韓国の不動産価値も焼き尽くす大火災?高層ビルで発生したあり得ない火災事故で安全軽視が露呈【世界情勢】

『韓国火災』韓国の不動産価値も焼き尽くす大火災?高層ビルで発生したあり得ない火災事故で安全軽視が露呈【世界情勢】
韓国火災で信じられないような大規模火災が高層ビルで起き、現場は大混乱となっていたようです。 その様子が動画で紹介もされていましたが、完全に火だるまといった状態でした。 この前代未聞の大規模火災に、違法建築や防火設備の疑いが強まっています。 ■チャプター 00:00 オープニング 00:59 聯合ニュースより 33...

『不動産価値も焼き尽くす大火災?高層ビル火災で安全軽視が露呈』

韓国で信じられないような大規模火災が高層ビルで起き、現場は大混乱となっていたようです。
その様子が動画で紹介もされていましたが、完全に火だるまといった状態でした。
この前代未聞の大規模火災に、違法建築や防火設備の疑いが強まっています。

33階建ての建物全体が炎上蔚山の住商複合火災、49人が負傷


蔚山の33階建て住居商業マンションで8日夜、大型火災が発生した。
一時、外壁の断熱材に燃え移った炎で建物のほとんどが炎に包まれ火災が大きかった。
9日午前2時20分現在、36人が煙を吸ったり、かすり傷を負い、病院に搬送されている。
同時刻までに死者は確認されていない。
消防当局はまだ一部の階で消えていない火を鎮火すると同時に、各部屋を回りながら人命捜索と救助に力を注いでいる。
蔚山消防本部によると、8日午後11時7分ごろ、南区達洞の住居商業複合マンション「サムファンアールヌーボー」で火災が発生した。
火は強い風に乗ってアパートの上下に燃え広がった。
同日午前7時、蔚山には強風注意報が発令されている。
火の粉が風に乗って飛び、往復10車線以上の道路の向かい側にある大型マートの屋上に火が燃え移った。
建物外壁のドライビット(コンクリート壁に発泡スチロール断熱材を貼り付ける工法)も火災拡散の原因と見られる。

簡単に早く火が燃え広がる外装材のため、一時建物全体が火の玉のように見えた。
火事が起こると、マンションに居住する住民をはじめ、周辺住民まで数百人が避難するなど、一帯はパニック状態となった。
水を濡らしたタオルを口にして避難したり、裸足で家を飛び出した人もいた。
ある住民は「子どもたちを先に避難させたのに、外に降りてみると見つからない」と探し回った。
14階に住む50代の住民は「消防士8人程度が”燃えているにおいがする”という申告を受けて来て、13階から下に降りて確認作業をした」とし「そんな中、突然13階から上に炎が上がり、窓が”パンパン”と音を立てて割れ、居間と寝室に火がついた」と話した。

「消火器で火を消し、妻と妻の妹を屋上に避難させたが、火がつき、煙が充満しているにもかかわらず、スプリンクラーがすぐに発動しなかったため、しばらくして作動するのを確認し、建物の外に出た」と説明した。
消防当局は午後11時44分、付近の6つの消防署がすべての消防力を動員する「対応2段階」を発令、消火作業を行っている。
火災が発生してから約1時間30分が過ぎた9日0時40分頃、建物の外からは炎がよく見えないほど火災が鎮火された。
ただ、一部の階の内部に広がった火を消すために、完全鎮火までは時間がかかっている。
消防庁は「発火層は火災完全鎮圧後、精密に調査する予定」と話した。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

といったように、蔚山の高層ビルで8日深夜に発生した大規模な火災は、最終的に、鎮火までに15時間以上もの時間を要し、93人が病院に搬送されたようです。
これほどの火災でしたが、幸いにも死者は出でずに済んだようで良かったのですが、高層建築が大量に立ち並ぶ韓国において今回の事故は他人事では済まされないようで、また、炎上している際の光景があまりにも衝撃的過ぎて不安が広がっています。
そして、この火災は、韓国の防災に対する脆弱さをいくつも露呈することになりました。
まず、今回、大規模火災が起きた蔚山市には、超高層の火災を消し止める70m高架はしご車がなく、鎮火を長引かせる要因となりました。
韓国はどこの都市にも多数の超高層ビルが建ち並んでいるのにも関わらず、ほとんどの都市では防火体制が不十分です。
韓国国内には23階の高さまで対応可能な70m高架はしご車はわずか10台。
ソウル・京畿道、仁川市が2台ずつ、釜山・大田・世宗・済州には1台ずつしかありません。
蔚山市のような高架はしご車のない地域も多く、高層階の多くはヘリコプターによる消火活動に頼らざるを得ない状況です。
今回の火災にはおよそ1000人が消火に参加したとのことですが、十分な準備があれば、もう少し被害は早く収まったのかもしれません。
さらに、防火対応もさることながら、そもそものこのビルの安全基準が十分なものであったのかという事にも疑問の声があがっています。
消防当局によると、建物の外壁に使用されていた素材が問題視されています。
外壁には防振材などをアルミニウム板で挟んだパネルが使われており、それらを固定する為に使われていた、可燃性の接着剤が火の勢いを強めたと見られています。
韓国では過熱する不動産バブルに応えるべく、見た目重視の高層ビルが乱立しています。
その多くが、安全基準を満たさないハリボテ建築だとも言われており、今後、建物の老朽化が進めば、こうした事故はますます増加していくことが予想されています。
先進国になりたいという気持ちが先走り、表面的な高級感や目新しさばかりを追求する思想が根強く、堅実なモノづくりの文化は根付いていません。
また、安全基準を満たさない建築が横行する影には、元請け・下請け・孫請けといった重層構造も影響しています。
7次請け、8次請けなども横行しており、労働条件が悪化する中で、材料代を浮かせようと大事故につながるような手抜き工事が頻繁に起きています。
今回の火災についても、防火対策が不十分な件についての責任問題に関しては押し付け合いになることが危惧されており、今後、今回の事件に関するバッシングの矛先がどこに向かうのか関係者は戦々恐々としているようです。
先日の台風などでも高層ビルの強風対策に問題が見つかりましたが、違法建築や安全軽視の建物による死亡事故や重大事故が度々起きているのにも関わらず一向に対策や改革を進めようという大きな動きは見られません。
これは、不動産バブル崩壊になり得る大問題になる可能性も否定できません。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

見せかけの発展を優先
国民の不安はピークに

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…「外壁が発泡スチロールとか大丈夫なの?」「この件は以前から問題だったのだが」「ドライビット工法により大規模な火災が発生したのは1度や2度ではない」このように、韓国国内では違法建築を疑う声が多くなっています。
韓国では違法建築による深刻な事故が数年おきに起きており、その度に法改正や激しいバッシングが起きていますが結果的に改善の気配はありません。
セウォル号の事故でもあれだけ非難の声があがったのにも関わらず、野党が与党を批判する材料に利用されたに過ぎず、根本的な安全軽視の韓国の体質は変わっていないようです。
今回も、幸いにも死者が出なかったことに甘んじて、この問題は有耶無耶にされる可能性も高まっています。
セウォル号事件のバッシングを利用して大きく勢力を伸ばした文政権ですが、この問題はどのように受け止めるのか、注視していく必要がありそうです。

報道 探
報道 探

この事故を受けて、韓国に乱立するタワーマンションの価値は今後どうなっていくのか…不動産投資家達は気が気でないでしょうね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました