韓国が安倍首相の辞任会見に不満爆発!会見で「日本が韓国を無視してる!」と、日韓関係を触れなかった事にキレる【世界情勢】

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

『安倍首相の辞任会見に不満爆発!日韓関係を触れなかった事にキレる』

安倍首相が辞任の意向を表明し、説明するため開いた会見に対して韓国がご立腹…
何に対して腹を立てているのかと思いきや、日韓関係について触れていないとの事らしいです…
少し前に“リスカ○○”と言われていましたが、こういう事を指しているんだなと思いました。

安倍首相の辞任会見の1時間で…韓日関係に言及も質問もなかった


独特の歴史修正主義を掲げ、韓日関係を荒波に追い込んだ日本の安倍晋三首相が、「持病」である潰瘍性大腸炎で7年8カ月にわたる長い政権を終わらせるという意思を表明した。
「史上最悪」と評価される韓日関係の未来にも影響が大きいと予想されるが、根本的な改善が実現するまでは相当な時間がかかりそうだ。
安倍首相は28日午後5時から1時間にわたって辞任記者会見を開いたが、韓日関係に対する特別な言及は残さなかった。
その代わり、小泉首相が解決できず「痛恨の極致」という表現を使った3大課題は、自らが生涯の課題だと繰り返し言及してきた、改憲と日本人拉致問題、ロシアとの平和条約締結(北方領土4島に対する日露領土問題の解決)だった。

彼は「世界の色んな国の指導者が以前とは違って、北朝鮮の金正恩国務委員長と会談する時、拉致問題を言及し始めた」、自分の成果を説明する過程で、文在寅大統領の名前を短く取り上げるに止まった。
日本の記者たちも、韓日関係について質問しなかった。
これは、安倍首相の突然の辞任や感染症危機への対応などで、韓国への政策的関心が相対的に下がったことを裏付ける。
今後、韓日関係に生じる変化は、誰が安倍首相の後を継いで次期首相の座につくかと密接に関係している。
しかし安倍首相は次期首相に関する敏感な質問には「私が言及する問題ではない」「党執行部にすべてを一任した」と述べるにとどまった。
NHKなど日本メディアは、安倍首相が「二階俊博幹事長に後任総裁選挙の方式と日程について一任した」とし「来月1日に開かれる党総務会で正式に決定を下す方向で調整される」と伝えた。
現在日本は自民党が衆院で圧倒的多数を占めており、自民党総裁が自動的に首相に就くことになる。

しかし現在、韓日葛藤の核心である強制動員被害者の賠償問題などに対する両国の立場が根本的に異なり、次期首相が妥協的な方向に政策転換するにはかなりの時間がかかるものと見られる。
日本政府は2018年10月、韓国最高裁判所の判決について、「明白な国際法違反であるため、韓国は早期に解決策を提示すべきだ」と繰り返し主張してきた。
安倍首相はこの日、「一人の議員として活動し続ける。
様々な政策課題の実現に向けて微力を尽くす」とし、首相辞任がまさに政界引退ではないことを明らかにした。
特に、「断腸の思い」という表現まで使った改憲については「残念ながら国民的世論が十分に高まっていないのは事実」とし、「1人の国会議員として(改憲実現のために)努力する」と述べた。
青瓦台はカン·ミンソク報道官声明を通じて「安倍首相の早い快癒を祈る。
政府は新たに選出される日本首相と新内閣とも韓日間の友好·協力関係増進に向けて引き続き協力していく」という原論的な立場を明らかにした。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

安倍首相が辞任する事について、韓国でも非常に関心が高いとお伝えしましたが、ここ最近の日韓関係を反映したような意見が次々と出てきています。
この記事では「独特の歴史修正主義」で日韓関係を悪化させたと安倍首相を酷評していますが、他メディアの報道も概ね同じ様な論調のようです。
朝鮮日報は「総理が在籍する間、日本はより右傾化した」、「日帝の侵略戦争を正当化しながら総理の職を遂行した」と評しました。
ハンギョレは「安倍総理が嫌韓を政治的に悪用」と社説で非難しています。
東亜日報の「歴史修正主義的な姿を見せた」や、中央日報の「韓国をホワイト国から外す貿易報復に出た」等、他紙も同様に日韓関係悪化の責任を安倍首相に押し付けています。
諸悪の根源である安倍首相が辞任を表明したのだから、日韓関係は改善するのではないかと言うのが、あちらの記事の趣旨のようです。
韓国政府はWTO提訴やGSOMIA破棄発言などで、何とか日本政府の譲歩を引き出そうと躍起になっていますが、何一つ有益な結果を引き出せていません。
そうした中で突然降ってわいた安倍首相の辞任表明に、韓国にとって都合の良い関係構築に、一筋の光明を見い出したのでしょうか。
しかし、そうした韓国政府の妄想が現実になる事はあり得ません。
日韓関係の悪化は応募工問題が始まりであり、その本質は日韓請求権協定に反した韓国政府の国際法違反にあるからです。
この事を歴史問題とすり替え、歴史修正主義者と安倍首相を非難する事で誤魔化していますが、首相が変わったからと言って問題が解決するわけではありません。
記事では「韓日関係に生じる変化は、誰が次期首相の座につくかと密接に関係している」と主張していますが、これは見当外れにも程があり、次の首相が誰であろうと、韓国の国際法違反が解消されない限り、この問題の解決はありえないのです。
また、記事では辞任会見で韓国に関してほとんど触れなかった事を取り上げ、不満を滲ませていますが、これも当然の対応でしょう。
日本は韓国の相手をしているほど暇ではないのです。
歴代最長政権が終わりを迎える中では、ある程度の混乱も当然予想されます。
対応しなければならない問題も多くありますから、足を引っ張るばかりの韓国よりも、そうした問題への対応が優先されるのは当たり前の事ではないでしょうか。
韓国は現在、経済の低迷や若者の雇用問題や高騰する不動産問題、外交問題だと、ニュージーランドのセクハラ問題など、国の内外を問わず山の様に問題を抱えています。
首相が変わったとか、日本が構ってくれないなどと言っているよりも、自分の国の問題に目を向けてはいかがでしょうか?

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

・日韓関係は変わらない
・元々、反日の土台はできている
・日韓の対立を煽るメディア

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…「日本は日韓関係を重要としないだろう」「日本人は韓国は眼中に無いんだ」「何故安倍首相が最後に韓国の話をするんだ?」といったように、荒れていると伝える韓国メディアに反して、韓国に関心がないのは当然と言う声が、予想以上に多く、少し意外な結果になっていました。
メディアが伝えている内容とはかなり違った印象を受けますが、結局は、日韓関係が改善されると考えている人も殆どいません。
メディアとしては国民が日本に対抗意識を持ってくれるように誘導しているのでしょうが、そんな事は今更といったようで「もともと韓国には反日が多い」という意見からも、今更新たな反日要素ではなびかないという姿勢も見て取れます。
ですが、韓国のマスコミが事あるごとに「反韓人士」「極右指導者」などと評していたので、もっと罵声が浴びせられるのかと思ったら、そんな事も無かったようです。
偏向報道が、国民にもばれてしまっているのでしょうか。
熱心に今回の件を報道するマスコミと対照的に、醒めた反応の韓国国民ですが、首相が変わっても日韓関係は何も変わらない事に気付いているのかも知れませんね。
「文在寅は安倍より、もっと惨めに退く」という言葉に国民の本音が反映されているのではないでしょうか。

報道 探
報道 探

日本から相手にされていない事でうろたえる韓国ですが、日本より自国に目を向けた方が良いのではないでしょうか?国民が冷たい眼で見ていますよ。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました