キムチ論争から見る中国の韓国経済浸食!文政権がこの状況を招いたとしか見えないとの国民の声【世界情勢】

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

『キムチで見る中国の韓国経済浸食文政権がこの状況を招いた?』

親中派の急先鋒である韓国が、キムチの起原を巡って争いを繰り広げていましたが、中国とのやり取りの影響は、貿易額という数字で韓国経済に打撃を与えています。
親中派の反面教師になろうとしている韓国のキムチの未来は、実は文政権の失策が影響しているとは…

体面傷ついたキムチ宗主国…キムチ貿易収支、11年続く赤字


キムチが自国の食べ物という主張が中国から出て論争する中、韓国は昨年、過去最多のキムチを輸出した。
しかし、キムチ貿易では11年連続の赤字から抜け出せずにいる。
輸入量があまりにも多いためだ。
健康関連食品の世界的関心が高まった今年、韓国はキムチ宗主国としての自尊心を守ることができるだろうか。
11日、韓国関税庁によると、昨年のキムチ輸出額は1億4451万ドル(約151億5000万円)で、1年前より37.6%急増した。
2012年(1億661万ドル)の最高記録を8年ぶりに塗り替えた。
5年前の2015年(7354万ドル)と比較すると2倍に近い規模だ。
キムチの人気は高まっているが、韓国はキムチで稼ぐお金は依然マイナスだ。
昨年、韓国が輸入したキムチは前年比16.4%増の1億5243万ドル分だ。
輸出より輸入が多く、貿易収支は791万ドルの赤字を記録した。
赤字の最大の理由は、安価な中国産キムチの物量攻勢だ。
概して、零細食堂や団体給食所でコスト削減を理由に中国産キムチを買い入れた。
昨年、中国からのキムチ輸入額は1億5242万ドルだ。
全体の99.9%を占めている。

逆に、中国へのキムチ輸出は30万ドルに過ぎなかった。
『中国産キムチ、韓国産の3分の1の価格』キムチの貿易収支が最初から赤字を記録したわけではない。
2000年には7864万5000ドルの黒字を記録した。
しかしその後、中国産キムチが本格的に韓国に入ってきたことから黒字規模は徐々に減少し、ついに2006年に赤字に転じた。
その後、中国でメラニン粉ミルク騒動のような食品の安全性問題が浮き彫りになり、2009年にキムチの輸入が一時的に急減し、貿易収支が一時黒字を記録した。
しかし、翌年再びマイナスに転じた。
流通業界では、キムチの輸入が増え続けると見ている。
人件費・家賃の負担のため「安いキムチ」を求める零細飲食店が多い。
中国でも韓国市場をターゲットに山東省を中心にキムチメーカーが競争を繰り広げている。

【これに対する私の見解】

レッサーパンダ
ポッチ―


それでは 記事を読んだ僕の感想ですが親中派の動きを見せる韓国ですが、中国からの「食文化」への攻撃に苦しんでします。
どちらの国がキムチの祖先かというキムチ論争については動画でも触れましたが、果たしていつまで続くのか…はずかしい争いであることに両国は気づいていません。
今回はそのキムチ起原議論は隅に置いておき、この争いが韓国経済に与えている影響について見てみます。
貿易額の観点で見ると世界的に出荷量が増えている「キムチ」ですが、韓国はそれにも関わらず稼げないという事実についてです。
韓国でキムチ貿易が「赤字」であるということですが、必ずしも貿易赤字が悪いことでは無いのですが、今回の貿易赤字は問題があります。
単純に、韓国産キムチよりも価格の安い、中国産キムチに負けている構図だからです。
尚、貿易赤字でも悪くない状態とはどういう状態かというと、自国内の内需拡大により、自国の供給力不足により輸入する場合は、自国経済が成長している結果での「貿易赤字」になりますので、これは良いことになります。


中国産キムチの価格についてですが、韓国産キムチとの価格差は3倍以上になるそうです。
一定の品質を満たしている中国産のキムチを、韓国の飲食店などはこぞって採用しているようです。
2009年に発生した中国での食品安全性問題の際は、流石に中国産キムチを敬遠しましたが、時が経てばどこ吹く風で中国産の大量輸入が続いています。
しかしこの事態は、文政権の失策から生まれたことでもあるのです。
そのキーワードは「最低賃金」です。
韓国の実体経済の成長とは無関係に、無尽蔵に上げ続けた最低賃金はまず、雇用問題に発展し「失業率の上昇」「良質な雇用の蒸発」という結果からすると悪意すら感じる政策がこのキムチにも影響しています。
キムチを作る工場も、急激な人件費高騰により価格へ転嫁しなければならず、キムチの値段上昇に繋がり、人件費の安い中国北東部の地域は、それに目をつけてキムチ輸出へ舵をきったのです。
さらに、韓国飲食店の人件費も高騰しており、経費節減を考えれば同品質の中国産キムチへの転換が一気に進んだのです。


もちろんキムチだけの話ではありませんが、経済政策の失敗による自国特産品の委縮という絵にかいたような負の連鎖を把握するには分かりやすい事例ですね。
文大統領は自分自身で韓国キムチの国内競争力を削ぎ落としたのです。
こういた状況で、韓国国内のキムチ競争では完全に白旗状態なので、輸出に特化して改善するしか無くなったのです。
その結果、隣国である日本や米国、オーストラリアなどに頼らざる得なくなったのです。
日米豪は、食の安全には厳しい国ですから、品質に疑問がある中国産キムチと戦っても勝てると思ったのでしょう。
しかし、あんなに反日・反米を高らかに行っている韓国は、どんな顔で各国にキムチを輸出しているのでしょうか?結論は、自国の特産物であるキムチですらまともに貿易が出来ないのに、G7入りを目論むなどの「大国」への憧れている愚かな国なのです。

■この記事に対する反響

ポッチ―
ポッチ―

それでは、この記事に対する反響なのですが…「サード報復の時、キムチ不買運動をした国がキムチで儲けているのか」「中国人にキムチ文化も愚弄されているのに、売り上げでも押されているとか…」「文災害は何をしているんだ?自国の誇りすら中国に売り払ったのか?」というように、中国に対してはもちろん、この事態を招いた文政権に対しても怒りのコメントが多いです。
ここ最近中国と歴史問題で色々揉めていますが、文政権は茶を濁し続けていますからね。
確かにこの事例を見ていると、文政権が主導して韓国国内で中国が儲けれる仕組みを作ってしまっているようにしか見えませんね。

ポッチ―
ポッチ―

キムチ論争事態は、どっちもどっちなのですが貿易の観点でみれば、完全に韓国の負けですね。
政府はこれにどう対応するのでしょうか?

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

#世界経済#韓国経済【教えて経済HP】ニュース
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました