「米国の中国虐めかっこ悪い」韓国の康京和長官が米国の中国包囲網を否定【世界情勢】

作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

『「米国の中国虐めかっこ悪い」康長官が中国包囲網を否定』

各国と連携して、米国が推進する対中包囲網について韓国も参加を呼びかけられています。
しかし、どっちつかずな態度を取り続けてきた韓国ですが、ここにきて更に米国から距離を取るような姿勢を見せてきました。

強硬化「他の国の排除は良くない」…。「クアッド」加入に否定的


京和長官は25日、米国がインド・太平洋地域で中国を牽制するために推進する多国間安保協議体「クアッド」(Quad)加盟に否定的な立場を示した。
康長官はこの日、アジア・ソサエティが開催したテレビ会議で、韓国が『クアッド・プラス』に加入する意向があるのかという司会者の質問に対し、「他国の利益を排除することは良いアイデアではない」と述べ、否定的な考えを示した。
クアッドは米国、日本、インド、オーストラリアの4ヶ国による安全保障協議体であり、最近米国の当局者はクアッドに韓国など他の国まで含めた『クアッド・プラス』構想に言及してきた。

康長官は「我々はクアッドに招待されていない」とし「我々は特定の懸案に対する対話に関与する意思はあるが、もしそれが構造化された同盟であれば、韓国の安保利益に役立つかどうか深刻に考える」と述べた。
また「しかし具体的な懸案については、我々は包容的で開放的で国際規範による接近を保有している彼らとは対話をする準備が出来ている」と付け加えた。
米中両国と良い関係を維持しようとする事が現実的かという質問に対しては「(特定国家を)選択しなければならないという考えは役に立たない」とし「(安保は)韓米同盟が私たちの錨という点を明確にしており、中国は私たちの最大の交易・経済パートナーなので、我々の企業人と市民に極めて重要だ」と述べた。

【これに対する私の見解】

レッサーパンダ
ポッチ―


このように、米国が推進している中国を警戒する動きに対して、その動きを真っ向から否定した康長官ですが、記事の内容を見ていると、かなり露骨に中国を意識した思いからの舵取りという事が感じられます。
ただ、中国に忖度して米国との協力に茶を濁すというよりは、中国が無い場合の韓国の立場を考慮してという要素の方が大きいのかなと感じました。

しかし、あくまで韓国は「招待されていない」という立場で、“皆で結託していじめはよくない”というスタンスのようですが、ここ最近の韓国の動きを見ていると、米国からはそのように受け取られるよりも確実に中国側に立とうとしているとしか見えないと思います。
また、そういう事から米の信頼を失い、この取り組みから排除された可能性もあります。


韓国としては、安保は米国で経済は中国というダブルスタンダードの立場を維持したという思いが滲み出ているように思われます。
ファーウェイ規制に関しても、特別許可を申請するなど、当分は中国という市場を手放すことが出来ない韓国の経済事情が見て取れますね。

ポッチ―
ポッチ―

国民の間では、反米親中に大きく偏る文政権の外交に危機感が強まっています。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

#世界経済#韓国経済【教えて経済HP】ニュース
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました