韓国政府はガッツリ日本依存!政府が脱日本を諦めた事実に、韓国国民「愛国心が無い!」と激怒【世界情勢】

韓国政府はガッツリ日本依存!政府が脱日本を諦めた事実に、韓国国民「愛国心が無い!」と激怒【世界情勢】
韓国で依然として続く脱日本運動ですが、その恣意性と無意味さは度々指摘されてきました。 今回、反日運動を先導していた政府が平然と日本製品を使っていることがわかり 国民の間ではふざけるなと非難の声が上がっているようです。 ■チャプター 00:00 オープニング 00:54 聯合ニュースより 政府、5年間で日本の戦犯企...

『韓国政府はガッツリ日本依存!「愛国心が無い!」と国民激怒』

韓国で依然として続く脱日本運動ですが、その恣意性と無意味さは度々指摘されてきました。
今回、反日運動を先導していた政府が平然と日本製品を使っていることがわかり国民の間ではふざけるなと非難の声が上がっているようです。

政府、5年間で日本の戦犯企業の製品287億ウォン分購入へ不買運動無色


日本製品の不買運動にも関わらず、政府の戦犯企業製品の購入が増えていることが分かった。
国会企画財政委員会所属のチョン・ソンホ民主党議員が7日、調達庁から提出された「年度別戦犯企業外資契約現況資料」を分析した結果、この5年間で計287億ウォン(約26億円)相当の日本戦犯企業物品を韓国政府に納品していたことが確認された。
2015年から今年8月までに政府が購入した日本製品は2372億ウォン(約213億円)に達した。
全ての外資系での日本製品のシェアは昨年5%だったが、今年は13%に上昇した。
昨年、日本政府の輸出規制に対応して起きた日本製不買運動の効果が色あせたのだ。
2015年以降、日立・富士・三菱・大阪など日本の戦犯企業8社の製品を購入した実績は141件、287億ウォンに達した。

年度別では2015年21億ウォン、2016年27億ウォン、2017年47億ウォン、2018年84億ウォンへ急増したが、昨年は不買運動の影響の中で51億ウォンへ下落した。
しかし、今年は8月までで57億ウォンと既に昨年の年間購入額を超えている。
過去3年間(2017~2019年)の契約金額が大きい日本製品は、質量分析器14%、電子顕微鏡12%、大気汚染測定器10%、レーダー探知機7%の順だ。
素材・部品・装備関連対策が推進されたが、依然として日本への依存度を脱していないという指摘だ。
チョン議員は「過去数回の指摘があるにも関わらず、政府の戦犯企業製品の購買が増えるのは問題だ」とし「官民が力を合わせて素材・部品・装備の国産化を加速する必要がある」と述べた。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

といったように、反日を呼びかけてきた韓国政府の日本依存の実態に、韓国国民からはもちろんですが非難の声があがっています。
韓国国内では、日本よりも嫌悪する先が溢れ出ててきており、その結果、徐々に反日不買運動は下火になりはじめてはいますがそれでも文政権をはじめとした強固な反日を促す勢力は未だに根強く存在しています。
しかし、国民の間では、北や中国にはされるがままのくせに、なぜ日本に対しては、利便性や実利を捨ててまで対抗しようとするのか?というように、不便を強要してくる流れに不満が高まっているようです。
そんな中で、今回のこうした政府の隠れた日本依存は、自分たちだけ我慢を強いられていたとなって不満が爆発しているわけです。
文政権がこれまでの反日を方向転換するのであれば堂々と日本製品を使い、それを呼びかけることで日本との関係改善をアピールするべきですし、反日を貫くのであれば、呼びかけた張本人が徹底してやるべきであるのにも関わらず日本からの反感を買ったままで結果的に日本には利益を与えているという韓国人の思い描く「愛国心」も、日本との交流によって得られる実利もどちらも得られない結果に、右派・左派どちらからも批判が巻き起こっているわけです。
ですが、文政権のこうしたダブルスタンダード的な振る舞いは、国民に向けてだけではなく、米国や中国、北に対しても行われてきたことであり、それにより現在、韓国はどこの国からも信頼されず、軽視され、世界で「コリアパッシング」が相次いで起きています。
そもそも、脱日本運動そのものが、恣意的で無意味なものであることは多くの政治家がレクサスを使っていたり、反日不買運動を呼びかける印刷物が日本の印刷機器で作られていたりという様々な矛盾点から指摘されてきました。
半導体関連も、一般人にはわかりにくい専門用語などで有耶無耶になっているだけで、実質的な脱日本は程遠いとも言われており、日本に対抗して何もかも韓国国内で生産しようというスタンス自体がコストパフォーマンスも悪く、韓国にとってなんのプラスにもならないと言われています。
それでもなお、市役所などでは国民に民間レベルでの不買運動を呼びかけているようで、先月末には韓国のインターネット掲示板に「日本不買運動レジェンド」と題したスレッドが立ち大きな話題となりました。
そのスレッド内では、ソウル近郊の市役所での脱日本運動が紹介されており、日本製の筆記用具回収箱に一列に並んだ公務員が、次々に使用していた日本製の筆記用具を回収箱に入れていく写真が紹介されていました。
回収された筆記用具は日本が輸出管理措置を撤回した後に社会福祉法人などに寄付されるとのことで、これを見た他のネットユーザーからは「日本が謝罪するまで反日と不買運動は続ける」と、意気込む声が上がるなど、根強い反日支持層の熱心さが伺えます。
ですが、本当に愛国心がある公務員であるならば、使い慣れた質のいい筆記用具を使い、仕事の効率をあげたほうが国のためだとは思いますが、こうした見せかけの「愛国脱日本運動」が国民にウケてしまうあたり、文政権のダブルスタンダード的振る舞いを許す一因となっているのは間違いありません。
国民の間で中国や北への反発心も高まり、これらの国々も韓国を露骨に軽視している状況の中で、この不毛な運動はいつまで続き、最終的にはどうなるのかが気になります。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

韓国政府情けない!
愛国心が無いと怒り

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…「自分たちは仕方がないと妥協するのか?」「愛国心のレベルが低すぎる!」「あれだけ扇動したんだからいい加減な不買をするな!鎖国政策を打ち出せ」このように、文政権のダブルスタンダード的な振る舞いを非難する声が殺到しています。
熱心に続けてきた人々にとっても納得がいかないのでしょうね。
また「無意味な行為と自分たちが証明している」というように、反日不買運動そのものに疑問を呈する声もあります。
国民の間でも、プレイステーションの新作に予約が殺到するなど、結局は脱日本からは程遠いのが現状ですが、パンデミックによる閉塞感や、経済の停滞、中国や北からの圧力など、行き場のない不満を反日にぶつけることによって、ストレスを発散しているという一面もあるようです。
今後、中国や北への嫌悪感はますます高まって行くことが予想されますが、韓国政府はどうやってもその二国を切り離すことはできないと思います。
そうなった場合、このストレスは「脱中国」や「反北運動」へと向くと思われます。
いずれ韓国は、真っ二つに割れてしまいそうですね。

報道 探
報道 探

このような矛盾を推し進める文政権、国民はいつまでついて行くつもりなのか?

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました