米国「韓国の大統領は大丈夫か…?」全世界が呆れかえった文大統領の宣言、緊急事態後も取り消さない!【世界情勢】

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

『全世界が呆れた文大統領宣言「文大統領は大丈夫か…?」』

文大統領の国連総会で演説した内容について、国内外で物議を醸していましたが。
自身の思想最優先の朝鮮半島終戦宣言には、米国も心底困惑しているようです。
文大統領には呆れ果てたという発言も出ており、何処まで信用を失うのでしょうか?

「米国の立場とこんなに違う、韓国大統領の国連演説は初めて見る」


文在寅大統領が国連総会基調演説を通じて、重ねて朝鮮半島終戦宣言の必要性を提起したが、米議会では、終戦宣言を求める決議案が議員たちの支持を受けることができず、ほとんど進展していないと、ボイス・オブ・アメリカ(VOA)が23日報道した。
ある米国の元官僚は「韓国の大統領が国連で米国の議会、政府の立場とこのように一致しない演説をするのを見た事は殆ど無い」と話した。
VOAによると、ロー・カンナ民主党下院議員が昨年2月、ハノイでの米朝首脳会談直前、朝鮮戦争の公式終結を促す決議案を代表発議したが、現在まで計47人の支持議員を確保する事に留まっている。
米下院議員総数が435人であることを考慮すれば、約10%の数字で、彼らの大半は民主党所属の左派議員だ。
VOAは「依然として(左派議員中心の)進歩議員団を超えて支持層を広げられずにいる」と評価した。
カンナ議員は昨年、朝鮮戦争終戦宣言決議案を議会が毎年、無条件通過させることを義務づける国防授権法案に含む形で推進したが、最終案には含まれず、議決は挫折した。
カンナ議員は、今年も国防授権法案に、朝鮮戦争終戦宣言を求める決議条項とイエメン内戦介入中止条項を含むことを推進する方針だと明らかにしたが、終戦宣言関連条項は含まれなかった。

米議員の間では、党籍を問わず、終戦宣言が政治的宣言であっても、北朝鮮の具体的な非核化措置後に議論できるという見解が優勢だと、VOAは明らかにした。
クリス・クーンズ民主党上院議員はこれに先立ちVOAに「北朝鮮の非核化に進展がある場合、終戦宣言をするのは完全に妥当だ」とし、ダン・サリバン共和党上院議員も「北朝鮮が具体的な非核化措置を取らなければ、終戦宣言を議論する事は出来ない」と述べた。
元米高官らも文大統領の「終戦宣言必要演説」について、「北朝鮮の非核化や朝鮮半島の平和と何の関係もない空虚な措置になるだろう」と評価したと、VOAは報じた。
ホワイトハウス国家安保会議(NSC)アジア上級補佐官出身のマイケル・グリーン戦略国際問題研究所(CSIS)副所長はVOAに「朝鮮戦争終戦を宣言する事が完全な非核化の道を開くことはできない」とし、終戦宣言は「中国、ロシア、北朝鮮が国連軍司令部と韓米連合軍司令部、韓米連合軍事訓練を廃棄すべきだと主張する口実を与えるだけだ」と主張した。
彼は「韓国大統領が国連で米国議会、政府の立場とこのように一致しない演説をするのを見た事は殆ど無い」とし「平和と統一に向かう一段階として、平和条約締結を促したなら良かったが、平和を宣布することでそれが出来ると思うことは幻想」と述べた。

エヴァンズ・リヴィア元国務省東アジア太平洋担当首席副次官補も「文在寅大統領が、逆に分かっているようだ」、「朝鮮戦争終戦宣言が朝鮮半島で非核化と恒久的平和を定着させる鍵ではなく、北朝鮮の非核化を達成し、持続可能な平和を定着させることが朝鮮戦争を永久に終息させるための必要条件」とした。
続いて「米国は朝鮮戦争が終わったとしても、ただの “宣言” とは言えない」とし、「そうした宣言は他の措置が伴わない限り、真の意味はない」と述べた。
ロバート・ガルーチ元米国務省北核特使は「文在寅大統領の終戦宣言の提案は良いことだが、これは核兵器関連の事案など、現在の衝突状況に対する解決策に向けた他の動きと連携しなければならない」、「戦争終結のための公式段階さえ単独で取れば、そうした(非核化)動きの重要性が薄れるのではないかと懸念される」と述べた。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

「米国の議会、政府の立場とこのように一致しない演説をするのを見た事は殆ど無い」とまで言われてしまった文大統領の演説ですが、そもそもこうした声が挙がっている事が文政権と米国の間で充分なコミュニケーションが取れていない事を明らかにしています。
また、文大統領のこうした主張は、在韓米軍の根本的な存在意義すら危うくして、北だけでなく、ロシアや中国が付け入る隙を与える事は間違いありません。
同盟国として取るべき行動とはとても思えませんね。
朝鮮半島の非核化が戦争を永久に終息させる為の最低条件である事は、日本も含めた同盟国の中で共通認識だったはずですが、文大統領の発言はこれを完全に無視したものになっています。
せめて米国に事前の打診があっても良いと思うのですが、米国の困惑や不快感を見るに、そうした気遣いすらなかったようです。
もはや米国を同盟国とは思っていないのでしょうか?また、このような文大統領の演説ですが、それに先立って今月22日に韓国人男性が北の軍人によって射殺され、遺体を焼却されると言う事件が起きました。
事件発生のおよそ1時間後に当たる22時半頃に情報が入った大統領府は、23時から国防部長官および大統領府危機管理センターが緊急会議を開きます。
翌24日1時には大統領府で関係長官会議が召集されましたが、そうした状況の中で深夜1時半頃から、記事にもある大統領の演説が始まりました。
文大統領が高らかに朝鮮半島終戦宣言をしていたまさにその直前に、北から考えられないような行為が行われていたのです。
これについて政府は演説後の朝8時半頃に大統領にこの件を報告したので、文大統領は演説中はこの事を知らなかったと主張していますが、大統領府への連絡は前日の22時半ですし、演説の30分前にはソ大統領府安保室長、パク国情院長、イ統一部長官、ソ国防部長官などが招集されています。
これほど重要な事件を大統領だけが知らなかったと言うのはあり得るのでしょうか?そしてもし、文大統領がこうした事実を把握しながら、記事の様な「朝鮮半島終戦宣言」を述べたのだとすれば、もはや彼にとっては国民の命より北の方が大事だと言っているも同然です。
この演説は録画されたものだと言い訳していますが、中止などはできたでしょう。
北との統一の為であれば米韓同盟は不要だし、国民に何かあっても問題ないという事が、文大統領とその周辺の側近の本音なのでしょうか?以前から安全保障を外交カードのように扱うのは、国民の安全を危険に晒す様な行為だと述べてきましたが、今回の一件でその事がより明確になったのかも知れません。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

国際社会だけでなく、国内からも孤立する

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…「自分の考えばかり主張する、こんなに図々しい人間は初めて見る」「これは弾劾の対象ではないか?」「あれだけのことをされて演説を取り消さないとは…」このように、当たり前ですが文大統領を非難する意見が多いようですね。
「南北が力を合わせないと」など、終戦を望む意見もありますが少数派です。
それよりも、北の暴挙を受けて、国民の怒りは時間が経つほどに強くなっていますが、さすがに同胞が酷い目にあって「仲良くしよう」と言われたのでは腹も立つでしょうし、こうした国民の声が大きくなる事に慌てた文大統領は『いかなる理由であっても許されない』などと公式メッセージを発表しましたが、これは情報を入手してから43時間後の事でした。
あまりに対応が遅いのではないでしょうか。
イ統一部長官の『韓米は冷戦同盟』発言や、国防長官が日米韓防衛会談を欠席するなど、度々問題行動を起こしてきた韓国ですが、もはや国内の信頼も失ったようです。

報道 探
報道 探

ある意味、何が何でも統一するぞという文大統領の強い決意が伝わりますが、その前にろうそくが灯りそうですね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました