中韓首脳電話会談に国民は不安が隠せない!文政権は米国バイデン政権を裏切る気か?親中路線を懸念【世界情勢】

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

『親中路線に国民は不安文政権は米国を裏切る?』

歴史認識問題やキムチ起原論争などの民間レベルでの衝突だけでなく、国境付近での軍事的な挑発・威嚇とも取れるような接近行為など問題が山積している中韓関係。
米国からの厳しい視線もある中、文政権は親中路線を突き進んでいるようです。

韓中首脳が電話会談 習主席来韓へ協力継続


韓国の文在寅大統領と中国の習近平国家主席は26日に電話で会談し、習主席の来韓に向けて緊密な意思疎通と協力を続けることを確認した。
韓国青瓦台のカン・ミンソク報道官が発表した。
両首脳の電話会談は8カ月ぶり。
両国は昨年、習主席の来韓に向けた具体的な協議を行ったが、新型感染症の世界的な流行が続き、来韓は実現しなかった。
文大統領と習主席はコロナ禍でも両国が緊密な協力と意思疎通を維持してきたと評価。
防疫分野の協力を強化し、人的交流や経済交流を活性化させることで一致した。
また、2021~22年の「韓中文化交流の年」を成功させ、成果が得られることを願った。

22年の国交正常化30周年を前に、両国の交流・協力がさらに活性化され、「韓中関係未来発展委員会」を通じて今後30年の発展の青写真を描いていくことでも一致した。
同委員会は韓中の専門家が集まり、国交正常化30周年を機に両国関係発展の方向性を示すロードマップを策定する。
両国外相が昨年11月の会談で発足に合意した。
一方、24日が誕生日だった文大統領は、習主席が祝電を送ったことに対し謝意を表明した。
習主席は祝電で「文大統領とともに努力し、両国関係をさらに発展させていくことを希望する」と伝えた。
文大統領は「今年も韓中関係の飛躍と朝鮮半島の平和増進のために習主席とともに努力することを望む」という内容の返信を送った。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

といったように、数多くの不安材料を孕んでいる中韓関係ですが、依然として文政権の親中姿勢は変わらないようです。
バイデン政権は伝統的な日米韓関係の復元の中で、対中包囲網を形成することを望んでいますから中国に必要以上に接近することは、米国との関係にもヒビが入りかねません。
GSOMIAを日韓関係の交渉材料に使ったり、THAAD問題で中国に忖度をしているようでは、バイデン政権が強い拒否反応を示すのではないかと、韓国国内からも危惧する声があがっています。
トランプ政権時の、米国に賛同する国だけが参加する対中ネットワークとは違い、民主主義の看板を掲げ、人権侵害をする中国を包囲するという大義名分を掲げたバイデン政権に背き、北や中国に接近することは、韓国の国際評価をさらに落とすことになるからです。
今回も習近平国家主席との電話会談が、米韓首脳電話会談より先に行われたことは外交バランスを大きく欠いているという指摘が相次いでいます。
青瓦台関係者はこうした指摘を受けて、習近平国家主席との電話会談はバイデン政権発足以前から予定されていたもので、米国との優先関係をつけるものではないと釈明する事態に追い込まれています。
韓国世論が対中関係に対し、ここまでセンシティブになるのには、民間レベルでの中韓対立に、中国当局が韓国国民を軽視するような発言を繰り返し、韓国政府はそれを甘んじて受け入れていることが関係しています。
パンデミックの隠蔽疑惑があったのにも関わらず、中国からの入国を許したことを始め、最近では人気韓流アイドルBTSの発言で勃発した歴史認識騒動、キムチの起源を巡る論争でも、韓国政府は弱腰な対応を続けています。
また、軍事面でも韓国国民は中国の脅威に晒されているようです。
昨年は韓国軍の監視カメラにファーウェイ製の部品が使用され、情報が流出していたことがわかりました。
更に、最近3年間、中国軍用航空機は黄海の韓国防空識別圏に60回以上も侵入しています。
それだけではなく、中国人民解放軍海軍の警備艦は黄海の東経124度を越えて東側に入ってきたことで、韓国海軍が出動する騒動も頻発しています。
そもそも東経124度は中国が一方的に境界線だとして設定したラインですが、それすら守らなくなっているのです。
これは、中国が黄海を完全に中国の領海化しようとする計画が着々と進んでいることの表れです。
南シナ海で攻勢的に領域を拡張して、米軍の進入を遮断していることに続いて、黄海でも海・空軍を徐々に韓国領海に侵略させることで、中国化を進めているのです。
この状況で、中国に抗議することなく、さらに低姿勢で擦り寄る文政権に韓国国民は、韓国は中国の属国になってしまうのではないかという不安を募らせています。
政権最後のレガシー作りに、習近平国家主席の訪韓に躍起になっている文政権。
韓国国民にとっては「招かれざる客」ということに気づかなければ、民意はますます離れていってしまうかもしれません。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

中国は敵だ!政府の土下座外交に不安

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…「中国という国がどれほどゴミ国家であるかを認識しろ!」「このままでは韓国は中国の属国だ」「国をこのように危険にさらした政府は、これまで文政府のほかになかった」このように、韓国国内では数々の対中問題が山積しているのにも関わらず、中国に擦り寄り続ける文政権に不満の声が上がっています。
また、昨年、王毅外相が訪韓した際は王毅外相の横暴な振る舞いと、それに媚びへつらう文政権に韓国国民は大きく失望していましたから、今回も新たな軍事的挑発行為や民間レベルでの衝突が起きている状況で、習近平国家主席の訪韓に向けて奔走する文政権には批判が殺到することは避けられません。
韓国国内の批判で支持率低下をしているだけでなく、バイデン政権との関係性にも影響が出そうな文政権の親中ぶりですが、バイデン政権が本格始動してもなお、この姿勢を続けていくのか、多くの韓国国民にとって不安の種になりそうです。

報道 探
報道 探

文政権が中国にこれだけ忖度しても、中国は韓国を露骨に下に見ているのですから報われませんね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました