文大統領の宣言に対し、日本は「譲歩圧迫しただけ」と否定的評価…進展しない状況に文政権が評価を落とす【世界情勢】

文大統領の宣言に対し、日本は「譲歩圧迫しただけ」と否定的評価…進展しない状況に文政権が評価を落とす【世界情勢】
文大統領が日本との対話姿勢を見せた事に対して、日本のマスコミは否定的な評価を下しました。 その事に韓国から注目が集まっていますが、日本の反応がそんなに気になるのでしょうか? 過敏な反応の背景には韓国の本音が隠されているようです。 ■チャプター 00:00 オープニング 01:02 ソウル新聞より 文大統領祝辞に日...

『文大統領の宣言に対し日本は否定的進展しない状況に文政権評価を落とす』

文大統領が日本との対話姿勢を見せた事に対して、日本のマスコミは否定的な評価を下しました。
その事に韓国から注目が集まっていますが、日本の反応がそんなに気になるのでしょうか?過敏な反応の背景には韓国の本音が隠されているようです。

文大統領祝辞に日本メディア否定的評価「譲歩圧迫しただけ」


文在寅大統領が15日、光復節の祝辞で強制徴用問題と関連して「人権尊重努力」を強調し、日本政府との対話の意志を明らかにしたことについて、日本メディアは概ね否定的な評価を出した。
共同通信はこの日、文大統領が対話しようと述べたが、日本政府が要求する具体的な対応策については言及していなかったとし、徴用被害者問題をめぐり妥協しないという立場を改めて示したと分析した。
また、文大統領が「個人の尊厳を守ることが決して国に損を与えることにならないという事実を明らかにする」としたとして、通商分野の負担を理由に日本政府と譲歩する交渉はしないという点を強調したものと評価した。
読売新聞は、文大統領が日本政府といつでも直面する準備ができていると述べたのは徴用訴訟の被告である日本製鉄(旧・新日鉄住金)の韓国内資産の売却命令が行われ、日本企業に実際の被害が発生する前に政府間交渉で解決するという意を表わしたものと説明した。

また、日本企業に賠償を命じた韓国大法院判決について文大統領が「大韓民国の領土内で最高の法的権威と執行力を持つ」という点を挙げて、原則的な立場から退かないと強調したとしながら、これは日本政府との交渉で譲歩を圧迫するのための発言と見られると分析した。
毎日新聞も文大統領が日本政府に対話を促しながら、司法判断に介入することができないという立場を改めて主張したと紹介した。
また、徴用訴訟の原告が自分たちのせいで日本の輸出規制が行われ、韓国が損害を被っていると話したというエピソードを文大統領が紹介した後、「個人の尊厳を守ることが決して国に損を与えることにならないという事実を明らかにする」と述べたとし、今後も日本に断固とした対応に乗り出すことを示唆したと伝えた。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

光復節の祝辞で文大統領が日本との対話の意志を示しました。
しかし結論は「司法府の判決を尊重する」と決まっているのに、いったい何を話し合うと言うのでしょうか。
結局日本側にだけ譲歩を求めている事ははっきりしています。
この事に対して日本のメディアが否定的な報道をするのは当然でしょう。
興味深いのは、この記事が文大統領の発言そのものではなく、それに対する日本のメディアの反応を扱っている点です。
要するに、日本の反応が気になって仕方がないのです。
日本企業の資産売却がされた場合に予想される、日本側の制裁に怯えている証拠でしょう。
この日本の否定的な報道に対しても韓国政府は、「報道が事実なら遺憾」というコメントを出しています。
日本政府の公的な発言でなく、マスコミの報道に遺憾を表明するのはかなり異例な事ですが、それだけ韓国政府も日本の制裁に神経質になっていると言えるのではないでしょうか。
文大統領の発言にもそうした弱腰の姿勢が滲み出ています。
本来、光復節というのは朝鮮が日本の統治から解放された事を祝う祝日です。
そのため光復節の祝辞では、例年反日色の強いものが多いのです。
文大統領は特にその傾向が強く、実際昨年までの祝辞では“克日”という言葉で日本を敵視したり、親日清算と言って日本に協力的な勢力の排除を訴えてきました。
それが今年になって急に対話するポーズを取っています。
対話アピールをしておけば、日本の制裁で打撃を受けた際に、国内で起こる批判をかわせると考えているのかも知れません。
韓国は話し合う努力をしたのに日本が一方的に制裁を加えてきた、とでも言うつもりなのでしょうか。
あるいは歩み寄る姿勢を見せる事で、日本が譲歩するとでも思ったのでしょうか。
しかし、そもそもこの問題について日本側が譲る理由は全くありません。
日韓の請求権問題については、「完全かつ最終的な解決」をした事だと1965年の日韓請求権協定で定められています。
韓国側はこれに対して、個人の請求権は協定に含まれていないと反論していますが、日本は請求権協定の際に個別償還を行うと個人への保証を提案しています。
しかし韓国は、個人への保証は韓国政府が行うという事だったので、日本は韓国政府に一括して補償を支払うよう求めました。
そして日本からもらった補償を個人にはほとんど支給せず国内インフラ整備に流用しています。
嘘を吐いて日本から金を騙し取り、それを使い込んだという事です。
応募工が日本企業を訴えるのは完全な筋違いで、これは本来韓国政府が払うべき補償なのです。
この事実を踏まえたうえで「国際法を遵守する」なんて言われても否定しかできません。
こうした歴史的経緯を一切伝えない韓国政府の罪は重いですし、日本の制裁に怯えるのも自業自得としか言いようがないですね。
それでは、この記事に対する反響をポッチー君に教えてもらいましょう。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

・政府の反日を喜ぶ層が縮小
・反日ばかりの政府に不満
・支持率とかより国を立て直せ

ポッチ―
ポッチ―

アシスタントのポッチーです!それでは、この記事に対する反響なのですが…「日本に対して低姿勢は容認できない」「日本メディアが否定的という事はいいことだ」というように、反日色に染まって日本が怒っていることを喜ぶ声も聞こえるのですが、「反日で支持率を上げようとする魂胆」「日本叩きをする前に自国を正せ」といったように、現状の対策ではなく、印象ばかり気にする事を責める声が多いです。
また「日本を叩いても状況は改善しないのに固執する歴代最悪の無能な大統領」など、この状況での反日政策ゴリ押しに対して疑問の声もかなり目立っています。

【これに対する私の見解】

報道 探
報道 探

ポッチー君ありがとうございました。
もっと日本に対して攻撃的な意見が多いのかと思ったのですが、文大統領を批判する意見も結構目立ちますね。
反日を利用して支持率を上げようとする事を警戒するコメントも目を引きます。
確かに反日は支持率を手っ取り早く上げる便利な手段ですが、さすがに使い過ぎたという事なのでしょうか。
いずれにしても今回の文大統領の発言は「対話しようとしたのに日本が応じなかった」と言う為の責任逃れである事は間違いありません。
韓国に深刻なダメージを与える応募工問題を解決するのではなく、責任逃れと言う自分の保身を優先する文大統領に、一国の代表としての資質がまるで無い事は明らかです。
文大統領を批判するコメントが増えているのは、その事が韓国国民にバレてきているという事なのかもしれません。

報道 探
報道 探

支持率が低下し続け、保身に走り始めた文大統領ですが、得意技の「反日」も、とうとう国民に見透かされてしまったようです。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました