韓国企業が絶体絶命!過去に行った行為が自身を襲う…中国ファーウェイが韓国から優秀な人材を引き抜き【世界情勢】

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

『中国が韓国から人材を引き抜き過去に行った行為が自身を襲う…』

米国の中国対策の一環で行なわれた経済制裁から、大ダメージを受けたファーウェイ。
それを乗り越えるために、韓国から優秀な人材を引き抜いているようです。
次々に中国へ流れて行く人材…韓国企業は技術者を冷遇していたツケを払う時が来たようです。

「韓国スマートフォン人材、中国に来なさい」…中国、Huawei再生総力


中国が「華為再生」に乗り出す。
米国制裁の強度が高まったことによる措置だ。
半導体ディスプレイに続き、スマートフォン部品の人材確保に熱を上げている。
主要品目の調達が滞ると、自給自足戦略で巻き返す構えだ。
25日、業界によると、韓国のヘッドハンティング会社は、「サイン」「ジョブコリア」など主要採用サイトを通じて、カメラモジュール、イメージセンサーなど部品専門家を募集している。
働く会社名は公開されておらず、勤務地は中国全域だ。
中国メーカーが迂回的に採用する構造だ。
中国の国内人材の引き抜きは、昨日今日のことではない。
ただ、特定人物を対象に密かに行われてきた採用が、最近は不特定多数へと拡大している空気だ。

スマートフォン業界の関係者は「ファーウェイが危機に瀕し、中国全般が忙しくなった状況」とし「半導体、ディスプレイなどに限らず、多様な分野での韓国人材採用が露骨化している」と説明した。
こうした動きは米国の「ファーウェイバッシング」から始まった。
米商務省は今月17日(現地時間)、21ヶ国のファーウェイ系企業38社をブラックリストに含めると発表した。
米国のソフトウェアと技術を利用して開発・生産した半導体をファーウェイに納品できないという内容が核心だ。
今年5月に公表した輸出規制改正案よりも強い牽制だ。
サムスン電子やSKハイニックス、サムスンディスプレイなども、ファーウェイとの契約支障は避けられない。
今回の措置で、制裁対象となったファーウェイ系列会社は計152社に増え、組立施設4ヵ所も追加された。

ファーウェイのカメラモジュールの主要供給先の一つであるオーフィルムも、米国に足を引っ張られている。
先月、米国は人権侵害を理由に当該業者を制裁することにした。
カメラモジュールに搭載されるイメージセンサーの調達も問題だ。
制裁強化でソニー、サムスン電子などの製品供給が難しくなったためだ。
中国でスマートフォン部品の人材を充員しようとする理由だ。
半導体、ディスプレイ人材の採用も相変わらずだ。
部品専門家と同じく採用サイト、ヘッドハンティング会社などを活用して国内専門家を誘惑している。
半導体業界関係者は「表立って国内の人材を引き抜こうとする動きに、中国が急になったと感じられるほど」とし「内部的に取り締まりはしているが、破格の待遇を提示する中国業者の誘惑を拒否することは容易ではない。
これを防止する政府と企業の対策作りが切実だ」と指摘した。

【これに対する私の見解】

レッサーパンダ
ポッチ―


それでは 記事を読んだ僕の感想ですがファーウェイは技術者の引き抜きを得意としており、これまでも韓国の他、なんと、米国からも引き抜いていました。
しかし、ファーウェイはトランプ大統領による経済制裁によって、米国から引き抜くことが出来なくなったため、韓国から引き抜くしかなくなっただけで、引き抜き自体は以前からありました。
これまでもサムスンからファーウェイの子会社に、最高技術責任者として転職した人の年俸が10倍に上がったなどの例があり、話によると、サムスンの中核を担う技術者で、中国からの引き抜き工作を受けなかったものはいない、ともいわれています。


その背景としては韓国のものづくり軽視があるといえます。
韓国では体を使う現業職は下に見られることが多く、実際に現場で開発する技術者も、その例外ではありません。
これにより管理部門と開発部門で露骨に給与体系に格差が出ていることから、韓国の技術者たちの間では潜在的に不満が燻っています。
また韓国企業は熾烈な出世争いがあり、40歳を過ぎたら、常に負けたらリストラというデスマッチが続きます。
他国企業では技術者は開発部門内での成果を上げる競争にとどまるので、社内のライバルは開発部門内にとどまり、管理部門などの出世競争とは無縁でいられます。
それに対し、韓国は管理部門を中心とする出世競争に技術者も巻き込まれ、さらに技術者の評価の低さも相まって、かなり不利な状況で出世競争に挑むことになります。
このことからも、韓国から技術者が流出するのは構造的な問題が大きいといえます。


こうした技術者不足を韓国企業は日本からの引き抜きで補っていました。
10年代前半、韓国企業は日本の企業から優秀な技術者を引き抜いており、このことが、韓国企業の成長を進める大きな一因となりました。
その背景には、日本企業はリーマンショックに加えて東日本大震災により大不況に陥り、一部のサラリーマン社長が大規模な技術者のリストラを行ったことがあります。
韓国企業はそういった日本の技術者から技術だけを搾り取り、散々使い倒して数年後にリストラして捨てる算段でした。
しかし技術基盤の格差から彼らを完全に使いこなすことが出来ず、さらに元々の技術者軽視や日本人蔑視もあって引き抜いてきた技術者のモチベーションは日に日に悪化していきました。
彼らのほとんどはアベノミクスで経済が回復した日本に戻ったり、急成長を続ける中国に移籍したので今の韓国にはほとんど残っていません。
韓国はこれまで日本にしていたことがブーメランのように自分たちに返ってきたといえます。

■この記事に対する反響

ポッチ―
ポッチ―

それでは、この記事に対する反響なのですが…「数年でも数億貰えるなら行きます!こんな国にいたくない」や「技術者を冷遇する大企業からはたくさん引き抜かれるでしょうね…」など、引き抜かれることは仕方がないという声があります。
待遇が悪い韓国の技術者からしたら、中国企業のオファーは非常に魅力的に写るでしょう。
一方で「あなたが中国に行って働くのは止めはしない、ただし、これだけは覚えてほしい。
中国はあなたが苦労して蓄積した技術を一瞬にして略奪してコピーした瞬間、あなたの使い道は永遠になくなるだろう」や「すぐに捨てられて国内企業に訴訟されて泣くことになる、そのまま国内にいる方がいい…」など中国に行ってもロクなことにはならないという声も上がっています。
中国企業も韓国と同じく人材の使い捨てを行っているので、中国に行っても一生勝ち組ではいることは難しいといえます。
しかも、国からは売国奴と蔑まれることとなり、リスクは小さくはありません。
座して死を待つか、中国へ行って活路を見出すか、韓国の技術者は苦悩しています。
しかし、米国の規制下で苦しい状況である中国も必死なのは変わりません。
リスクも大きい話ですので、想像を超える提案がされる可能性もあります。
今後、中国企業が、韓国の技術者の引き抜きに対して、どのような行動を起こしてくるのかに注目をしていきたいですね。

ポッチ―
ポッチ―

引き抜きを得意としていた韓国が、引き抜きによって深刻な影響を受けるのは因果応報であるといえます。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

#世界経済#韓国経済【教えて経済HP】ニュース
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました