韓国人がドイツに不買宣言!少女像撤去の強制執行でドイツのイメージが総崩れ…しかし、韓国では新たな火種も【世界情勢】

韓国人がドイツに不買宣言!少女像撤去の強制執行でドイツのイメージが総崩れ…しかし、韓国では新たな火種も【世界情勢】
これまでは何かと日本を批判するときにドイツを引き合いに出してきた韓国人ですが、 ドイツが公娼少女像の設置を拒否したことを受けて、猛烈な批判が上がっています。 しかし、どうやら少女像について韓国では何やら意見が割れているようです。 遂にドイツ車の不買運動がはじまる! ■チャプター 00:00 オープニング 00:5...

『韓国人がドイツに不買宣言!少女像の強制撤去で怒り!』

これまでは何かと日本を批判するときにドイツを引き合いに出してきた韓国人ですが、ドイツが公娼少女像の設置を拒否したことを受けて、猛烈な批判が上がっています。
しかし、どうやら少女像について韓国では何やら意見が割れているようです。

「ドイツ車は不買しよう」…少女像撤去の指示に怒ったネットユーザーら


ドイツ·ベルリン当局が都心に設置された「平和の少女像」撤去命令と期間内に強制撤去すると脅しをかけた中、韓国のネットユーザーが「ドイツ自動車不買しよう」と怒りをあらわにしている。
ドイツ·ベルリンのミッテ区に設置された「平和の少女像」は先月末、現地の市民団体「コリア協議会」が設置したものだ。
ドイツでは初めて公共の場に設置されたもので、複雑な手続きを経た結果、今年7月に官庁で承認を得た。
銅像を設立するためには作品の芸術性と社会的意味がなければならず、地域住民の同意も必要だ。
市民団体コリア協議会は昨年から少女像の設立を推進してきた。
日本大使館が知ることになれば妨害になるのではないか心配で、計画は徹底的にセキュリティが維持された。

しかし、ドイツ·ミッテ区役所は7日、突然少女像を撤去するよう行政命令公文を送った。
申請当時、知らせなかった説明文を設置し、ドイツと日本間の緊張が造成されたという理由だった。
当初、ミッテ区では少女像を政治的に中立的な芸術作品と考え、1年間設置を許可したが、そうでないという事実を後になって確認し、撤去決定を下したのだ。
シュテフェン·フォン·ダッセル·ミッテ区庁長は「ミッテ区は寛大で開放的で、平和で尊重する態度で互いに接する100カ国出身の人々が住んでおり、このような団結性を害さないために歴史的葛藤で一方の肩を持つことを慎むべきだ」とし「一方的な公共場所の道具化を拒否する」と明らかにした。
このような決定には、日本政府のかなりの圧力が背景として作用したものとみられる。
加藤勝信官房長官は先月29日、「撤去に向けて多くの関係者に接近し、日本の立場を説明する行動に出る」と声を高めた。
日本の茂木外相は1日、ドイツのハイコマス外相との電話会談で、ベルリンの少女像が撤去されるよう協力を要請した。

日本政府の積極的な外交攻勢で少女像が撤去の危機に瀕し、日本政府は「前向きな動き」と喜んだ。
キム·インチョル外交部スポークスマンは8日の定例ブリーフィングで、これに対し「民間の自発的動きに政府が外交的に関与するのは望ましくない」と述べた。
少女像の設置を主導した協議会のハン・ジョンファ代表は「協議会がドイツで慰安婦問題など戦時の女性の暴力問題を知らせるために一生懸命に活動したが、“公共の場所を道具化した”という指摘は胸が痛い」とし、50あまりの市民団体と共同対応を模索する方針だと伝えた。
一方、消息を聞いたネットユーザーは「正面からドイツに対応しなければならない。
ドイツ自動車は不買しよう!」というやや強い反応を見せる一方、「政府は静かにしていれば愚かなことになる」「政府が乗り出して戦ってほしい」「残念だ」など、政府の対応に不満を示すなど、さまざまな反応を見せている。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

といったように、ドイツが公娼少女像の設置を拒否したことを受けて、韓国国内ではドイツへの強い抗議がはじまっています。
少女像を設置した韓国市民団体の正義連は、ドイツ側の像の設置の拒否に対して国連特別報告者などに抗議の書簡を送ったようです。
正義連は「ミッテ区の文書は旧日本軍の性奴隷制の問題を記憶するための努力を損ねるとともに、表現の自由を侵害した」と訴え、ミッテ区が何の議論もせず、撤去を指示する文書を送ったことは不当な行政手続きだと指摘。
これまでは、反日運動において「ドイツを見習え」というのが韓国の常套句でした。
公娼問題や応募工問題を、ナチスドイツのホロコーストと同一視し、「ドイツはこんなに反省しているのに、日本は…」と、比較する声をよく見かけました。
今回のドイツへの少女像設置も、ドイツに像を設置することで、日本に大きくマウントを取れるといった意図があるのは明らかです。
旧日本軍にも少なからず非人道的行為があったとはいえ、ホロコーストと同一視するのはさすがに無理があると感じざるを得ませんが、とにかく韓国はなぜかドイツに対して、一方的に親近感を抱いているようです。
就職難が続き多くの若者が脱韓国を夢見る中、ヨーロッパであれば、ほとんどの韓国人がドイツを選ぶほど、ドイツは人気です。
20代の韓国人を対象に行った「生まれ変わったときに住みたい国」のアンケートでもドイツと答えた人が1番多いほど、ドイツ愛はとても強いのです。
しかし、ドイツ側はそんな韓国人をどう見ているのでしょうか。
韓国のG7参加にはドイツも反対を表明しているだけでなく、民間レベルでも韓国人の評判は芳しくないようです。
イギリスのBBCが不定期に行っている国家イメージ調査では、2013年の調査で韓国を嫌っている人はドイツが一番多かったという事実を、韓国人は知っているのでしょうか?ドイツは65%が韓国に否定的で、2位フランスの47%を大きく上回り、韓流ブームの上陸などもないことを考慮すると、日本以上に否定的な空気が蔓延しているようです。
韓国を好きと答えた人の割合も、調査を行った国のなかで一番低く興味がない、むしろ嫌悪感を持たれているというのが現実です。
今回の公娼少女像の一件で、また韓国人が炎上騒動を起こせば、フィリピンと旭日旗を巡って、互いの国旗を破りあうまで揉めたように、これまで韓国になんの感情も持っていなかった人々の間でも嫌韓感情が大きく広まり、韓国人の異常性が認知されてしまうことになるでしょう。
日本にとっては、苦労を分かちあう仲間が増えるのは嬉しいことではありますが、突然標的にされたドイツは気の毒としか言いようがありません。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

市民団体への不信は、良いブレーキになった?

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…「ドイツ車は絶対に不買だ!政府も歴史問題の過ちだと抗議しろ!」「やっぱりドイツも戦犯国だったんだな、日本の気持ちをよくわかっているようだ」このように、韓国国内ではドイツをバッシングする声が多くなっている一方で市民団体任せで政府が動かない事で本気で取り組んでないと怒りの声が見られます。
しかし「このような情けないアピールはもうよせ、敵ばかり作ってどうなる?」など、これ以上他国との関係を悪化させて行くことにうんざりしているコメントも見られます。
また「これも不正な金儲けの一環だろう、正義連を叩き潰せ」といったように、市民団体への不信感が高まっており、少女像その物に対しての嫌悪感も増えているようで、「これは韓国の恥だ、歴史問題の間違いを正すやり方を考えねば」などの意見も増えています。
少しずつとはいえ、韓国の市民団体の異常性を理解し始めた韓国人が増えていることは幸いなことですが、歴史問題についての認識が変わらないようでは、我々としては何も変化していないのと同じことですからね。

報道 探
報道 探

日本に対してやっていたことを他の国にやっていたらいつか取り返しのつかないことになると思いますよ。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました