韓国航空業界がお祭り騒ぎ!日韓路線復活でキャンペーン開催など盛り上がる!…しかし、韓国国民は「親日派は国家反逆罪」と反日全開【世界情勢】

韓国航空業界がお祭り騒ぎ!日韓路線復活でキャンペーン開催など盛り上がる!…しかし、韓国国民は「親日派は国家反逆罪」と反日全開【世界情勢】
まだ、臨時便が中心ですが10月以降、日本と韓国を結ぶ航空便が徐々に再開され始めました。 只、昨年来の文政権の反日運動による日本旅行の自粛と、今年のパンデミックによって、 今や韓国の航空業界は瀕死の状況…かつて、ドル箱だった日韓を結ぶ航空便の現状を探ります。 ■チャプター 00:00 オープニング 01:01 京郷...

『韓国航空業界がお祭り騒ぎ!しかし、韓国国民は反日全開』

最近は、日本企業が韓国に進出していることで、輸出管理は無駄だとアピールしていましたが、久々に素材の国産化に成功したとするニュースが立て続けに報じられています。
日本と対等な技術力を確保したと鼻息も荒いようですが、本当に技術力を身に着けたのでしょうか?

だんだん開かれる日本空の道…航空業界、日本行きの飛行機を続々と再出発


日本政府が韓国人に対する入国禁止措置を解除するなど出入基準を緩和したことで、航空業界が再び日本行きの飛行機を続々と飛ばしている。
済州(チェジュ)航空は6日、3ヶ月ぶりに仁川(インチョン)-日本・東京(成田)間の運航を今月21日から再開すると発表した。
運航日程は毎週土曜日に1回運航する予定だ。
5日にはティーウェイ航空も仁川-成田路線を、済州航空は運休中だった仁川-大阪路線の運航を再開した。
ジンエアーも12月に運航予定の仁川-福岡路線の航空便の予約を受け付けている。
フルサービス航空会社(FSC)である大韓航空も13日と29日、仁川-名古屋間の臨時便の運航を準備中で、航空券の予約を事前に受け付けている。
仁川から旅客を乗せて名古屋行きの飛行機が飛ぶのは、日本が入国制限措置を施行した今年3月以降、約8ヶ月ぶりだ。
アシアナ航空も今月から年末まで成田、関西路線を毎日運航する予定だ。

先月8日から韓日政府は出張など短期滞在企業家のための「ビジネストラック」などを通じて入国を例外的に認めている。
また最近、日本政府は韓国など9カ国及び地域の感染症危険情報の警報レベルを「レベル3(訪問中断勧告)」から「レベル2(不要不急の訪問自制勧告)」に下げた。
済州航空は、今回の東京路線の運航再開を記念し、日本行きの航空券を購入する客に対し、旅程変更手数料を1回免除すると明らかにした。
イベント期間は12月31日までで、21日から来年3月27日までに出発する仁川発東京、大阪便がイベント対象となる。
無料の旅程変更は11月9日から12月31日まで可能だ。
業界関係者は「感染症事態や昨年(ノージャパン運動)以前まで、韓国と日本をつなぐ需要は航空需要の中でも圧倒的だった」とし「日本の場合、主要大都市だけでなく小都市も運航需要が多く、現地の状況を注視している」と話した。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

昨年来の文政権の反日運動によるノージャパン運動で、韓国の航空会社の業績は大打撃を受けましたが、更に今年のパンデミックによる海外旅行の自粛で、韓国の航空会社は瀕死の状況に追い込まれています。
もともと、国土の狭い韓国では国内長距離移動は、KTXなどの高速鉄道が主流で、航空会社の売り上げの9割は、国際線の売上によるもので、内3割は日本路線という構図でした。
しかも昨年、日本旅行の自粛が響き、短距離路線の旅客需要が激減したため、航空会社各社は搭乗率を上げるために運賃を大幅に下げたところ、新型感染症に襲われた訳です。
その結果、2019年に9社まで認可されていた航空会社ですが、現在は7社に減っています。
既に、ティーウェイ航空やエアソウルは短期休職の希望者を募り、済州航空では経営陣が給与の3割以上返上を決め、無給休暇の対象を全従業員に拡大しています。
11月までジンエアー・ティーウェイ航空・済州航空などに、雇用維持支援金が支給されていますが、これが無くなると人員削減の嵐が吹き荒れそうです。
従って、年末にはイースター航空をはじめ、経営状況が思わしくない航空会社の連鎖倒産や、フルサービスのアシアナ航空の経営破綻の可能性を指摘する現地メディアが出ています。
もともと、アシアナ航空には身売り話が出るなど、ノージャパン運動と感染症騒動の前から、経営状態は予断を許さない状況と言われていました。
現在は同社も新型感染症対策による雇用維持支援金で一息ついていますが、これが無くなる年末年始には経営が厳しくなることが予想されます。
つまり、韓国の航空会社にとって、ドル箱の日本路線の再開はグッドニュースに違いない訳ですが、現在の状況から見ると焼け石に水の状況なのです。
新型感染症に苦しんでいる事情は日本の航空各社も同じですが、まだ、1年ほどの経営体力が残る日本の航空会社に比べ、韓国の航空会社の余力は無い状況です。
直接的には新型感染症による海外旅行の自粛の影響が大きいですが、それ以前の文政権による反日運動で日本旅行が自粛されたことが致命傷となっており、日本に依存していた韓国航空業界は経営体力を奪われてしまう事態になっていたのです。
疲れ切ったところに新型感染症ですから堪まったものではありません。
結局、韓国の航空会社は文政権の主要政策である反日政策の犠牲になったと言えますが、文政権は全ての責任を新型感染症拡大に押し付けようとしています。
財政難をアピールしていますし、結局、国の支援らしい支援を受けられず、数社の韓国の航空会社が経営破綻することになりそうです。
財政赤字垂れ流しの文政権に航空会社を支援する財政的な余裕はない筈ですから、ここでも文政権の無策が企業や従業員を苦しめることになります。
文政権はこのようなブーメランをいつまで投げ続けるのか、愚かとしか言えません。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

根強い反日感情、日本に行くやつは非国民

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…日韓を結ぶフライトが再び再開を始めたことに対して、「日本は感染症が蔓延しているが、行って何をするのか?」「まだ輸出規制の問題もある…」「恥知らずの親日派たちが問題だ!国家反逆罪で捕まえろ!」と、厳しい意見が見られます。
日本に依存している事実を認めたくなくて必死なようですが、このような態度をとって苦しむのは韓国側だと何故理解できないのでしょうか?自国の経済状況などを、まともな感覚で見れるのなら、このような意見は出ないと思うのですが、文政権が行った反日政策の成果なのでしょう。
ここまで徹底してしまって、日本に頼らないといけない状況とか考えないのでしょうか?これでは、日韓路線が復活しても、以前のような活気は戻らないでしょう。
韓国の航空業界は覚悟を決めざるを得ないでしょうね。

報道 探
報道 探

折角の路線再開も、反日運動の流れを引っ張り、韓国の航空会社が立ち直ることは望み薄です。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました