文政権が完全に米国から見捨てられた?共同記者会見が異例の突然中止、米国側の事情とは…【世界情勢】

文政権が完全に米国から見捨てられた?共同記者会見が異例の突然中止、米国側の事情とは…【世界情勢】
ここ最近、米国の韓国軽視が加速していますが、ここにきて決定的なことが起こったようです。 米韓安保協議会の後に開催予定だった共同記者会見が突然の中止になってしまったようで、 その原因がはっきりとせず、韓国国内では遂に韓国が捨てられたとざわついています。 チャンネル登録 ⇒ 評...

『文政権が米国から見捨てられた?共同記者会見が異例の突然中止』

ここ最近、米国の韓国軽視が加速していますが、ここにきて決定的なことが起こったようです。
米韓安保協議会の後に開催予定だった共同記者会見が突然の中止になってしまったようで、その原因がはっきりとせず、韓国国内では遂に韓国が捨てられたとざわついています。

韓米国防長官の記者会見、米国の要請で突然取り消し


韓米国防長官が14日(現地時間)、第52回韓米安保協議会(SCM)以降に開く予定だった共同記者会見が、米国側の事情で突然中止となった。
ソ・ウク国防長官とマーク·エスパー米国防長官は同日午前、米国防総省でSCMを開催した後、共同記者会見を開く予定だった。
しかし、エスパー長官が米国側の事情を理由に会見を取り消しを要請したという。
具体的な理由は明らかにされていない。
事前に予定されていた両国の共同記者会見を取り消すのは異例のことだ。
これに対し、両国間の懸案を巡り、異常気流が生じたという分析が出ている。
ソ長官就任後初の訪米となる今回の会議で、韓米は△朝鮮半島の安保情勢の評価および政策協力△条件に基づく戦時作戦統制権の返還推進△連合防衛態勢の強化など、主要な懸案全般について話し合うことで合意した。

【これに対する私の見解】

レッサーパンダ
ポッチ―


「韓国はもう奈落に落ちるんだ」という声が韓国では上がっていますが、前回のポンペオ長官に続きまたもやドタキャンを決められてしまいましたが、その時は、トランプ大統領の感染症陽性が発覚したためという、大義名分がありましたが、今回は明確な理由は明らかにされていない事からも、不安は一層強まっています。


しかも、現在韓国は米国側から多くの事を課題として出されています。
今回の安保協議会であがった「戦時作戦統制権」に米国が難色を示していることからも分かりますが、完全に韓国の事を中国側の陣営として扱っているのだと思います。
そういった態度を確定させようとしているのか、ファーウェイ排除に対して参加要請を、韓国政府はまたもや「企業が決める事」と公式的に受け入れることは難しい立場を示しています。
また、イ・スヒョク駐米大使の「米韓同盟の可変性」発言など、どんどん溝が深まっています。


こういった韓国政府の動きに対して気が気じゃないのが、最初にも触れましたが国民の皆さんです。
余りにも中国への依存度が高くなってしまった事と、文大統領の思想が合わさってしまい、最早韓国の傷を負わずしてレッドチームから離れる事は出来ないと嘆いています。
しかし、こんな状態になるまで今までいくらでも止めるチャンスはあったと思うのですが、僕としては、肝心な時には「米国は出ていけ」と叫んでいた記憶しかありませんね。

ポッチ―
ポッチ―

選挙を経て選んだのは韓国国民ですからね。
今更悪態をつくだけでは止まりませんよ。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

#世界経済#韓国経済【教えて経済HP】ニュース
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました