韓国がドイツに憤慨!「韓国は中国と日本の属国」との認識で博物館の設置面積が10分の1に…【世界情勢】

韓国がドイツに憤慨!「韓国は中国と日本の属国」との認識で博物館の設置面積が10分の1に…【世界情勢】
ドイツベルリンの有名博物館フンボルトフォーラムで、韓国館設置を巡り問題が起きています。 韓国館の面積が中国館と日本館の10分の1の大きさであることが分かったからです。 その背景に博物館側の誤った認識が有るという事で、韓国が憤慨しています。 ■チャプター 00:00 オープニング 01:02 国民日報より 「韓国は...

『韓国がドイツに憤慨!「韓国は中国と日本の属国」』

ドイツベルリンの有名博物館フンボルトフォーラムで、韓国館設置を巡り問題が起きています。
韓国館の面積が中国館と日本館の10分の1の大きさであることが分かったからです。
その背景に博物館側の誤った認識が有るという事で、韓国が憤慨しています。

「韓国は日中属国」… ドイツ代表博物館の不合理な歪み

ベルリンのある有名博物館が展示空間を計画し、韓国館の面積を中国と日本の10分の1の大きさにしたことが分かった。
こうした決定の根底には「朝鮮が16~19世紀に清の属国であり、1905年からは日本の植民地だったことから、古代文化が貧弱だ」
という歪曲された認識が根付いており、議論が予想される。
28日、文化芸術界によると、ドイツのフンボルトフォーラムは、年末から展示館を部分的に開く予定だ。
フンボルトフォーラムは再建中のプロイセン王宮に入る複合文化・芸術空間だが、博物館の機能も備えている。
帝国主義を象徴する空間であるここでは、過去の植民地主義に対する熾烈な反省を込めてアフリカ、米国、アジアなど非欧州圏国家の遺物を披露する。
問題は、韓国館として予定されている面積が、中国と日本の10分の1の大きさの60平方メートルに過ぎず、さらに中国館と日本館の間に小さく配置されるという点だ。
特に、中国館内の片方に据えられる位置は、韓国が中国の辺境文化に過ぎないという誤解を植えつける恐れがあると憂慮されている。

さらに、現在までに確保した中国と日本の展示品は数千点にのぼるが、韓国の遺物は予算の問題で160点に過ぎないと伝えられた。
相対的に不足している韓国の遺物数が小さな面積を割り当てられた理由の一つだが、そもそも韓国の古代文化を眺める博物館側の歪曲した認識が議論を招いたという指摘が出ている。
実際、現地のある韓国人芸術界関係者は「オンラインワークショップを参観した結果、韓国館展示担当キュレーターが『韓国は16世紀から1945年まで中国と日本の属国か植民地だったため古代遺物がない』という結論を下した。現代のインスタレーション美術を展示する予定」として困惑した。
中国と日本と異なり、韓国の古代遺物が貧弱で、展示する価値がないということだ。

さらに大きな問題は、このような計画が博物館側単独のものではないという点だ。
聯合ニュースによると、韓国館の設置をめぐる議論は2012年に始まり、2年後にはフンボルトフォーラムの主管団体である
プロイセン文化遺産財団・ベルリン国立博物館が国立中央博物館と覚書を締結し、本格化した。
韓国館の規模などについては2014~2016年の間に輪郭ができていたことが分かった。
さらに、中央部処と文化財機関の関係者が、ここ1~2年の間にフンボルトフォーラムを訪れた点を考慮すれば、博物館側の歪曲した認識や展示館関連の問題を知らないはずがないというのが文化芸術界の指摘だ。
フンボルトフォーラムは当初、今夏開館する予定だったが、新型感染症拡散の影響で工事・展示準備が遅延していると伝えられた。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

ドイツベルリンの有名博物館フンボルトフォーラム韓国館設置を巡る経緯の前に、そもそも、フンボルトフォーラムとは何なのかについて考えます。
2013年に再建が始まった「ベルリン王宮」を民族学博物館やアジア美術館、ベルリン市博物館などが入る複合施設として再生するのが今回の試みで、ベルリンに新名所フンボルトフォーラムとして9月にスタートする予定でした。
ただ、新型感染症の影響で工事と展示準備が遅れ今年末に部分的に開館することになっています。
もともと、ベルリンの中心にある「ベルリン王宮」は18世紀に建造されたバロック様式の宮殿で、第二次世界大戦で被弾したのち旧東ドイツ政府により爆破されました。
つまり、フンボルトフォーラムには旧ドイツの帝国主義の象徴だった「ベルリン王宮」を、全ての人の対話のための場所としてベルリンの歴史を振り返りつつ、未来を見据え希望のある場所になることを期待するコンセプトが込められています。
このようなフンボルトフォーラムの象徴性を考えると、「韓国が中国と日本の属国だった」との認識は問題だとしているようですが、歴史的な事実ですから仕方のないことと思います。
また、韓国館担当キュレーターが「韓国の古代遺物がない」と考えている事も許せないようです。
ただ、もっと大きな問題として指摘しなければならないことは計画が博物館側単独のものではなく、韓国側の中央部処と文化財機関の関係者が計画に関与していた可能性があることです。
韓国館の設置をめぐる議論は2012年に始まり2014~2016年の間に輪郭ができていたと見られますが、韓国の中央部処と文化財機関の関係者がこの1~2年の間にフンボルトフォーラムを訪れ、
博物館側の歪曲した認識や展示館関連の問題を知っていたと考えられるからです。
自己主張やロビー活動が得意な筈の韓国がどうしてこの様なプロジェクトを放置したのか疑問です。
昨今、政治・経済・外交などの何事においても「後出しじゃんけん」型の対応が目立つ韓国ですが、フンボルトフォーラム韓国館が中国館と日本館の1/10の面積であることが分かってから騒いでも、日本と同様に計画的に物事を進める傾向の強いドイツでは手続の手順を大事にしますから、後の祭りに過ぎません。
韓国の様な「後出しじゃんけん」型の対応で修正を求めても認められない筈です。
また、フンボルトフォーラムの基本コンセプトは全ての人の対話のための場所として、未来を見据え希望のある場所になることです。
韓国の様に過去の歴史に拘り続けるだけでは未来を見据え希望のある場所を作ることはできません。
それでは、この記事に対する反響をポッチー君に教えてもらいましょう。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

・以外にも怒りの声は少ない
・韓国の文化財の弱さを認識
・属国であったことも認識

ポッチ―
ポッチ―

アシスタントのポッチーです!それでは、この記事に対する反響なのですが…
「韓国の文化財は日中に比べレベルが低い」と、以外にも事実を受け入れる声も多いです。
韓国政府としては憤慨しているが、あちらの国民は仕方ないという意見が多いのに驚きです。
もちろん「ドイツが文大統領を陥れようとして韓国をけなしている」というように、ドイツの認識を歴史歪曲だと捉えている怒りの声も見られますが、「最近まで日中のパシリとして苦しんできた…」というような認識が多いようです。

【これに対する私の見解】

報道 探
報道 探

ポッチー君ありがとうございました。
ドイツ博物館の日中韓の関係に対しての認識にもっと騒いでいるのかと思いきや、意外な反応で少し面喰いましたが、「文化外交部のアピールが足りない」や、「ベルリンの在ドイツ韓国大使館は何をしている」といったように、政府が韓国の魅力をきちんと伝える努力をしていないせいだという声も見られます。
確かに、韓国の中央部処と文化財機関の関係者が2014~2016年の間に、フンボルトフォーラムを訪れていた訳ですから検討する時間は十分あった筈です。
その意味からも韓国政府の対応が批判されても仕方ありません。
しかし、一番意外だったのは、韓国の文化財が貧弱で数が少なく、展示する価値がないと思われるのも仕方ないという声が多かったことですね。
日本の仏像を盗難してまで持ち帰えり、自国の物だと主張していた韓国が、このような認識という事は、やはり、あの仏像の件も憧れから手を出したのでしょうか?
何にせよ、一つ一つの過去の事実を真摯に認め対応する姿勢が韓国政府に求められます。

報道 探
報道 探

この件で韓国の言いたいことは分かりますが、歴史的な事実として認める姿勢が、何より韓国政府に求められる外交姿勢と言えます。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました