世界が動く中、韓国は顔色を伺い続ける…日米豪印の反中連帯決議を眺めるだけの韓国の心中は?【世界情勢】

世界が動く中、韓国は顔色を伺い続ける…日米豪印の反中連帯決議を眺めるだけの韓国の心中は?【世界情勢】
文政権のコウモリ外交、ダブルスタンダードぶりには、国際社会からも不信感が募っているようで、 米国からも中国からも軽視されている事が露呈してしまった韓国は立場が危うくなっています。 アジア諸国が続々と反中包囲網に加わる中、韓国は未だ動く気配を見せません。 ■チャプター 00:00 オープニング 00:59 毎日経済...

『韓国は顔色を伺い続ける…反中連帯を眺める心中は?』

文政権のコウモリ外交、ダブルスタンダードぶりには、国際社会からも不信感が募っているようで、米国からも中国からも軽視されている事が露呈してしまった韓国は立場が危うくなっています。
アジア諸国が続々と反中包囲網に加わる中、韓国は未だ動く気配を見せません。

日米インドオーストラリアが集まり「反中連帯」決議…。顔色ばかりうかがう韓国


米国・日本・オーストラリア・インドの外相は6日、日本の東京で4カ国外相会談を開き、「自由で開かれたインド太平洋」を実現するために協力を強化することで合意した。
今回のクワッド会談から韓国が事実上パッシングされたことで、今後のアジアの安全保障と同盟構図にどのような影響を与えるか注目される。
ポンペオ長官はこの日、4者会談に先立ち、日本の菅義偉首相を単独訪問した後、オーストラリアとインドの外相と共に再び菅首相に会った。
菅首相は、ポンペオをはじめとする外相に会った席で、「日本が強く推進してきた自由で開かれたインド太平洋戦略は、地域内の平和と繁栄のためのビジョン」とし「新政権でも確実に推進する」と述べた。
外相らはこれに対して「基本的価値を共有するパートナーとして4カ国が協力し、ルールに基づく国際秩序を強化することが重要である」と答えた。
4者会談とは別に行われた米日外相会談でポンペオ長官は「菅首相は就任後、自由で開かれたインド太平洋は、地域の平和と安全だと述べた」とし「これは米日関係でも同じだ」と明らかにした。

日本の茂木敏充外相は「菅政権で地域と国際社会の平和と安定の基礎である米日同盟を強化していく方針に変化はない」と述べた。
この日の午後遅く開かれた4者会談では、今後のインド太平洋戦略の外縁を拡大し、サイバー・宇宙空間における中国の積極的な活動についての意見を交換し、クアッド会談の定例化案などを議論した。
当初、ポンペイオ長官はこの日の会談後、韓国とモンゴルも訪問する予定だったが、ドナルド・トランプ大統領が感染症陽性の判定を受けたことに伴い日本訪問後に帰国した。
ポンペオ長官の訪韓後に、中国の王毅外交担当国務委員兼外交部長も、韓国と日本を訪問する予定だったが、中国内の政治状況を理由に延期された。
当初7日に訪韓するとしたポンペオ長官が突然日程を取り消し、韓国はクアッドの4カ国が集まって、アジアの新しい安全保障秩序を議論する光景を眺める格好になった。
これをめぐり、米国の外交優先順位から韓国が押されたという解釈が出ている。

韓国がクアッドに否定的な見解を明らかにしたことが、ポンペオ長官が韓国を訪れる動機が下がった理由という診断も提起されている。
康京和外交部長官は先月26日、米国、アジア・ソサエティ主催のセミナーで、「他の国の国益を排除することは良い考えではないと思う」とクアッド参加に否定的な立場を明らかにした。
これは中国のTHAAD(高高度ミサイル防衛システム)報復が完全に撤回されていない状況で、中国政府がクアッドに強く反発する中、第二のTHAAD事態を防ぎ、北韓の非核化中韓協力を維持しようとする動きに見える。
しかし、政府が米中間で曖昧な態度を取ることは二兎のウサギをどちらも失うことになるという指摘が出ている。
実際に王毅部長もポンペオ長官の訪韓延期が発表されると、訪韓日程を先送りにした。
シン・ボムチョル韓国戦略研究外交安保センター長は「米国の同盟ネットワーク構成に参加しなければ、韓米同盟が2流同盟に転落する可能性がある」と警告した。
続いて「韓米同盟がなければ、中国は我々をラオスやカンボジアのように接する可能性がある」と述べた。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

これまでは「経済は中国、安全保障は米国」と露骨に漁夫の利を狙ってきた韓国は、日米豪印の対中牽制包囲網とは距離を置くような振る舞いを続けてきました。
康京和外相にいたっては露骨に否定的な見解を示すなど、むしろ中国に寄り添うような風潮が日に日に強くなっていました。
それでもポンペオ長官の訪韓により「米国とは別軸の同盟関係を維持したい」というのが韓国側の思惑だったようですが、今回、トランプ大統領の急病もあって訪韓はキャンセル。
しかし、訪日は強行することからも、韓国は既に米国にとって優先順位の低い国であるということが明らかになってしまいました。
ポンペオ長官のキャンセルがわかると、中国の王毅外相も訪韓をキャンセル。
これにより、中国も、韓国という国との親交を深めたいというよりは、単なる米国へマウントをとるためのパフォーマンスに利用していたに過ぎないことが鮮明になり、韓国国内では韓国の孤立を憂慮する声に溢れています。
韓国がここまで世界から孤立してしまった最大の原因は、文大統領の異常なまでの南北統一への執着が影響しているといっていいでしょう。
米国とは在韓米軍や日米韓の軍事同盟、経済連携やパンデミック対策など様々な場面で議論を重ねてきましたが、文政権の頭にあるのは、「いかにして、この機会を南北融和に利用できるか?」といったことばかりです。
今回予定されていた、アジア歴訪も対中戦略に基づくものであるのにも関わらず、ポンペオ長官の訪韓を対北政策の架け橋に利用することばかりで、米韓の様々な問題改善や、米国の提案は軽視するような発言を繰り返してきました。
在韓米軍や米韓軍事同盟など、北の上層部を刺激するような外交上の動きは米国に反発し、一方では脱北者を冷遇したり、韓国人男性が犠牲になった事件でも北の肩を持つなど、今の文政権によって南北統一がなされたとして、まともな統一が行われるのか疑わしい状況で、世界から白い目で見られています。
中国に対しても同様で、経済的な依存関係があることも大きいですが、文政権は常に中国へ、北との融和の仲介役を期待していました。
習近平国家主席は「中朝は血で結ばれた友好関係だ」と語るなどいわば中国にとって北は属国に近い関係です。
そこに最近になって、米国や日本と軍事同盟や経済的連携をもつ韓国が急接近してきたことに、中国は不信感を感じているのです。
北もまた、文政権には不信感を抱いています。
文政権は南北統一により、両国にとって経済発展が見込めることなどをうたっていますが、韓国がベースとなる社会に北が参加するような構造は、金一族にとって面白くありません。
自由で開かれた北を実現するのであれば、彼らの権力は間違いなく弱体化します。
米国や中国からも冷遇されている韓国と統一したところで、国際社会で良いポジションをとれるのかというと難しいでしょう。
それを察した文政権は、金正恩氏に媚びるように脱北者を冷遇したり、北の上層部のいいなりになるような行動を続けていますが、そうなれば国際社会はますます文政権の南北統一に非協力的になっていきます。
南北統一というイデオロギーに取り憑かれた国民の評価だけでなく世界からも離れていく事となった文政権、文大統領が夢から醒める日はくるのでしょうか?

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

文政権の外交は酷い、韓国の利益は0

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…「このような状況にした責任は誰にあるのか?」「本当にこれはない、損しかしていない」「極力米国とは距離を取っているが、中国や北韓と仲が良いわけでもないよね」このように、韓国国内では結果的にどこの国からも遠ざかっていく文政権のずさんな外交に不安を訴えるコメントが溢れています。
ここまで何もかもうまくいかないとなると、文大統領のコミュニケーション能力に問題があるように思えてなりません。
せっかく中国に配慮して米国や日本とは一線を引いてきたのにも関わらず、その中国からも評価されていないとなると、韓国は大国の後ろ盾を完全に失ったことになり、今後、対北政策においても、韓国はますます立場が弱くなって行くことが予想されます。
金正恩氏とトランプ大統領の関係は悪くないですし、中国という強力な国が後ろについている北と、日米からは見放され、中国からも軽視されている韓国であれば、北の横暴な態度は加速して行くことは避けられないでしょう。

報道 探
報道 探

誰も望んでいない南北統一のために、文政権はわずか数年間で、取り返しがつかないほど色々なもの失っていますね…

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました