日米韓防衛相会議に韓国の姿なし!?韓国国防長官が苦しすぎる欠席理由に国民唖然…「中国と北の関係悪化は避けたいだけだ!」【世界情勢】

日米韓防衛相会議に韓国の姿なし!?韓国国防長官が苦しすぎる欠席理由に国民唖然…「中国と北の関係悪化は避けたいだけだ!」【世界情勢】
日米韓の軍事同盟を再確認するために行われる防衛相会議に韓国の姿はありませんでした… 中国と北への忖度から、米国に外されたという話も上がっていましたが、理由があったようです。 韓国国防長官から欠席理由が発表されましたが、その内容に韓国国内は唖然としています。 ■チャプター 00:00 オープニング 01:10 記事...

『日米韓防衛相会議に韓国の姿なし国防長官の欠席理由に国民唖然…』

日米韓の軍事同盟を再確認するために行われる防衛相会議に韓国の姿はありませんでした…中国と北への忖度から、米国に外されたという話も上がっていましたが、理由があったようです。
韓国国防長官から欠席理由が発表されましたが、その内容に韓国国内は唖然としています。

韓日米国防相会談から抜けた韓国国防長官の釈明「離任・就任式に出席できないから」

米国が韓日米国防相会議(8月29日グアム開催)の出席を求めたにも韓国だけが参加しなかったことをめぐり、軍はもちろん政界でも論議を呼んでいる。
チョン・ギョンドゥ国防部長官が「会議に行ってきたら自宅隔離が余儀なくされるため行かなかった」という窮屈な釈明をして論議が拡大している。
チョン長官は31日、中央日報との電話インタビューで「会議に行ったら自宅隔離が余儀なくされるし、退任で整理することも多いことから行かないことにした」と不参加の背景を説明した。
また「行ってきたら長官離任・就任式にも参加することができない」とした。
チョン長官は「青瓦台と調整の過程で行かないことにしたのではないか」という質問には「そうではない」と一線を画した。
また、「韓米国防相会談は今年(11月開催)SCM(韓米安保協議会)もあるから後任長官が上手くできるだろう」と話した。

だが、このような釈明は事実と違う。
外交官や公務員が海外出張に出る場合、事前に現地公館で書類を発給して疾病管理本部に提出すれば出国と帰国時PCR検査だけで隔離が免除される。
その後、スマートフォンにアプリをダウンロードして自己チェックする、いわゆる「能動監視」の形態で業務を遂行できる。
実際に、康京和外交部長官は9日から2泊3日の過程でドイツ出張を行ってきた後、隔離でない能動監視措置がとられた。
この日に開かれた国会外交統一委員会でもチョン長官の不参加問題は論議の的になった。
未来統合党のテ・ヨンホ議員は康京和長官に「北朝鮮問題を扱う席で当事者である韓国が抜けたというのはつじつまが合うのか」という趣旨で質問した。

これを受け、康長官は「韓米国防両側が時間調整に困難があったと承知している」と答えた。
同時に、「この会議に参加しなくてもさまざまなレベルで毎日疎通している」として「例年SCM会議を通じても北朝鮮問題はもちろん、両国の懸案について十分かつ緊密に協議すると期待している」と話した。
チョン長官と似たような趣旨で回答したわけだ。
だが、今回の韓日米国防相会議への不参加をめぐり、専門家の間では「米国大統領選挙を控えた北東アジアの激変期に国防首長が韓日米が調整する席に自ら抜けたのは納得し難い」という指摘が出ている。
韓米合同演習後に長官の人事発表は繰り下げられたが、米国が韓日米3カ国国防相会議を開こうという修正提案にチョン長官は新型肺炎と離任を言い訳に参加しなかったわけだ。
チョン長官の釈明と違って軍内外では「チョン長官が任期最後まで青瓦台の顔色をうかがったのではないか」と疑問を提起する見方もある。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

といったように、29日にグアムで行われた日米韓の国防長官会議に韓国が欠席したことを受けて、韓国国内でも批判が集まっています。
感染症を理由にしてはいるものの、代理の者の参加など、方法はいくらでもあったという指摘も相次ぐ中、文政権の外交姿勢のあり方が、大きく問われる事態となっています。
今回のグアムで会談では、パンデミックや水害、金正恩氏の体調不良問題などで不安定な動きを見せる北と、挑発行為を繰り返す中国についてが大きなテーマとなっていました。
北に関しては、「北の全ての大量破壊兵器と弾道ミサイルの廃棄に向け、国連安保理による制裁の完全な履行が重要」との点で日米の意見が一致しました。
しかしこの見解は、制裁の抜け穴を突いて、なし崩し的に北との経済的交流を再開させようとしている文政権の意向とは食い違うものとなります。
中国に対しては「地域を不安定化する中国の行為に反対する」として、牽制のメッセージを送るなど、中国の軍事行動に対して釘を刺すものとなりましたが、THAAD問題以降、中国に明らかに萎縮している文政権が、この日米の動きに怖気ついたのではないかと言われているのです。
また、米中対立で立ち位置の表明を迫られている最中で、中国のヨウ・ケツチ政治局委員を歓迎し、会談・会食をしたところ見ると、感染症を理由に不参加とするのは、いささか苦しい言い訳ではないでしょうか。
文政権は就任以降、北と中国の顔色をうかがってきましたが、この米中対立や、南北問題の泥沼化、韓国国内でも北と中国への嫌悪感が高まっている中で、このような判断を取るということは、レッドチームに大きく肩入れすることを、日米だけでなく、世界に宣言しているようにすら見受けられるのです。
先日、訪韓したヨウ・ケツチ委員は「米国の側に立つな」というメッセージを残すなど、特に韓国とアメリカとの関係性に目を光らせている中国ですが、それに対し、どこまでも言いなりになっている文政権の外交姿勢が露呈しています。
現在、アジア情勢は決して安心できる状況ではありません。
北は核の搭載が可能なSLBM、潜水艦発射弾道ミサイルの完成を目前に控えており、中国は日本の尖閣諸島へ接近するなど、東アジアの覇権を露骨に追求しています。
中国とロシアも日本海上空で合同訓練を行うなど、結束を高めています。
このような状況で、日米韓の国防長官会議を欠席するということは、これらの国々との衝突の際に、協力を仰げない可能性もでてくるわけです。
それでも日本とのGSOMIAは維持の方向性でいくなど、コウモリ外交を続ける文政権。
国際社会で決して立ち振る舞いのうまいとは言えない文大統領ですが、誰が見ても危ない橋を渡り続けるような外交を行う文政権に、韓国国民は気が気じゃないでしょうね…

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

・言い訳が苦しすぎる
・中国と北への忖度で確信
・もはや中国陣営

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…「韓中露国防長官会談だったら100%参加しただろう」「こんなのが国防部長官だとは…」「本当に息苦しくて哀れな政権だ」といったように、韓国国内では中国と北に対する嫌悪感が高まる中、露骨に日米を軽視し、中国と北を重視する文政権の外交姿勢に批判が殺到しています。
また、チョン長官が公開した欠席理由についても「中国と北の顔色を伺っただけ、もし言ってる欠席理由がホントなら更に問題だ」など、“個人の都合で欠席”という苦しい言い訳にも批判的な声が上がっています。
パンデミック以降、中国と北との迎合を嫌う韓国国民の間で、消極的な親日、親米の韓国人が、ゆっくり増え始めているようですが、韓国での好感度が低かった安倍政権の退陣もあいまって、この傾向はますます強まっていくことが予想されます。
現在、韓国国内でパンデミックの状況も深刻化していますが、文政権は感染症隠蔽疑惑のぬぐいきれない中国との交流を活発化させています。
不動産バブル問題においても、韓国人投資家には厳しい規制が課せられるのにも関わらず、中国人投資家は野放しになっているなど、中国への反発は高まっていくことが避けられない状況ですが、これはもう中国側に立ったといっても過言ではないですよね?

報道 探
報道 探

中国の要人の訪韓以降、文政権は本格的にレッドチーム入りへの態度を固めた感がありますね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました