「日本海はなくなりました」韓国で精神勝利炸裂!日本海表記巡って韓国で判定勝ちだと大騒ぎ【世界情勢】

「日本海はなくなりました」韓国で精神勝利炸裂!日本海表記巡って韓国で判定勝ちだと大騒ぎ【世界情勢】
韓国が長年にわたって固執し続けている「日本海」を「東海」という呼称に変えようという運動。 世界で共感している国はほとんどいないようですが、この度、IHOが数字表記を提案と騒いでいます。 しかし、これって日本海だけの話ではないのに、話をクローズアップして盛っていませんか? ■チャプター 00:00 オープニング 0...

『韓国で精神勝利炸裂!日本海表記巡って大騒ぎ』

韓国が長年にわたって固執し続けている「日本海」を「東海」という呼称に変えようという運動。
世界で共感している国はほとんどいないようですが、この度、IHOが数字表記を提案と騒いでいます。
しかし、これって日本海だけの話ではないのに、話をクローズアップして盛っていませんか?

韓国人「世界から日本をなくしてしまえ!」国際水路機構が日本海の代わりに数字表記を提案


国際水路機関(IHO)が、韓日両国が紛争を繰り広げている「東海(East Sea)」と「日本海(Sea of Japan)」の代わりに固有識別番号である数字で表記する方案を推進する。
現在、IHO国際標準海図集「大洋と海の境界」(S-23)には日本海だけが表記されているが、これに対して韓国は1997年から東海併記を主張してきた。
今回の案はこの状況に対する一種の妥協案といえる。
21日、韓国外交部とIHOによると、今年11月16日の2次総会を控えて、昨年4月と10月にIHO事務局長の主宰で韓国、北朝鮮と日本が非公式協議に臨んだが、合意に至ることができなかったという。
これを受けてIHO事務局長は最近、韓国、北朝鮮および日本に対し、地名を付与する代わりに「固有の数字で識別する体系」の導入を提案した。
デジタル時代において、名前より数字のほうが電子航海など地理情報システムに活用する上で有用だという意味からだ。
紛争当事国である韓日ともに東海や日本海表記にこだわるなという意味でもある。

韓国政府はIHOに提出した意見書で「新たなIHO標準はデジタル化が進む環境で、使用者の必要を満たす上ではるかに効果的」としながら「事務局長の提案を原則的に支持する」と明らかにした。
北朝鮮も事務局長の提案を原則的に支持するという立場を伝えたという。
日本は意見書で「水路情報をデジタル環境に、よりふさわしいものにしようという趣旨を理解する」とし「IHO事務局長と加盟国と建設的に協力する準備ができている」と明らかにした。
紛争当事国である3国の他にも、米国、カナダ、フランス、ノルウェーなど他の加盟国も肯定的立場を明らかにし、東海・日本海の代わりに固有数字を表記する方案が総会で採択される可能性は高まった。
IHO標準海図第3版までは日本海と単独表記されていたことから、新たな数字標準が導入されれば、今後国際地図で日本海単独表記を主張する名分が弱まる可能性がある。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

といったように、国際社会から全く受けいられなかった韓国の東海表記ですが、この報道が事実だとするなら、韓国が認められたわけではなく「狂気」ともとれるような韓国側の執着心に、国際社会は「いかにこの厄介者を黙らせるか…」という方向性に転換したのではないでしょうか?過去には米国やグーグルなども日本海表記を支持していますし、文政権が傾倒している中国も日本海表記を採用。
なんと、韓国企業のサムスンまで日本海表記の地図を使ってることが判明し、もはや一部の反日勢力の妄言としか思えないような状況ですが、それでも韓国はロビー活動を諦めません。
国際水路機構が設立されて約1世紀近く、「日本海」という呼称で定着しており、日本海を共有するロシアも異議を唱える事などないのにも関わらず、韓国だけが「日本海」表記の撤回に躍起になっています。
国際水路機構にとってはこの問題は、そもそもどうでもいい問題ですし、できれば関わりたくないというのが本音というのが透けて見えています。
2019年には併記問題を巡り、日本と韓国、北朝鮮との3か国協議がイギリス、ロンドンで非公式に行われ、1年以内に3カ国で妥協点を探すよう国際水路機構から勧告を受けるなどこの争いに対し、露骨に距離を置く姿勢を見せています。
また、韓国は軍事的な同盟国である米国に対し、特に強く「東海」を働きかけていますが、米国は全くとりあわず、トランプ大統領は演説では常に「日本海」と呼び、その度に韓国外務省が抗議をしているようですが、意に介している様子はありません。
この状況に、韓国国内では「トランプ大統領が日本の肩を持った」として米国への不満が高まっていますが、韓国側の一人相撲感は否めません。
トランプ大統領だけでなく、ペンス副大統領や米国軍の文書、米太平洋司令部のホームページなどでも「日本海」呼称が定着していることから、米国が韓国側の要望を受け入れる可能性は極めて低くなりそうです。
こうした流れを受けて、韓国メディアは「米日関係が密着状態の中で、韓国の外交力の限界が露呈したとの指摘もある」などと、日米の蜜月関係を羨むような分析をしていますが、日米の関係性以前に「地図上の表記を変える必要がない」という大前提をわかっていないことに驚かされます。
そして、この報道で報じられているように、依然として騒ぎ続ける韓国に、ついに国際水路機構もこの膠着状態に痺れを切らし、妥協案として「数字表記」を提案し、公式には「日本海」とも「東海」とも表記しないことで動いたという事で、韓国国民の間では「日本海の表記を消した」とお祭り騒ぎになっているわけです。
ですが、この報道、こういった内容で報じられているのは韓国メディアのみで、本当に国際水路機構が妥協案として提案したのかが疑わしいです。
記事の日本の反応を見るに、これからの事を考えて、全体的にデジタル表記に移行していこうと言う話が出たことを、韓国の意見が通じて日本海の名前を消そうという動きになっていると、いつもの病気が発病してしまい、都合のいい方向に考えているだけにしか見えません。
しかし、数字表記になることは今後を見据えたうえでいいとして、必ず韓国は、この結果をまた都合良く解釈して、応募工問題や公娼問題同様、一方的にゴネ続けた成果だと思い込み、数字ではなく「東海」にしろといったように、ゴネ始める姿が目に浮かびます。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

これぞ本場の精神勝利、虚しくならないのか?

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…「文政府、大韓民国万歳!」「日本海が消えた!今回の政府は本当に仕事ができる」「今回は表記を消して判定勝ちと言うところだが、このままKO勝ちするまで頑張れ!」といったように、韓国国内ではこの問題に関して謎の勝利宣言で溢れています。
そもそも、執着すれば執着するほど、国際社会から呆れられるとは気づいていないようですし、先程述べたように、韓国のみの独自の解釈とも疑っていないようですね。
しかし、韓国の主張通りだとしても「日本海」表記が消えたことで喜んでいるようですが、当初の目的は、「東海」表記を浸透させることだったかと思いますが、それが全く相手にされなかったことは気にしていないのでしょうか?世界から厄介者扱いされた上に、「東海」表記も叶わなかったのにも関わらずここまで「大勝利!」と盛り上がれる韓国メディアと韓国国民の感覚は日本人からすると全く理解できません。
この韓国が日本を貶めようと一人相撲する様子は、WTOの韓国人議長選出に対する執着でも同様ですが、熱心な活動により得られたもの以上に大きなものを失っており、国際社会において、迷惑をばら撒いていることにそろそろ気づいてほしいものです。

報道 探
報道 探

韓国人お得意の「精神勝利」自国だけで騒いでほしいですね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました