文大統領が日韓関係進展無しで焦る!菅首相の「韓国スルー」に韓国国民イライラ【世界情勢】

文大統領が日韓関係進展無しで焦る!菅首相の「韓国スルー」に韓国国民イライラ【世界情勢】
文大統領は菅首相に就任祝いの書簡を送り、チョン首相も祝いの書簡を出しました。 それに対して菅首相は就任後の記者会見で韓国に触れず、韓国政府は焦っています。 しかし、焦っているのは政府ではなく、四面楚歌となった文大統領の方であるといえます。 ■チャプター 00:00 オープニング 01:01 jbpressより 菅...

『文大統領が関係進展無しで焦る「韓国スルー」に国民イライラ』

文大統領は菅首相に就任祝いの書簡を送り、チョン首相も祝いの書簡を出しました。
それに対して菅首相は就任後の記者会見で韓国に触れず、韓国政府は焦っています。
しかし、焦っているのは政府ではなく、四面楚歌となった文大統領の方であるといえます。

菅総理の「韓国スルー」に狼狽する文在寅大統領


文在寅大統領は16日、菅新総理に就任を祝う書簡を送り、「韓日関係をさらに発展させるため共に努力していこう」と述べた。
また、チョン・セギュン首相も祝いの書簡で、「未来志向の韓日関係発展のため対話と協力を強化しよう」と述べた。
これに関して大統領府の報道官は、日本政府といつでも向かい合って座って対話し疎通する準備ができており、日本側の積極的な呼応を期待すると付け加えた。
しかし、菅総理は何の反応も示さなかった。
これについて朝鮮日報は、「菅総理の外交政策の基調が、『コリア・パッシング(排除)』に向かっているのではないかとの懸念がある」と報じ、日本が反応しないことに不満を表明している。
確かに、菅総理は就任後初の記者会見で、米国、中国、ロシアに言及した。
北朝鮮についても「拉致問題は前政権同様、最も重大な課題である」と語った。
しかし、周辺国の中で韓国にだけは言及がなかった。
韓国は、文政権が祝いの書簡を送ったことで、日本との関係改善を働きかけていると言いたいのであろう。

しかし、言行不一致が文政権の特徴でもある。
文政権が「何を言うか」ではなく「何をするか」で判断しないと政策を誤ることになる。
就任祝いの書簡の中できれいごとを述べても、実態が反映されていない。
慰安婦問題で、2015年の合意を実現するため、菅官房長官(当時)は元駐日大使のイ・ビョンギ氏(当時。
その後、朴槿恵大統領秘書室長)と合意内容の調整に尽力した。
しかしこれを一方的に破棄したのが文在寅大統領である。
そればかりでなくイ・ビョンギ氏を逮捕し、拘束した。
さらに朝鮮半島出身労働者(以下「元徴用工」)問題では、大法院の判決を誘導しておきながら、その判断は尊重しなければならないとして、日本企業の資産の現金化に進んでいる。
こうした問題について文在寅大統領が態度を改めた兆候はない。
それではいくら韓国側の対話の呼びかけに応じても成果はないであろう。
日韓関係を悪くした元凶は安倍前総理でなく、文在寅大統領本人である。
「韓国政府の行動を改めた時に初めて日韓関係の改善ができる」ということを文在寅氏がしっかり認識し、実際に行動に結びつけなくては日韓関係は前進しないのである。

【これに対する私の見解】

レッサーパンダ
ポッチ―


それでは 記事を読んだ僕の感想ですが文大統領は最近日韓関係の改善を図ろうとしており、それは菅首相に就任祝いの書簡を送ったことからも垣間見えます。
文大統領は大統領就任当初より、日本に対して強硬な姿勢を示していましたが、何故、今更改善を目指しているのでしょうか?文大統領の主張は「日韓関係悪化の張本人である安倍首相が辞任して、菅首相に交代したから」です。
しかし菅首相は外交政策は安倍前首相の方針を引き継ぐ算段であり、実際に安倍政権下で外交を取り仕切っていた茂木敏充外相を留任させています。
従って菅首相に交代したからといって、対韓外交が大きく変わるわけではありません。
そもそも、安倍首相在任時の8月15日に行われた光復節でも例年と異なり日本批判を行っておらず、文大統領の主張は明らかに矛盾しているといえます。


では文大統領の本当の狙いは何なのでしょうか?それは外交での孤立を少しでも改善することだといえます。
日本や米国との関係は文政権発足時から悪化する一方でしたが、今年に入ってからは文大統領が重視してきた北朝鮮や中国との関係も悪化しています。
これまで文大統領は金正恩委員長に対して、どんな要望も受け入れていることもあって、金委員長と文大統領の関係は良好であり、韓国と北朝鮮の間には融和ムードさえありました。
しかし、今年に金委員長の妹の金与正副委員長が組織指導部を掌握すると、ケソン市の南北共同連絡事務所を爆破するなど、北朝鮮との関係は悪化しました。
また、中国とは何度も訪中して会談するなど、蜜月関係をアピールしていますが、中国は在韓米軍の撤退すらさせられない韓国に関して、冷ややかな姿勢を取っています。
このように韓国は東アジアで孤立無援となっているので、それを少しでもマシにするために日本との関係改善を図っているといえます。


これに対して茂木外相は「国際法に違反しているのが韓国側であるのは間違いない。
しっかりした対話の中で物事を解決していきたいとの方向は変わらない」と発言しています。
そしてそれは日韓関係の改善は国際法違反の是正しかないという日本の主張を再確認するものとなっています。
といったように、自身の状況だけを考えて、一方的に関係改善を訴えているわけですが、このような融和ムードに動いている裏では、日本海の表記を消すことに躍起になったり、福島の風評被害を広めたりと、記事でも言われているように、この書簡の中だけの上辺の友好ムードなどは全く信用することはできません。
何度も言っている事なのですが、本当に関係を改善したいのなら、とにかく“約束を守る・国際法を遵守する”という姿勢を見せる事です。
そして、それで関係が改善できる訳ではなく、やっとスタートラインなのです。

■この記事に対する反響

ポッチ―
ポッチ―

それでは、この記事に対する反響なのですが…現在韓国では、日本との融和を訴える声が上がっているようなのですが、「この様に反日に行けば、むしろ我々に良くない結果だけが出て、日本だけ良い結果が出るんですよ、日本が嫌いですが、日本に良くなくて韓国にとって良い結果のためには、日本と親しくならなければならない困難な状況です」「朝鮮労働党と中国共産党が消滅するまでは日本とは仲良くしておこう。
日本を叩くのはそれからでも遅くない」といったように、その内容は、到底日本との関係を改善したいとは思えない呆れた声が聞かれます。
日本は嫌いだが今は反日に走る局面じゃないという、気持ちいいほどの利己的な考えに、もはや溜息しか出ません。
しかし、こういったように国民からも打算的とはいえ、関係改善のこえが出るという事は、それほど韓国が退っ引きならない状況に陥っており、焦りを覚えているのでしょう。
一方では「韓国は、日本と関係が悪くても残念な事は無いよ」「最初から安保的に日本が我々の役に立った事がありますか?」など日本とはこれまで通りの関係で十分だという声も上がっています。
むしろこういった意見の方がすんなりと信じられますね。
文大統領も本心では日本とは断行して、早くレッドチームに入りたいと考えているでしょう、外交があまりにも上手くいかないことから、日本にすり寄っていることが見え見えです。
このような下心丸出しの要望に日本が応じるはずもなく、文大統領の目論見は崩れる可能性が高いです。

ポッチ―
ポッチ―

文政権下で応募工問題が解決しない以上日本との関係改善は到底見込めず文外交の終焉は近いといえます

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

#世界経済#韓国経済【教えて経済HP】ニュース
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました