韓国の切り札「GSOMIA破棄」、実は文大統領が裏で「破棄しちゃダメ」と命令していたことが発覚…支持層は落胆【世界情勢】

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

『韓国の切り札「GSOMIA破棄」文大統領「破棄しちゃダメ」と命令』

これまで韓国側が日本に反撃する時の伝家の宝刀的な手段であった「GSOMIA破棄」。
経済的な制裁を韓国側から加えることが難しいため、安保面での圧力に頼らざるを得ないわけですがこれもパフォーマンスに過ぎないのではないかという疑惑が、表に持ち上がってきているようです。

GSOMIAいつでも終えることができると言いながら、裏では「忠実に移行」

韓国政府は連日、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について「いつでも終了することが可能だ」との立場を示しているが、文在寅大統領は実際には「GSOMIAを忠実に履行せよ」という趣旨の指示を下していたことが5日までに分かった。
表面上は日本に対して強硬一辺倒の立場を頑なに守っているように見えるが、裏ではこれとは異なり韓日関係悪化を意識したかのような行動を取っているわけだ。
国防部が野党・未来統合党のペク・チョンホン議員に提出した「大統領の指示事項の推進実績」によると、文大統領は4月1日「韓日GSOMIA協定義務履行」と題する指示を下した。
指示文には「日本がGSOMIAに基づいて北朝鮮のミサイル情報を3度にわたり要求している」「われわれはGSOMIAが終了する瞬間まで義務を果たし、資料を送付する」との内容が盛り込まれていた。

大統領の指示が下された4月1日は、北朝鮮がカンウォンド・ウォンサン一帯から短距離弾道ミサイル2発を東海沖に発射した日の2日後だった。
北朝鮮は当時、3月だけで9発のミサイルを発射するなど挑発を続けており、韓国軍は「GSOMIAに基づいて日本に情報を提供しているのか」との質問に「日本側の要請があれば応じる」と原則的な立場だけを述べていた。
国防部は大統領の指示に対し、四半期別の詳細な推進計画を立てた。
国防部は「日本側が情報交換を要請した場合、韓日間の情報交換を積極的に検討し、迅速に実施する」として、推進実績について「第1四半期(1-3月)と第2四半期(4-6月)に、情報交換要請に基づく韓日間の情報交換を実施した」と明らかにした。

しかし国防部や外交部をはじめ韓国政府は、その間もGSOMIA関連の質疑があるたびに「いつでも協定は破棄できる」と述べていた。
国防部は7月、日本が防衛白書に韓国のGSOMIA終了決定について「韓国の戦略的決定と評価する」との内容を盛り込むと、日本の武官を呼んで遺憾の意を伝えた。
外交部も4日、GSOMIAに関する質疑で「日時に関係なく、わが国政府がいつでも終了することが可能」と述べていた。
ペク・チョンホン議員は「表向きには反日感情をあおり、わが国の安全保障と直結するGSOMIAを今すぐにでも破棄できるような言い方をしているが、実際にはこれとは異なる行動を取っている」として「外交関係を国内政治に利用する振る舞いは止めるべきだろう」と述べた。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

といったように、これまで対日交渉の切り札として韓国が度々チラつかせてきたGSOMIAの破棄。
今回の応募工訴訟に伴う、日本の対抗措置に対しても「GSOMIAはいつでも終了させることは可能。維持は、日本の輸出規制措置の撤回の動向次第だ」との認識を示すなど、韓国側が圧力をかけられる唯一のカードとして存分に利用しています。
文政権の反日政策のほとんどは、自身の岩盤支持層に向けたアピールが大きいわけですが今回のGSOMIA破棄も、「こんなに日本を困らせてるぞ!」という支持者に対する忖度に過ぎず、実際は破棄に伴う安保上の不利益、米国の視線を考えると、身動きが取れないのが現状なのではないかと噂されてはいましたが、今回の報道により、それが決定づけられた形となりました。
なにより、北の挑発行為は今は小康状態となりましたが、いつ過激化するかもわからない状況ですし、文大統領は親中派の態度をとってはいますが、米中対立の最中で米国と同盟国である韓国にとって、中国も確実に信用できる相手とはいえません。
そのような状況でGSOMIA破棄を実行するということは、さすがの文大統領でもできないでしょうし、それどころか日本との軍事的結束を強化しておきたいというのが本音なのかもしれません。
また、先日、ボイス・オブ・アメリカで米国務省関係者は、韓国側が再びGSOMIAの破棄をチラつかせたことを受けて、「日本と韓国が、迅速で効率的な軍事情報を共有するという内容は、日本と韓国の安保だけでなく米国の安保にもとても重要であり、更に広い地域の安定にも重要だ」と語ったうえで、「米国は、国防と安保問題は日韓関係の他の領域と、分離され続けられなければならないと、固く信じている、我々は共同の利益を認めながら、日本と韓国、そして日米韓の安保協力を追及し続けていく」と日米韓の軍事同盟の維持と強化の展望を改めて強調しました。
これは日韓の歴史問題などという、米国にとっては些細な問題で、中国と北が不穏な動きを見せている中、アジアの軍事同盟の調和を乱すようなことは許さない、という米国側の牽制でもあるのです。
昨年のGSOMIA破棄騒動では米国を激怒させ、大きく信頼を失った文大統領ですから、今の状況でさらに米国の心証を悪くすることは避けなければなりません。
何より、スワップなど経済面でも首根っこを掴まれていますから身勝手な行動はできません。
しかし、このまま応募工訴訟の司法と市民団体の暴走を、知らぬ存ぜぬで貫き通し、日本が対抗措置を取った場合、為す術がなければ、支持層に対し、顔向けできなくなってしまいます。
米国の目と韓国の国益を考えればGSOMIAの破棄など決してできないわけですが、支持率が急落している今、支持層を無視する事も簡単ではなく、采配に注目が集まります。
それでは、この記事に対する反響をポッチー君に教えてもらいましょう。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

・GSOMIA破棄はただのアピール
・文政権はその場しのぎの嘘だらけ
・支持層も離れていっている

ポッチ―
ポッチ―

アシスタントのポッチーです!それでは、この記事に対する反響なのですが…
「結局大国の顔色しか見ていない」や「日本への強気は国民の前だけ」といったようにこの記事の内容と、今までの煮え切らない状況と合わせて急速に信頼を失っているようです。
「去年の段階で破棄だったのでは?」など、結局未だ破棄されていないのは、韓国側が破棄できないせいだという事に、あちらの国民も気が付いているようです。
今回の記事に関しては、今まで何とか疑惑として抑えこんでいた考えの真実を、ハッキリと目の当たりにされてしまったようで、非難の声一色ですね。

【これに対する私の見解】

報道 探
報道 探

ポッチー君ありがとうございました。
このように、韓国国内からも強気な姿勢をアピールしてはいるが、「結局は破棄できない」といった冷めた意見が多く見られます。
また、逆に文政権の強硬な対日姿勢を評価してきたこれまでの支持層からは厳しいコメントが相次いでいます。
文大統領がその場しのぎで反日アピールをしたことに対し、結果として支持層はそれに踊らされてしまったことで、失望感を隠しきれないようです。
どちらを選んでも、厳しい批判は免れない状況となっていますが、国際社会の評価と、経済的にも軍事的にも大きく韓国の国益を損なうことを考えればどんなに応募工問題が泥沼化したとしても、GSOMIAの破棄は現実的ではないと考えていいでしょう。

報道 探
報道 探

GSOMOIAの破棄も有効なカードではなくなった今、次はどのような主張をしてくるのでしょうか?

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました