韓国文大統領の一方的な主張を日本がバッサリ「徴用訴訟、韓国が具体的解決案を提示しろ」【世界情勢】

韓国文大統領の一方的な主張を日本がバッサリ「徴用訴訟、韓国が具体的解決案を提示しろ」【世界情勢】
先日、韓国の光復節で行なわれた文大統領の演説ですが、徴用問題について一方的な意見を述べていました。 自国民からの支持を得るために日本には折れるつもりはないという姿勢を見せていましたが、 これに対して日本政府から韓国に対して冷めた反応が返ってきたようです。 チャンネル登録 ⇒

『文大統領の主張を日本がバッサリ「徴用訴訟、具体的解決案を出せ」』

先日、韓国の光復節で行なわれた文大統領の演説ですが、徴用問題について一方的な意見を述べていました。
自国民からの支持を得るために日本には折れるつもりはないという姿勢を見せていましたが、これに対して日本政府から韓国に対して冷めた反応が返ってきたようです。

日本「徴用訴訟、韓国が具体的解決案を提示しなければ」


日本政府の高官が日帝強占期の韓国人徴用被害者訴訟問題と関連し、「韓国が具体的な解決策を提示しなければならない」という立場を明らかにしたと16日、日本メディアが報じた。
前日(15日)光復節式典で文在寅大統領が徴用被害者訴訟問題に言及し、「いつでも日本政府と向かい合う準備ができている」と対話を通じた解決を要求したことに対する日本政府の最初の反応であるわけだが、やや冷淡に見える。
読売新聞の報道によると、匿名の日本政府関係者は、文大統領の光復節演説内容について、「(韓国側が)協議に応じる姿勢を見せてはいるが、日本に譲歩を迫る従来の立場に変化はない」とし、比較的低い評価を下した。
日本の外務省幹部は「対話が重要なのであれば(韓国が先)、具体的な解決に至ることができる案を見せてほしい」と述べたと伝えられた。
読売はまた、「慰安婦問題などで被害者中心主義を掲げる文在寅政府とは関係改善の糸口すら見つけることができない」という日本の外務省幹部の発言内容も報道した。

【これに対する私の見解】

レッサーパンダ
ポッチ―


今年の文大統領の光復節演説は、何というかインパクトが薄い内容でしたね。
国民の支持率も気にしないといけない、だからと言って日本に強く出すぎると、報復が行われるかもしれないという板挟み状態、かなり苦しい状況が伺えます。


しかし、派手な事は言っていないだけで、十分びっくりするようなことは言っています。
資産現金化問題で「国際法の原則を守っていく」とかどの口が言うんだろうと思いました。
国際法を破ったうえで仕掛けてきたケンカで、国際法を守って対応するというんですから、これでは一生話がまとまるわけがありません。
「諦めることなく日本と対話を続けていく」というように述べていますが、ハッキリ言って時間の無駄にしかならないでしょう。


こういった事を受けてなのか、日本政府の対応も冷たいものとなっています。
最早、日本が何かを考えて決着をつけるのは不可能と諦めたのでしょうね。
日本の提案で終わらせるためには賠償するしかないのですから…そこで、この現金化問題について韓国に解決案を出せと迫ったわけです。
この対応は、地味に効いているようであちらでは動揺している様子が伺えますね。
あちらの国民も、このまま引っ張るのではなく、早い決着を韓国政府に望んでいるようです。

ポッチ―
ポッチ―

一体どのような方法で、国際法を踏まえたうえで決着をつけるんでしょうね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

#世界経済#韓国経済【教えて経済HP】ニュース
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました