韓国軍のクーデターは起こるのか?韓国メディアが日本のゴシップに徹底抗戦!文政権の危険性を揶揄しているだけ【世界情勢】

韓国軍のクーデターは起こるのか?韓国メディアが日本のゴシップに徹底抗戦!文政権の危険性を揶揄しているだけ【世界情勢】
日本のマスコミでは「韓国軍がクーデターを画策している」と報道していることがありましたが、 実際のところは憶測交じりの記事であり、本質は韓国政府の安保面の不安を表しているのでしょう。 韓国側はこれを取り上げていますが、その本質には気付いているのでしょうか? ■チャプター 00:00 オープニング 00:53 WoW...

『韓国軍のクーデターは起こるのか?日本のゴシップに徹底抗戦!』

日本のマスコミでは「韓国軍がクーデターを画策している」と報道していることがありましたが、実際のところは憶測交じりの記事であり、本質は韓国政府の安保面の不安を表しているのでしょう。
韓国側はこれを取り上げていますが、その本質には気付いているのでしょうか?

日本のマスコミが騒ぐ「韓国軍のクーデター」、本当に可能なのか?


韓国軍はクーデターを起こせるのか?韓国の文在寅政権を巡り、しばしば日本のスポーツ紙を始めとした韓国について非専門的な日本のマスコミが騒ぐことがある。
韓国軍が米国の支持・黙認の下「反共(反北・反中)」の国の方針を守るとの名目・大義名分を掲げてクーデターを起こす可能性のことだ。
かつて”反米の民族主義”を推進していて、今の文在寅大統領が大統領秘書室長を務めていたノ・ムヒョン政権時(2003~2008年)にも同様だったと記憶する。
”親米”政権、つまり迂回して”親日的”な政権を打ち立てるだろうとの記事を目にすると、果たしてその可能性はあるのだろうか、と確かめたくなる。
しかし、朝鮮半島(韓半島)の研究をすればするほど、関連の専門家であるほど、もしくは場合によっては素人の日本人や韓国人が韓国社会に詳しく理解するほど、その可能性については否定的なのだ。
かつて「朝日新聞」記者として韓国に関わり、”コリア関係”の著作もある田中明氏は、パク・ジョンヒ政権以来の約30年間の軍事政権は、儒教的な「右文(学問や文学を重んじること)」文化が根強い半島史においては、軍人が政権・実権を掌握する「例外」の時代と説明する。
また日本統治下の約35年間も、その例外的な「尚武」文化の時代と解釈される。
むしろチョン・ドゥファン11代・12代大統領、故ノ・テウ13代大統領などの軍事政権の末期以降の民主化は、「右文」文化への揺り戻しだと解釈されている。
つまり文化的に、韓国人・韓国国民の感情・感覚において、軍事政権は勿論、クーデターは受容し得るものではないと言うのだ。
更にその後、アジア通貨危機に端を発したIMF事態で、韓国を経済危機に陥れた”戦犯”として評価のイマイチな故キム・ヨンサム14代大統領だが、彼の政権下における軍隊に関する改革が、実際的な面においてクーデターを不可能なものにした。

具体的には1、政軍関係における法的な「政治」の優位確立2、文民統制や軍人の言動への監視の徹底に関する法制度化3、ハナ会の解散と構成員への追放・退役処分などの措置、4、人事・任期を厳格に運用する事で属人的な軍隊内のコネクションや関係発生の根絶、5、人事考課(こうか)上の軍人の高学歴化推奨や「公務員化」や「軍事官僚化」推進、6、「野戦軍人」「戦闘指揮官」への低評価、等である。
数人の韓国軍将校らの知己にこの問題に関して聞くと、特に日本のスポーツ紙を始めとした媒体においてクーデター説が堂々と紙面を飾っていると指摘すると、「話にならない」「論外だ」と言う反応だった。
また、「個人の将来設計・人生設計において割に合わない」「頑張ってもクーデターを起こし得るような資源・リソースの確保は1980年代以前と違って今は不可能だ」と言う現実的な回答を得ている。
正直「国家や国民」の為にならないと言う回答が皆無だったのは残念だが、全員が冗談以外の何物でもないとの反応だった。
しばしば日本のメディアで目にする「韓国軍クーデター」言説だが、韓国国民の文化や情緒に合わず、軍人がクーデターを起こし得るような環境に無いのだ。
そもそも韓国の軍人に与えられている資源・リソースの確保が今は難しく、不可能と言っても過言ではない。
従ってこのような「韓国軍クーデター」言説は単なる冗談、もしくはクーデターが頻発する未熟な国家・国民だと見下す、そんな日本の対韓観の意識的・無意識的な反映ではないかと危惧してやまない。

【これに対する私の見解】

レッサーパンダ
ポッチ―


それでは 記事を読んだ僕の感想ですが今回の記事は、日本のスポーツ紙などで度々話題になる韓国軍が密かにクーデターを起こす準備を行っているという報道に対して実際に韓国では軍事クーデターが起こりうる可能性は無いと日本の報道を窘めるものですが、ではこのクーデターの可能性を打ち出した記事を見てみると、ある記事では「米国が韓国軍に対し『クーデターで政権を倒しても支持する』とサインを送ったのではないか」というように記されています。
これは、公の場で、文在寅大統領が「反米親中」をはっきりと表明し、それに対して米国が反発したことに起因すると思います。


実際のところ、米国がはっきりとクーデターの支持を行ったわけではなく、日本の記者筋が米国の裏の思惑を読み取った、大部分を憶測に基づく情報であるのは明らかです。
米国が、韓国の4月に行われた選挙を、投票数の不正な改変によるものではないかと懐疑的な意見を示したことも、米国が現在の文大統領の政権に大きな不満を持ち、それがクーデター支援につながるのではないかと短絡的に考えることもできなくはないですが、韓国軍の現在を考えると、クーデターは起こりえないと僕は思います。
まず、韓国においては文民による政治が重んじられる傾向にあり、軍人がクーデターで作った政権を韓国国民が支持するとは考えにくいですし、また、軍がクーデターを起こしたとしても、行動に見合った「旨み」がないでしょう。
クーデターを起こすための資源や見返りが少ないのです。
「国のため、国民のため」という理想だけでは動けないという事なのですが、記事ではクーデターに対する動きを親米に結び付けており、ひいては遠回りの親日に結びつける見方が示されていましたが、韓国国民における日本への印象は最悪であるとも言えます。


このことから、国民としては仮にクーデターが起こった場合、親米派の政権が樹立され、日本に対しては強硬な姿勢を崩すことになると思われているようです。
こういった事から韓国ではクーデターとは程遠い現状であることがわかりますね。
しかし、この記事の本質は、日本が妄想で韓国の崩壊を予想している事ではありません。
一番重要な部分は、そういった憶測が行われるほど、現在の文政権の安保政策は支離滅裂で、自国の安全を無視している状況だという様に見られているという事です。
僕自身も、こういった記事はゴシップ的な内容で捉えていますが、こういった話が出てきてもおかしくない土壌は、現在の韓国にはあるのは認めています。

■この記事に対する反響

ポッチ―
ポッチ―

それでは、この記事に対する反響なのですが…日本の反応では「クーデターの噂を立てられるほど文大統領は危ない状況というだけ」「韓国に、一命を賭して反乱を起こすような気概は存在しない」「軍の派閥が解体されている今、政権のまわりには官僚しかおらず、クーデターを企てて実行できるような求心力・指導力がある人物はいない」「もう軍事クーデターを企てる他に、有効な手段がないということを例えている」というように、韓国軍のクーデター説を否定する意見と、僕と同じように、韓国の状況から予想しているだけという意見が見られます。
実際、このままだと日本だけではなく米国にも見捨てられ、中国からは雑に扱われ、本来敵である北の下に付く未来しかないことを警告しているのだと理解していないようでは、今後も文政権は安泰で、レッドチームに入ることになるでしょうね。

ポッチ―
ポッチ―

クーデターを噂されるほどの、文政権の危うさに気付けるのでしょうか?

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

#世界経済#韓国経済【教えて経済HP】ニュース
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました