようになっています。
インドでは韓国の企業や製品を排斥する運動が起きたりと、アジア全体から白い目で見られているのにも関わらず、喧嘩を売り続ける韓国国民。
中国や北も、韓国に好印象を抱いているわけではありませんから、四面楚歌に陥るのも時間の問題…というか既にそうなっているのでは?

報道 探
報道 探

K-POPや韓流ドラマの人気の勢いを覆す、韓国国民の民度の低さには驚かされますね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました